受験で“間違った英語教育”を受けてしまったのであれば…

もし、あなたが受験で英語が嫌いになってしまったとしたら、
それは“間違った英語教育”によって、偏った価値観を植えつけられているからです。

今から話すことは、冗談ではなく、
⽇本の語学教育に警笛を鳴らす、⾮常に重要なお話です。

そして、もしこれから「語学⼒を⾼めていきたい!」と本気で望むのであれば、
単に、英語の読み書きができるようになる、喋れるようになるというだけではなく、
全ての⾔語に通じる「語学の本質」を体得して、
語学を通じて脳をアップデートし、今後の学習法、ライフスタイル、
⼈⽣観を変える⽅法をお伝えします。

そして、

英語を学ぶ上で、もっとも⼤事なことは何か?

ということを、今からお伝えします。

少しでもあなたの⼈⽣を変えるきっかけになればなと
思いを込めてお伝えしていきますので、
どうぞ最後まで、お付き合い頂けましたら幸いです。

作り変えられた日本教育

まず最初にお伝えしておきたいのが、
世の中で扱われている現在の学校教育というものは、
アメリカによって意図的に作り変えられたものだということです。

もっと誤解を恐れずに⾔えば、
「洗脳教育」なのです。

もちろん、教師に「洗脳しよう!」という意思は無いかもしれませんが、
教育の仕組み⾃体が、洗脳されるよう恣意的に作られているものなのです。

なので、学校教育を受けることで、
⼈⽣が狂わされるほどの洗脳を受けてしまいます。

そんなバカな!と思われるかもしれませんが、
これは少し歴史を学べば分かることです。

⽇本は、戦後、GHQ(マッカーサーを中⼼とするアメリカの組織)によって、
教育を⼤きく作りかえられました。

そのコンセプトは、
「WGIP(War Guilt Information Program)」
と呼ばれています。

これは要するに、
「⽇本⼈に、戦争による罪悪感を植えつけて、精神性を下げ、
アメリカに従順になるように教育するプログラム」
のことです。

⽇本⼈はもともと、⾮常に精神性の⾼い⺠族でした。

それを脅威に感じたアメリカは、⽇本を占領するために、
なんとかして⽇本⼈の精神性を下げる政策を考えたのです。

そこで⼤きく作り変えたのが「教育」です。

失われたアイデンティティ

例えば、⽇本⼈のほとんどは、歴代の天皇の名前を知りません。

また、古事記を学校できちんと学びません。

アメリカ⼈であれば、歴代の⼤統領の名前は⼦供でも知っています。

なのに⽇本⼈は、⾃分の国の天皇はおろか、
⽇本がどうやってできたのか?を知らないのです。

これは、戦後、⽇本の教科書から、
天皇の名前や、⽇本の神話を全て削除して、
⽇本⼈が⾃分のルーツを分からないようにした
のです。

⽇本⼈は、⾃分たちが何者なのか、
世界においてどのような存在なのかを知りません。

すると、⾃分たちの軸を失ってしまい、
拠り所を探そうとします。

その時に、
「アメリカは⽇本⼈を助けてくれている!」
という印象を与えることで、
⽇本⼈は、アメリカに依存するようになり、
アメリカの⾔いなりとなってしまうのです。

そして、その際たるものが、「語学教育」なのです。

語学のダークサイド

今、このページを⾒られているということは、

「これから英語を喋れるようになりたい」
「海外で活動を⾏っていきたい」
「英語を使って仕事をしたい」
「グローバル化に対応できる⼈間になりたい」

など、何かしらの形で
英語⼒を⾼めたいと思われていることでしょう。

ですが、その前にまず、
「そもそもなんで英語を学ぶのか・・・?」
ということを、再確認していただきたいのです。

どうしてこんな話をするのか?と⾔うと、
「これが英語を学ぶ上で、最優先に考えるべきこと」
だからです。

実は、世の中で「英語を学びたい!」と⾔う多くの⼈は、
英語を学ぶ⽬的が、

「何かしらの劣等感を埋めるため」

になってしまっているのです。

そして、こう思ってしまっている限り、
英語を学べば学ぶほど、その⼈の⼈⽣の選択肢を狭めてしまい、
むしろ害となってしまうのです。

そして、これこそが、アメリカによる洗脳教育の結果なのです。

⽩⼈コンプレックス

⽇本⼈は、なぜか⽩⼈にコンプレックスを抱いていしまっています。

⽇本でアメリカ⼈が「アリガトウ」とカタコトで話してくれるだけで、
「この⼈は⽇本⼈のためにわざわざ⽇本語で喋ってくれて、
なんて優しい⼈なんだ!!」
と好感を持ってしまいます。

逆に、⽇本⼈が、アメリカに⾏って、カタコトで英語を喋ったら、
「この⼈は英語がまだ⼗分ではない。もっと勉強すべきだ」
と思われます。

この違いは⼀体何なのでしょう?

明らかに、

⽇本語 < 英語

という優劣の関係が、出来上がっているのです。

確かに、英語は世界共通⾔語なので、
世界基準で⾒たら、英語の⽅が使われているし、
英語を喋れるようになった⽅が良いのは⼀理あります。

しかし、それと「⾔語としての優劣」は別の話です。

本来、⾔語に優劣なんてありません。

むしろ、あえて⾔うなら、
⽇本語というのは世界でも稀に⾒る素晴らしい⾔語なのです。

なのに、明らかに⽇本⼈は、
「英語を喋れる⼈よりも、英語を喋れない⼈の⽅が劣っている」
という価値観を持ってしまっています。

このように、私たち⽇本⼈は、無意識のうちに「⽩⼈=凄い」と
劣等感を抱いてしまうような教育を受けてしまっていて、
そんな価値観が植え付けられることで、

さらに英語に対する苦⼿意識は増し、
「⾃分たちは海外の⼈より劣っているから・・・」と、
英語が話せないことによる劣等感をより強く抱くようになってしまったのです。

永遠に抜け出せない無限ループ

この「⽇本⼈であることに対するコンプレックスを抱いた状態」で
英語を学ぶことがいかに危険なのか?ということを、
まずは認識して頂きたいのです。

なぜなら、この状態で、英語を学べば学ぶほど、
よりコンプレックスが増⼤するだけだからです。

英語をいくら学んでも、英語⼒は絶対にネイティブには勝てません。

「絶対」というと語弊がありますが、
通常、英語を10年学んだとしても、
アメリカの⼩学⽣にさえ劣っているのです。

もちろん、難しい単語などは⼩学⽣は知らないかもしれませんが、
⽇常会話において、どうしてもネイティブの⼈の⽅が
英語の感覚が⾃然と⾝についていて、そこは⽇本⼈が勝つのは難しいのです。

そうなった時に、コンプレックスを埋めるための勉強をしていると、
⽇本⼈が⻑年かけて英語を必死に学び続けた結果、ようやく⽩⼈様の⾜元まで来れる、
という図式となります。

つまり、いくら学んでも⼀⽣勝てない無限ループを彷徨い続けなければならないのです。

その結果、
「⽩⼈には勝てないけど、同じ劣った⽇本⼈と⽐べたら、⾃分は少しだけ上」
という、⼩さな世界で少しだけ優越感を得ようとする、
⾮常に器の⼩さい⼈間が育ってしまいます。

だから、
アメリカ vs ⽇本
みたいな⼩さな枠組みで考えるのではなく、
いきなり世界全体を⾒て、頂上から全てを⾒渡せるようになる語学学習法
を提案したいなと考えています。

それが、「超越⽂法」です。

真に使える語学学習

この超越⽂法では、
本当の意味で“使える”語学教育というものを⽬指しています。

この“使える”というものは、
単に英語を活⽤して実際に喋ったり、
英語でコミュニケーションできるということではありません。

もちろん、それも⼤事なのですが、
実際に英語が喋れるようになったからと⾔って、
この⽇本において英語を使う機会というのはどれぐらいあるでしょうか。

確かに今後、⻑い⽬で⾒れば、グローバル化が進み、
⽇本を訪れる外国⼈も増えていくでしょう。

⻑期的に⾒れば、確かに英語を使えるということ⾃体も
今後重要になってくるのかもしれません。

ですが、かと⾔って、
直近では、たまに海外に⾏った時に使う程度で、
英語⾃体を使う機会はそれほど無いでしょう。

また、今後、翻訳機も発達して、
簡単な⽇常会話程度なら、別に機械で賄えてしまいます。

そう考えた時に、
「簡単な英語を喋れる」
ということ⾃体を⽬的にすべきではないし、ましてや、
そこに少しでも「コンプレックスを埋めたい」という動機を
持つべきではありません。

では、ここで⾔う“使える”とはどういうことなのか?
それは、英語を学ぶことで脳がアップグレードされ、
英語を喋る時以外の⽇常⽣活でも役に⽴つということなのです。

全てを和する語学

超越⽂法で⽬指しているものは、
語学を学べば学ぶほど、より⽇本⼈であることに誇りを持ち、
より⽇本のことを好きになるような語学教育
です。

なぜ、多くの学校教育で⾏われている語学教育は
学べば学ぶほど、⽇本⼈であることへの劣等感を感じてしまうのか?

その理由は、⾔語回路の作り⽅に問題があるのです。

現在、⽇本で⾏われている学校教育は、簡単に⾔えば、
⽇本語の回路とは別に英語の回路を作ろうとするものです。

実際、それを⾏うことで、
「英語回路を持っている⼈のほうが優れており、
持っていない⽇本⼈のほうが優れていないという価値観」

が⾃然と植え付けられてしまうのです。

さらに⾔えば、これは実は、⾮常に効率の悪い学習⽅法です。

語学学習には、「臨界期仮説」というものがあり、
第⼆⾔語を習得するには、本来9歳までに学ばないと
その⾔語を習得できない「脳の限界」があると⾔われているのです。

つまり、幼少期に語学を学んだ純粋なバイリンガルではなく、
後天的に語学を⾝に付けようとした場合、
⽇本語の回路とは別に新しい回路を作ろうとするのは⾮常に困難なのです。

そのため、⽇本⼈がもし英語を学ぼうとする場合は、
⽇本語の回路の中に英語の回路を組み込むということを
しなければならないのです。

この世で最も美しい⾔語

現在、世界には約6900もの⾔語に溢れていると⾔われています。

そして、実はこの世に存在する⾔語の中で、
最も美しい⾔語は⽇本語であると私たちは考えています。

ここで⾔う“美しい”とは、
より多くのものを包摂しており、より多くのものを
表現することの出来る⾔語のことを⾔います。

数ある⾔語の中でも、
⽇本語ほど物事を美しく表現することの出来る⾔語はありません。

和歌のような、あれほど少ない⽂字数で、
美しい世界を表現できてしまうのです。

そして、それを英語に翻訳したら、
美は消えてしまいます。

また、例えば、⽇本⼈は⾃然の⾳というのを全て「美しい」と感じるのですが、
海外の⼈はそれをノイズに感じる⽅もいらっしゃるのです。

どのような⾔語を使うのかによって、
インプットされる情報は変わり、
物事を感じる「感覚」も変わっていきます。

そして、⽇本語を話せる⼈というのは、
より⾃然に対する「美」というものを
感じることができるのです。

つまり、⽇本語というものは本来、⾮常に精神性の⾼い⾔語なのです。

それにも関わらず、⽇本語というものを貶めてまで、英語を学ぼうとする。

いわば、⾃分たちが元々持っている世界⼀美しい⾔語に⽬を背け、
それを劣ったものだと考え、必死に英語を学ぼうとするのは
⾮常に愚かで、勿体無いことなのです。

だから、そうではなく、⽇本語をベースにしながら、
そこに他の⾔語を加えていく。

そんな語学教育の形を広めていくべきだと私たちは考えています。

全ての⾔語を超越する

では、「超越⽂法」とはどういったものなのか?

この超越⽂法で講師を勤めているのが
カナダのラヴァル⼤学で⻑年教鞭をとり、
15カ国語を⾃由に操る国際⾔語学者として活躍している溝江達英先⽣です。

溝江先⽣は、カナダに15年以上住んでおり、
⼤学では、講義をフランス語で⾏い、
受け持つ授業は北⽶最多クラスの年間270コマ超の
超⼈気講師として活躍しています。

溝江先⽣は、様々な語学の「師」と出会い、
英語に限らず、多くの⾔語をマスターしたことによって、
あることが⾒えてきたといいます。

それが、
「全ての⾔語には共通した法則がある」
ということです。

そして、それというのは、
実は⾮常にシンプルで、単純なものなのです。

さらに、それは実は、
⽇本語を扱うときと同じような感覚を持っているのです。

つまり、
「全ての⾔語の共通する法則を探っていくと、
最終的に⽇本語に辿り着いた」

というのです。

そのため、わざわざ⽇本語とは別の回路を作って
ややこしいことをたくさん覚える必要はありません。

それよりも、“既に持っている最⾼に美しい⾔語体系”を使って、
最⼩限のことだけを覚え、それをコアにして語学を学んでいった⽅が
はるかに効率よく、かつ⾼いレベルで語学を習得することが可能になるのです。

つまり、超越⽂法とは、英語を学ぶことを通じて、
地球上に存在するあらゆる⾔語をマスターする基礎を
養うための語学教育なのです。

語学を通して⾒ている世界を変える

さらに、超越⽂法で⾏っていくのは、
単に様々な語学をマスターするだけではありません。

何かの分野で精通している⼈というのは、
他の分野においても、その感覚を活かすことができるのです。

例えば、野球のイチロー選⼿。

イチローの思想や哲学というのは、
経営者をはじめ、野球とは全く関係のない多くの⼈にとっても、
⾮常に学びが多いものとなっています。

では、なぜそうなるのか?というと、
イチローは野球を通じて、⾮常に⾼い感覚を⾝に付けているからなのです。

このように、何かの分野を究極的に突き詰めると、
その分野だけでなく、様々な分野において、
⾃分の⾝に付けた感覚を活かすことができるようになるのです。

「超越⽂法」という名前に込められた意味は、
単に「あらゆる⾔語を超越する普遍的な法則を伝える」
ということだけではありません。

それだけではなく、
例えば、ビジネスであったり、
ひいては⽇常⽣活であったり、
語学以外のことを勉強する際にも役⽴つような
分野の壁すらも“超越する”ものなのです。

だから、超越⽂法に通っている人の中には、
通訳を仕事にしている⽅であったり、
予備校で英語を教えている⼈気講師の⽅もいます。

また、すでにネイティブレベルで英語をマスターしている⼈もいれば、
英語初⼼者である主婦や学⽣の⽅まで、
本当に様々な⽅がいらっしゃるのです。

では、なぜそこまで様々な⽅がここで学んでいるのか?

というのも、現状の語学レベルというのは全く関係なく、
この超越⽂法を受けることで、普通の語学学習では得られない
語学感覚をインストールすることができ、
ひいては⾃分の表現⼒を⾼めることにも繋がるからなのです。

⼀つの⾔語を学ぶということは、
その⾔語を作っている思想や歴史的背景、哲学を学ぶということです。

それは例えば、英語を学ぶということは、
⽇本⼈が持っていない英語の感覚を⼿に⼊れる
ということを意味するのです。

実際、バイリンガルの⼈は、
「どの⾔語を話すのかによって性格が変わる」
とも⾔われています。

つまり、その⾔語を使うというのは、
新しい⼈格、新しい世界観を⼿に⼊れるということにも等しいのです。

そして、もちろん、超越⽂法で⼤事にしているのは
「あくまで⽇本語を全てのベースとすること」なので、
学べば学ぶほど分離するような語学学習ではありません。

むしろ、様々な⾔語を学ぶことで、⽇本⼈らしさが増し、
より⽇本⼈としての誇りを持って、精神性も⾼まるような、
そんな語学学習というのを⽬指しているのです。

そうすることで、表現⼒が⾼まり、
ビジネスの能⼒が上がったり、⼈間関係が改善されたりと、
様々なことに役⽴つ感覚をインストールしていくのです。

「覚える」ではなく「忘れない」⽂法

また、超越⽂法で学べる⽂法は、覚えるための⽂法ではなく、
「いかに忘れないか」
に特化して、計算されて作られています。

例えば、数学だと、公式を丸暗記して問題が解けたとしても、
その公式⾃体を忘れてしまったら全く解けなくなります。

しかし、その公式がそもそもどういったものなのか、
その概念をきちんと掴んでいて、いつでもその公式を導けるようにしておけば、
もう忘れることはありません。

それと同じで、超越⽂法は、
「何年経っても決して忘れない⽂法」
であり、かつ、
「英語の枠を超越した、あらゆる⾔語に通じる普遍的な法則」
をお伝えしていきます。

その法則を⽣み出す源泉、
もっと⾔えば「宇宙の普遍的法則」を知っているから、
忘れなくなるのです。

それだけではありません。

ロジックがきちんと分かっているので、もしあなたが今後、
例えば⾃分の⼦供に英語を教えなければいけない、となった時に、
超越⽂法で学んだことをそのまま教えたら、
すぐに⼦供の英語の成績は伸びていくでしょう。

「英語が話せる」のと「英語が教えられる」のは全く別です。

英語には⽂法があり、例えば、現在完了とか、仮定法とか、
様々なルールが存在します。

英語が喋れる⼈は、ルールを覚えているので、
当たり前のように使うことができますが、
「そもそも何故、そんなルールになっているのか?」
という部分はほとんど誰も知りません。

あるいは、
「なぜ、この単語は、こういう意味なのか?」
ということを説明できる⼈はほとんどいません。

超越⽂法で⽬指しているのは、
あらゆる⾔語に通じる⾔語直感を⾝に付ける事で、
それができたら、例えば「これは仮定法だから・・・」とか、
「この場合は現在完了だから・・・」とか、
いちいち考える必要が無くなります。

⽂法を細かく覚えていくというのは、
数学で⾔えば、解法を丸暗記しているようなものです。

そういう時期があっても良いのですが、
それだけだと、解法を忘れた瞬間に終わりです。

「覚えている時だけ使える知識」に意味はありません。

それは、パソコンに⼀時的にダウンロードしているだけの状態です。

つまり、そのダウンロードしたファイルが消えてしまったら、もうおしまいです。

じゃあ、どうすれば良いのか?というと、
ダウンロードではなく、インストールしてしまえば良いのです。

いったんインストールしてしまえば、
もう消えることはありません。

そして、パソコンのスペック⾃体が変わるのです。

超⾼速ダウンロードを⾏う超越記憶術

さらに、超越⽂法では、
「超越記憶術」という、脳科学に基づいた、
あらゆる情報を⾼速で記憶するメソッドをお伝えしていきます。

これを使えば、例えば、
「英単語を30分で100個覚える」
ということも可能です。

実際にこれは、その場で実践して、体感してもらいます。
(早い⼈は、10分で100個覚えることが可能です。)

英単語を覚える、となった時に、例えば、
institute, institute, institute,・・・
と何度もノートに⼤量に書いて覚えたって、
時間が経てばすぐに忘れてしまいます。

学校では、知識は教えられるけど、 その知識を覚える⽅法、その記憶を維持する⽅法が
教えられることはほとんどありません。

そもそも「脳を鍛える」「感覚を変える」という授業が存在しないし、
教員免許を取る過程でもそういったことを決して習わないからです。

記憶⼒を⾼めたければ、脳の仕組みを正しく理解する必要があります。

少しだけ解説すると、
「脳は、なるべく楽をしたい(エネルギーを使いたくない)と思っている」
という⼤前提から考えると、分かってきます。

つまり、
・できるだけ楽したい
・覚える必要の無いものはなるべく忘れたい

と思っているのです。

私たちがいくら⾃分の脳に「頼むから覚えてくれ」と説得しようが、
そういった構造になっているのでどうしようもありません。

ということは、その前提で⾊んなものを覚えていかないといけないのです。

多くの⼈が記憶が苦⼿だと思っているのは、
⾃分の脳と⼀⽣懸命戦っているからなのです。

「何で覚えられないんだ!!」
と⾃分の脳を責め、喧嘩して、仲が悪くなっていくのです。

脳と⼀⽣懸命戦うのではなく、いかに脳と仲良くなるか?
重要なのはそっちです。

それでは、具体的にどうすれば脳と仲良くなれるのか?というと、

「記憶に濃淡を付ける」

これが、超越記憶術の本質です。

頭の良い⼈というのは、情報の濃淡を付けるのが上⼿なのです。

逆に、脳の使い⽅が下⼿な⼈は、
全てを同じ濃度で覚えてしまおうとしてしまいます。

だから、頭に⼊って来ないのです。

その時の脳の気持ちは、まるで、仕事で上司に、
「これ全部今⽇中にやっといてね」
と⼤量に書類を渡された時のようです。

そんな時って、嫌な気分になって、なるべくサボろうと考えますよね?
脳だって⼀緒です。

いきなり⼤量の、しかも意味があるかも分からない情報を渡されても、
覚えようとはしてくれません。

脳は、なるべく楽をしたいと思っているわけですから、
仕事はしたくないのです。

じゃあ、どうすれば良いのか?というと、
ある程度の負荷を脳にかけつつも、同時に、覚えなくても良い部分を明確化する
ということをします。

まずは、会社で上司が次々と書類を渡してきた例のように、
「こんな⼤量の仕事やってられないよ・・・」
と脳に思わせます。

しかし、その直後に、
「でも、実はこれらの仕事って、こうすれば一気に⽚付けられるよ」
圧倒的に楽ができる⽅法を提⽰するのです。

すると脳は、
「全部やるのはシンドいけど、これくらいで済むなら、いっちょ働くか」
と稼働して、メモリを使い始めてくれるのです。

これが、超越記憶術の基本的な考え⽅です。

新しい情報を⾒た時に、
すばやく「覚えるべき情報、覚えなくて良い情報」を分け、
さらに重要度の濃淡を付けていくのです。

しかも、なるべく覚えるべき情報は最⼩限に留めます。

何かを記憶する、というのは、
脳内にニューロネットワークを作るということです。

ニューロネットワークは、⾔わば、電気回路です。

何かを記憶した状態というのは、
それに関連するニューロンにいつでも電気を流せる状態です。

ということは、覚えることはなるべく最⼩限にして、
そのニューロンから全てのニューロンに回路を繋いでおけば、
最初のニューロンにさえ電気を流せば、回路全体に電気を流すことができる、
というロジックです。

つまり、ニューロネットワークの整理整頓です。

すると、今まで全く頭に⼊らなかったことが、
スラスラと頭に⼊ってくるのです。

この基本原則に基づいて、
あらゆる情報を⾼速インストールしていく⼿法を解説していきます。

おそらく、聞いたことも無いような⼿法や、
なんとなく知っていたけど実践したことの無かった⼿法まで、
さまざまなメソッドを紹介して、その場で実践してもらいます。

脳の磁⼒を⾼める

超越⽂法は「コアを中⼼にして、知識をどんどんくっつける語学」なのです。

⾔わば、脳の磁⼒を⾼めるようなものです。

磁⽯を砂に近づけたら、砂鉄がどんどんくっついていくのと同様、
脳の磁⼒を⾼めていけば、必要な情報が勝⼿に引き寄せられて、
くっついていきます。

だから、まず最初に、「⾮常にスモールな超強⼒磁⽯」を作ります。

⼀度そのマグネットフィールドを構築してしまえば、
次々と新しい情報が脳内にくっつき、
それらの知識が掛け算されてシナジーが起こり、
ニューロネットワークが常にアップデートされていきます。

先ほどの、情報の濃淡を付けるスキルや、⾔語直感を⾼めていくと、
例えば、⽇本語で書かれた本を読むスピードもはやくなります。

本を読む際に重要なのは、先を予想しながら読む、ということと、
情報の濃淡を付けながら読む、ということです。

⾔語直感が磨かれていくと、
少し読んだら、すぐにロジックのパターンが分かるので、
先の展開がだいたい分かって来るようになります。

また、情報の濃淡を付ける癖を、超越⽂法を通してやっていれば、
⾃然と本を読むスピードは上がっていきます。

まるで、情報が磁⽯に引き寄せられるように、
どんどんくっついていくのです。

そうした類推能⼒が超越⽂法で学べるので、
インプットの質が劇的に変わって来ることが実感できます。

複利で増え続ける脳内資産

超越⽂法を学ぶということは、
⾔わば、頭の中に無形の資産を構築するようなものです。

⼟地も、⾞も、家も、
持っているだけで税⾦がかかってお⾦は減っていきます。

しかし、脳内資産を構築すれば、
それには決して税⾦がかかりません。

また、他⼈に奪われることはありません。

それどころか、この資産は複利で増え続けるのです。

なぜなら、⼀度脳内に作った磁⽯は、
次々と新しい情報を集めて、くっつけてくれるからです。

つまり、無くならないだけでなく、複利で増え続けるということです。

⼈⽣で成功する⼈は、無形のものに投資して、
脳内資産を構築できる⼈です。

有形の資産を作っても、
無くなっていくようにできているのです。

逆に、脳内で資産を構築したら、それを換⾦することも可能です。

圧倒的な情報収集⼒、分析⼒、発想⼒が磨かれていくので、
ビジネスセンスも磨かれていきます。

実際、超越⽂法には多くの経営者が集まっているのですが、
語学を学んでいたのに、ビジネスの売り上げが数倍に跳ね上がった、
という⽅もいます。

なので、超越⽂法は、語学⼒を⾼めるというだけでなく、
⼈⽣の質を⾼めるという意味でも、投資対象として
最⾼レベルのものであるとお約束します。

Message

そして今回、超越⽂法の講師をして頂く溝江先⽣より、
メッセージを頂きました。

こんにちは、溝江達英です。

超越⽂法では、【世界は⾔葉でできている】という原理原則のもと、
⾔葉なくしては語ることのできない⽂化・芸術・歴史・宗教・⽂学なども
横断的に効率よくかつ有機的に勉強していきます。

⾔語学習=フレーズ暗記という
無味乾燥な学校英語教育にありがちなアプローチではなく、
⾔語能⼒そのものの向上にフォーカスします。

そしてさらに、眠っていた内なる⾔語能⼒を呼び覚まし、【超越】させ、
⾮⾔語領域の才能開花へもはたらきかけていきます。

超越⽂法では、外国語学習はあくまで⾔語脳の最適化を促すきっかけに過ぎません。

英語がペラペラになりたい、ネイティブスピーカーと会話ができるようになりたいという
実⽤⾯での効能はもちろんのこと、⾮⾔語情報という名の潜在意識に織り込まれてしまった
外国語・外国⼈恐怖、コミュニケーションへのメンタルブロックさえも打ち砕いて参ります。

表層的なコミュニケーションの成⽴のみならず、
そのコミュニケーションを⽀える深層構造にリーチすることで、
建設的かつ中⾝のあるスムーズな⾔語活動を営むことができます。

こう⾔ってしまうとなにか⼩難しくハードルが⾼いような感覚を植え付けかねないのですが、
私、溝江が楽しく誰にでもわかるような⾔葉遣いで、本を何百冊も読んだに匹敵する
⾔語知識・⽂化教養をみなさんの脳に染み渡るようにインストール致します。
そして⼀度聞いたら忘れられない、脳にこびりつく講義をいたします。

超越⽂法スクールには専属のネイティブ・スピーカーのスタッフもおります。

あえてネイティブ・スピーカーの⾃然なスピードでの演習を挟み込むのは、
超越⽂法は机上の空論などではなく理論が実践に効果を以って繋げられることを
体感していただくためです。

アメリカから英語のネイティブ・スピーカーであるAnaを迎えて、
本場の発⾳・文構造を⾃分の語学脳にインストールするお⼿伝いをしていただきます。

⾔語学者がネイティブスピーカーの⽂創⽣原理を科学的に解き明かし、
同時に⽇本⼈が苦⼿とする難所を徹底的に洗い出し修正していきます。

語学学習を感覚という名で説明せずにごまかすのではなく、⾔語を科学的に分析し、
どなたでも⾝につくようなクリアーな説明を⼼がけます。

ネイティブ・スピーカーとともに共同運営し、語学のみならず⾮⾔語・⾔語能⼒の両⽅ともに
⾝に付けさせる学習プログラムは⽇本のどこを探してみても、この超越⽂法スクールのみで、
質・量ともに唯⼀無⼆の絶対的ハイクオリティーと⾃負しております。

ご興味のある⽅はやる気だけ持ってきていただければ
世界標準の最上級の知の冒険ができると確信しておりますので、
ぜひ⾃分の脳に⾰命を起こしに超越⽂法スクールの扉を叩いてみてください。

毎⽇届くメール講座

さらに、超越⽂法では、きちんとカリキュラムを組んで、
進⾏状況に合わせてメールを送っていきます。

そちらを毎⽇読んでいくだけで、
英語⼒が⾶躍するようになっています。

具体的には、まず、参加して頂くと、
以下のような会員サイトに⼊れるようになります。

ここで、1〜2週間おきに、
新しいセミナー動画や、補⾜⾳声が配信されます。
1つにつき、20分〜1時間程度で視聴できます。

それを使って、学んでいってもらいます。
(課題なども出ますので、⾃分のペースで、進めていって頂けたらと思います。)

また、それと同時に、約3ヶ⽉間にわたって、
1⽇1回、メルマガが届きます。
だいたい10分程度で読めます。

そして、このメール講座を担当するのが、新⽥祐⼠さんです。

新⽥祐⼠さんは、これまで、
ビジネス系、恋愛系、投資家、語学系、美容系、ネットショップ運営者、⼤学受験塾経営者、
医者、弁護⼠、セラピスト、ミュージシャン、整体師、プログラマー、アナウンサー、
漫画家、政治家、⼥優、占い師、ヒーラー、薬剤師、⼤学講師、⻭科医師、料理⼈など、
累計2万⼈以上の多種多様な業界のクライアントを持ち、
そのビジネスの相談に乗ってきました。

また、超越⽂法以外にも様々な講座、コミュニティを運営しており、

・「ストーリー」を教える講座に1ヶ⽉で3000⼈以上が参加
・セミナーに1000⼈以上を集客
・1回の企画で2億円の売り上げを達成

など、様々な実績も出されています。

そこで、今回の超越⽂法メール講座では、
新⽥祐⼠さんから、単に語学を「語学」として教えるのではなく、
経営者⽬線でそれを分析し、解説する講義を⾏っていただきます。

溝江先⽣のお伝えする「語学」が、
ビジネスはもちろん、⽇常⽣活の中でどう役⽴ち、
どう考えることができるのか。

そんな、特に経営者の⽅におすすめの内容を配信していきます。

また、よく、
「○○○という英語の教材を買ったら、
⼤量の⾳声やDVDが送られて来て、結局途中で挫折しました。」

という声を聞きますが、超越⽂法では、
ただコンテンツ(セミナーや⾳声)を⼤量に配って終わり、 といった無責任なやり⽅はとりません。


⼀⽅的にコンテンツを配るだけではなく、
全員から質問や要望を適宜もらいながら、状況に応じてコンテンツを作っていく、
という形のスクールとなっています。

さらに、メンバーサイトにて、
メール講座のバックナンバーが⾃動的に追加されていって、
クリックするとすぐにそれが開きます。

また、メールの中で、何度も参照メールを載せていくので、
繰り返し復習ができ、定着しやすい⼯夫をしています。

配信した全ての動画、⾳声、メルマガは、
メンバーサイトに⼊るといつでも確認できるので、
スキマ時間で勉強したり、移動中に⾳声を聞いたりなど、
さまざまなスタイルで学習ができるように⼯夫を凝らしています。

そして、ただ英語を学ぶだけでは⾯⽩くないので、
例えば、英語を通して記憶術、そして脳科学や⼼理学の話をしたり、
語学で得られる感覚が、ビジネスでどう活⽤されるか?といった話など、
多岐にわたって解説していきます。

「英語だけを学ぶ」
と思っていると、つまらない勉強になってしまったり、
途中で飽きてしまいがちですが、
英語だけじゃなく、⽇常でもすぐに使える考え⽅だったり、
ビジネスの話と繋がっていたりすると、
楽しく学び続けることができます。

ですので、超越⽂法で学習するだけで、
巷で売られているビジネス書、⾃⼰啓発書、⼼理学、脳科学の本を100冊読むより、
はるかにハイクオリティ&ハイボリュームの⾼い情報が学べることをお約束します。

さらに、スクールという名を付けた通り、
参加して、スクールが終了するまでには⾒違える成⻑をしてもらいます。

具体的には、
「普通の⼈が⼤学で1年間かけて真剣に勉強して得られる以上の成⻑」
を⽬指しています(⼈によっては4年分以上の成⻑になるでしょう)。

そもそも、⽇本の⼤学でまともに勉強している学⽣は少ない、とも⾔われていますが、
そういうのは論外で、きちんと⼤学で真剣に学んで、1年かけて得られる以上の成⻑です。

海外の⼤学で⻑年教鞭を執られている溝江先⽣を講師に招いた上で、
これを⾔っているわけですから、
その責任が重いことは⼗分理解した上で書いています。

また、当たり前ですが、ただ⼤量に⾳声や動画を配って、
「はい、これだけ⼤量の情報を渡したんだから、⼤学1年分くらいあるでしょ。」
といったことはしません。

そうではなく、きちんと消化できる前提でカリキュラムを組み、提供するつもりです。

しかも、丸⼀⽇使わないと消化できない、なんてものではなく、
基本的には1⽇に10〜20分(多い時でも1時間程度)なので、
誤解を恐れずに⾔えば、⽚⼿間でも全く問題ありません。

それでも、楽しく学んでいけるように⼯夫して作ってあります。

参加者のモチベーションが低いせいで成⻑できない場合も、
それは教え⽅に責任があります。

溝江先⽣のセミナーは、⾮常に楽しくて、
何時間聞いても全然飽きません。
なので、そこもご安⼼下さい。

ただし、超越⽂法では、
「実践的な英語⼒の向上」と「能⼒開発」の2つを重要視するので、
いわゆる東⼤や京⼤などの⼊試で出て来る「英⽂解釈」のような、
難解な⽂章を読み解いていく、といったことは⾏いません。

もちろん、⽂法や語彙⼒は⾶躍的に上がるし、
「語学を勉強する素養」は⼗分養えるので、
これから⾼度な英語を扱っていきたいという場合でも、
ぜひ最初に⾝につけてもらいたい内容です。

また、ドイツ語、フランス語、イタリア語など、
ヨーロッパ諸⾔語を学ぶためのベースを作ろうと思っていますし、
実際少し⼩出しにはしていきます。

もちろん、それぞれの⾔語をマスターしようと思ったら、
それぞれの⾔語にある程度の時間は割かないといけませんが、
⾔語感覚のベースがあるかどうかだけで、全く変わってきます。

スクールでお伝えする内容

超越⽂法で学ぶ内容は膨⼤過ぎて伝えきれないのですが、
⼀部だけ紹介すると、こういったことをお伝えしていく予定です。

  • あなたが今、頭の中に持っている⽇本語回路の仕組みをアップデートし、英語以外の⾔語をまるで⽅⾔を話すように対応できるようにする多⾔語回路構築メソッドとは
    超越⽂法では英語をメインに扱って講義を進めていきますが、徐々に様々な⾔語を⽤いて講義を進めていきます。多⾔語を扱うことは⼤変そうに思えますが、あなたが今持っている⽇本語回路の中に多⾔語回路を構築していきますので、⺟国語を扱う感覚で多⾔語を扱えるようになります。
  • 地球上にある約6900ほど存在する全ての⾔語が習得可能になる、15ヶ国語を話す⾔語学者から学ぶオールインワン⾔語習得術とは
    多くの⾔語スクールは、英語、フランス語、ドイツ語という⾔語をそれぞれ別のものと捉えがちです。それぞれの⾔語を別のものとして捉えてしまったら、英語は英語で、フランス語はフランス語で学ばなければならず、⾮常に⼤変なのです。そこで、超越⽂法では「⿂を与えるのではなく、⿂を釣る⽅法」を教えることを重視し、地球上にあるどの⾔語でも習得可能になる再現性のある⾔語学習法を伝授します。
  • ゲーム機がソフトを⼊れ替えると様々なゲームが遊べるのと同じ感覚で、単語を別の⾔語と⼊れ替えるだけで多⾔語が話せるようになる超越⽂法脳とは
    超越⽂法では様々な⾔語を⼀気に習得することをコンセプトにしていますが、それぞれの⾔語を別々に習得していくわけではありません。英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、中国語などを別々に習得しようものなら、何年、何⼗年とかかるでしょう。しかし、⾔語の構造を頭のなかにインストールすると、英語の構造にフランス語の単語を⼊れるだけで、勝⼿にフランス語ができるようになるという現象が起こります。⾔語の壁を超越して利⽤できる超越⽂法脳を3ヶ⽉であなたの頭の中に作ってみせます。
  • これさえできれば知らない単語がズラズラと並んでいるNewYork TimesやWall Street Journalといった海外新聞が⽇本の新聞と同じように読むことができる論理構造から英⽂を理解する⽅法とその訓練法とは
    多くの⼈は英⽂を読む際、「単語の意味がわからないから読めない」「全ての英単語を⽇本語に翻訳してから読まないといけない」というように、単語の壁を乗り越えなければ英⽂が理解できないと思っています。しかしそれは遠回りでしかなく、英語を読み取るには構⽂的アプローチした⽅が圧倒的に早く理解できるのです。その構⽂的アプローチや訓練法をお話ししてきます。
  • 英語を全て聞き取れなくても意味が理解でき、会話が成⽴するようになる、明⽇から実践可能な溝江先⽣流マグネットリスニングとは
    会話でポイントとなる核情報のみを引き寄せて、⼀字⼀句聞き取れなくとも意味が理解できるようになるリスニング法をネイティブの⾳声Lessonを⽤いて実際に体感してもらいます。難しいと思える「英語リスニング」は、実はマグネットリスニングを⽤いるだけで解決できてしまいます。溝江先⽣⾃⾝もマグネットリスニングを⽤いることによって、初めて聞く⾔語であっても30分でコミュニケーションを成⽴させています。
  • ⽇本⼈はネイティブのような発⾳ができない?そんな常識を覆えしてしまう、あるたった2つのアプローチで、あなたでも海外映画やドラマのセリフが再現できてしまう発⾳法とは
    ⽇本⼈がネイティブのような発⾳を⼿にいれるには、英会話スクールに通い、何度も発声練習をしなければいけないと思われがちです。けれど、ミクロ的アプローチやマクロ的アプローチといった理論を⽤いることで、ネイティブの発⾳が構造的に理解できるようになり、ネイティブ並みの発⾳の感覚を簡単に⼿にいれることができます。さらに、発⾳が理解できるようになることは、リスニング⼒アップにもつながり、相乗効果を⽣みます。あの憧れの海外俳優や⼥優が名シーンで発したセリフが3⽇以内にあなたの⼝から再現できるでしょう。
  • たった50個の動詞で海外旅⾏でネイティブと⼗分にコミュニケーション取ることができる。多⾔語学者の溝江先⽣が抽出した会話最頻出動詞50選とその使い⽅とは
    「重要な動詞の使い⽅を50個覚えたら、会話は成り⽴つ」という⾔語学者もいます。そんな最重要動詞の使い⽅やその応⽤法を溝江先⽣に解説してもらい、ギュッと凝縮してあなた脳にインストールします。たった50個の動詞なら英語を習いたての中学⽣でも暗記可能です。超越⽂法でお伝えする記憶術ならさらに楽に暗記ができます。したがって、英語が苦⼿な⽅でも、3ヶ⽉以内に英会話ができるという超越⽂法の1つの⽬的をリアルに体験していただけます。
  • TOEIC990点ホルダーやTOEFL iBT100点超えホルダーも実践している瞬間英作⽂を英語が苦⼿な⼈でも、まるで⽇本語を話すように⾏うためのテクニックと思考法とは
    英語を堪能する1つの近道として瞬間英作⽂という⼿段があり、瞬間英作⽂ができれば、英語を聞いて、話して、書くことができます。(もちろんTOEICやTOEFLといった試験にも瞬間英作⽂は⾮常に有効です)そんな瞬間英作⽂を⽂型や時制といった基本的なところから攻略するテクニックをお伝えします。
  • 「帰国⼦⼥だと思いました・・・」と⾔われてしまうほど、ナチュラルな英⽂を作る英作⽂の構成法とは
    ⽇本⼈が英語を考えるプロセスと、アメリカ⼈など英語圏の⼈が英語を考えるプロセスは全く異なります。だから⽇本⼈が⼀⽣懸命単語や⽂法を覚えても「⽇本語っぽい英語」になってしまうのです。超越⽂法では英語圏の⼈がそういった思考回路なのかを根本的にお伝えしていき、帰国⼦⼥や⻑期留学経験がなければ⼿に⼊らない英語感覚を3ヶ⽉以内に習得してもらいます。
  • 頭の中に英作⽂の枠組みを作って、あとはパズルのようにパタパタと英単語を当てはめるだけで、海外で通⽤する英⽂が作れてしまう英作⽂テンプレートとは
    超越⽂法では本質的な英語を学んでもらうからこそ、英作⽂の枠組みが脳の中にできます。あとはそこに必要な単語を当てはめるだけで、様々な英⽂を⽣み出すようなことが可能になります。これは⼩⼿先のテクニックに頼らず、溝江先⽣が⾔語の本質から教えていただけるからこそ成せる技です。他の⾔語スクールでは⾝に付くことのないスキルをぜひ⾔語学者のもとで習得してください。
  • 同時翻訳者のような⾃然で綺麗な和訳を英語を習いたての中学⽣でも瞬時に⾏えるようになる⾔語学者の翻訳アプローチとは
    「⽇本⼈英語̶」 あなたはこの⾔葉を聞いたことはありますか?⽇本⼈の英語は機械的で、現地の⼈と会話をしようとしても、なかなか伝わらないと⾔われています。超越⽂法で⽬指すのは点数を取るための英語ではなくて、”実務レベルで通⽤する英語⼒”です。英語を習いたての中学⽣でも同時通訳者のような翻訳⼒が⾝に着くように、簡単な例⽂でレッスンをしていきます。
  • ベストセラーの⼩説家のように⼈を感動させたり、泣かせたりと感情を爆発させる翻訳ができるようになるコピーライティングにも応⽤可能な右脳型翻訳とは
    超越⽂法の最後の講義を受けると、誰もが、Google翻訳のような機械的な英翻訳ではなく、⼩説家や⽂学者のように⼈を感動させる美しい英翻訳ができるようになります。そのやり⽅として重要になってくるのが、左脳ではなくて右脳を使うこと。右脳が使えるようになると、⽂章⼒が上がるので、当然コピーライティング能⼒も上がります。能⼒開発をコンセプトにおく超越⽂法の素晴らしさを右脳で体感してください。
  • 脳科学上証明された⼈の記憶プロセスの流れに沿った最も効率的な暗記法とは
    多くの英語学習では、参考書や問題集を⽤い机の上で⻑時間勉強する為に、時間がかかるばかりか、英語そのものが嫌いになってしまいます。超越⽂法では、⼈の記憶プロセスにかなった暗記法やアプトプット法を⽤いて、脳内に”永久無形資産”を作るという⽅法をお伝えしていきます。この講座のメイントピックは英語ですが、それ以外のフランス語、イタリア語、中国語、韓国語.など、様々な⾔語に幅広く応⽤可能なエッセンスのみを提供していきます。
  • わずか30分(早い⼈は10分未満)で100個以上の英単語を脳に焼き付ける、東京⼤学理科三類合格者を最も輩出している予備校も⽤いている超越記憶術とは
    英単語には実は正しい「覚え⽅」というものがあります。この正しい覚え⽅を実践すると、1単語を覚えると連鎖的に数⼗個の単語を脳に焼き付けることができます。さらにこの理論を応⽤すれば、知らない⾒たこともないような単語まで類推することが可能になるので、もう語彙⼒で悩むことはなくなるでしょう。
  • なかなか覚えられない英単語や⽂法をまるでドラマの好きなセリフや漫画の好きなキャラクターの名前を覚えることと同じ感覚で物事を記憶するゲシュタルト応⽤法とは
    どれだけ暗記が苦⼿な⼈でも、⾃分の好きなドラマや漫画の登場⼈物は覚えることができます。例えば、化学の元素記号は約120個ほど存在しますが、全て⾔える⼈は化学者でもない限り難しいでしょう。しかし、ポケモンの名前だったらどうでしょうか?ポケモンを1度でもプレイしたことがある⼈なら120匹以上ポケモンの名前を上げることは簡単なはずです。(少なくとも、名前を聞いたらポケモンの姿が頭に浮かぶはずです)超越⽂法では、この脳の仕組みを構造的に解説し、どれだけ暗記が苦⼿な⼈でも楽に⼤量暗記ができる脳を作る⽅法を解説していきます。
  • どんなに記憶が苦⼿な⼈でも、まるでコンピューターのコピー&ペーストのように暗記が可能になる思考レイヤーの作り⽅とは
    どうしても暗記や記憶が苦⼿な⽅がおられると思います。勉強は暗記がすべてではありませんが、記憶⼒がいい⽅が有利なことに違いはありません。重要表現の暗記さえできてしまえば、⽇常の英会話ならできてしまうことも事実です。そこで、どんなに記憶が苦⼿な⼈でも英語の1パラグラフが丸々暗記できるような⽅法をセミナー内でお伝えしています。この⽅法は誰にでもできる再現性の⾼い⽅法なので、ぜひ⽇々の勉強にも応⽤してみてください。
  • 世の中の天才と呼ばれる⼈たちが無意識に⽤いている「潜在意識の思考」を理解し、普段の55000倍の情報処理⼒を利⽤する脳のインプット⼒を超越した能⼒開発法の考え⽅とは
    普段の脳は情報処理⼒を1するなら、潜在意識はその55000倍の情報を処理しています。その潜在意識を学習に応⽤し、その⽅法を理解することで、脳をアップグレードさせて⾼速で情報をインプットさせることを可能にします。天才と呼ばれる⼈たちが⾒えている世界へ、あなたを連れて⾏きます。
  • 外資系コンサルタントの頭脳を⼿に⼊れる、IQを上げたり地頭を良くするトレーニングとその思考回路の作り⽅とは
    超越⽂法を通して、もちろんTOEICやTOEFLと⾔った試験の点数を上げることも⼗分に可能ですが、⽬的としているのは地頭を鍛えて、ビジネスを発展させること。さらに⾔うなら⽣活や⼈⽣を豊かにすることです。⼩⼿先の点数を上げるテクニックなどではなく、「地頭を良くする」という本質的アプローチからあなたの可能性を広げていきます。
  • 0.1秒で世界中の情報を⼀瞬にして集め処理するGoogleの検索エンジン並みの能⼒を⼈が扱えるようになる情報スキャン能⼒開発とは
    本当に頭良い⼈はどんな⼈?と聞かれると、あなたの頭に思い浮かぶ⼈はどんな⼈でしょうか。抜群に記憶⼒が良い⼈でしょうか。それともものすごいスピードで計算が⾏える⼈でしょうか。すべて間違いではありませんが、本当に頭が良い⼈というのは、必要な情報のみを⼀瞬で読み取り、脳をなるべく省エネで稼働させているスキャン能⼒を持った⼈です。スキャン能⼒があれば、効率良く学習ができるほか、⽇頃の読書で速読ができるようになったりと、良いことづくめです。そんなスキャン能⼒を誰もが⾝に付けられるように開発していきます。
  • 英語のつまらなくて細かい部分を理解せずとも、⾃転⾞を乗るように⾔語を直感的に理解して、カラダに染み込ませてしまう⽅法とは
    ⾃転⾞の乗り⽅を⼀度覚えてしまえば、永久に忘れることはありません。また、呼吸にしても意識せずとも、⾏えるはずです。これらは、脳が複雑なニューロンネットワークを構築して、⾝体が覚えているから起こり得る現象です。超越⽂法では具体的にどのようにして、ニューロンネットワークを構築していくのかを、脳の仕組みとともに解剖していきます。
  • 24時間いつでもどこでもスマホ1つで、あなたの英語をネイティブに無料で添削してもらう⾔語学習者御⽤達の⽅法とは
    通常、ネイティブに添削してもらおうとしたら、英会話教室に通ったり、海外の⾔語スクールに通ったりする必要があります。ただ、それには多額のお⾦と語学学習に使う時間が必要です。そこで、超越⽂法では他⾔語を学ぶ⼈が愛⽤している24時間いつでもどこでもネイティブに英語を添削してもらうことのできる⽅法をご紹介しています。もちろん英語だけではなくて、中国語、フランス語、ロシア語といった様々な⾔語の添削をしてもらうことができます。
  • 海外の⽇常で使われている最も⾃然な実践英語を1分以内にあなたの⼿元に持ってくるワイルドカード検索技法とは
    いざ英語を使おうとしても、動詞の後ろにくる前置詞が分からなくなったり、本当に⾃分が描いている⾔い回しが合っているのか不安になることは多々あります。例えば「重要な問題」と英語で⾔いたいとき、「a ~~~ problem」と~~~~に⼊る適切な形容詞が思い浮かばないケースもあるわけです。こんなとき、海外で最も使われていて⾃然な形容詞を⼀瞬にして探す⽅法をお話しています。
  • ⽣徒が⾃発的に集中して勉強をする⼿が⽌まらなくなってしまう、教育やビジネスに応⽤可能な扇動テクニックとは
    いくら実⼒のある先⽣が素晴らしい講義を⾏ったとしても、⽣徒のやる気がなかったり、集中⼒がなかったりしたら、⽣徒の実⼒は伸びません。⼀流の先⽣というのは、授業の中にさりげなく⽣徒が「⾃発的に勉強を⾏うようなトリガー」を⽤意して、⽣徒の集中⼒を引き出して学⼒を伸ばします。溝江先⽣はまさしく⽣徒の集中⼒を引き出し、集中⼒を⾼める⼀流の先⽣です。講義の様々な箇所で扇動テクニックがちりばめられているので、ぜひそのテクニックを盗んでビジネスに応⽤してみてください。
  • あなたの収益が今の17倍以上になり、ビジネスの集客先にも⼀⽣困らなくなるだろうグローバルマーケットを開拓できる英語と⽇本語を同時に話せる⼈材の資産価値とは
    英語が話せるようになると、地球上の4⼈に1⼈と会話が可能になります。さらに溝江先⽣の英語学習法は多⾔語習得を可能とするので、中国語やフランス語、イタリア語、スペイン語といったヨーロッパ⾔語を全て話せるようになります。これは地球上のほぼ全ての⼈と会話ができることを意味し、あなたがビジネスを⾏っているとしたら、ターゲットが今の何百倍にも広がるわけです。単純に⽇本語と英語が話せるだけでも正直な話、”お⾦”になり、資産価値になります。その事実と証拠を⾔語学者の溝江先⽣にお話いただけます。
  • 海外で何年も居住したかのように、⼈種の特徴や⽂化的背景といったグローバルマインドを⾔語学のアプローチから体に刷り込む⽅法とは
    ⾔語学者と⼀般の語学の教師の異なる部分は⾔語の真意や⽂化的背景に詳しいかそうでないかというところにあります。⾔語学者はただ⾔語を扱うだけではなくて、その奥にある⾔葉の真意や⽂化的背景まで研究をしているプロフェッショナルなので、溝江先⽣のもとで⾔語を学んでいるとアメリカの⽂化、カナダの⽂化、そしてヨーロッパの⽂化などの感覚が⾃然と⾝につきます。本来こういった感覚は海外に何年も滞在しないと得られません。⾔語学者から学ぶからこそ得られるグローバルマインドをこの機会に⾝につけてグローバルな⼈材になってください。
  • 英語を勉強した分だけ⼆次曲線上に成果が伸び、ほんの少しの労⼒でも最短で結果を出すための成功法則とは
    同じ「成功するための本」を読み、全く同じことを実践したとしても、なぜか成功する⼈と失敗する⼈に分かれます。⽬標に向かって⼀⽣懸命⾛っている努⼒を無駄にしないために、超越⽂法ではこの考え⽅をあなたにお伝えします。この考え⽅をマスターした英語が全くできない⼈が、たった3ヶ⽉で(⼈によってはもっと早く)英語ができる⼈を追い越してしまうことは⽇常茶飯事です。
  • 超越した成功を収めるための3条件=「戦略」「アイデア」「エネルギー」が溢れ出て⽌まらなくなる、⼀流の成功者だけが知っているメンタルブロックの破壊法とは
    良くも悪くも英語で、冷静に⾒るとアメリカでは5歳の⼦どもでも英語は話せるわけです。極端な話、私たちのような⼤⼈が英語ができないわけがありません。英語ができない原因は、英語に対するメンタルブロックにあります。超越⽂法では、コーチングやコンサルティングのメソッドを元に、メンタルブロックを破壊する⽅法をお伝えしていきます。ここで学んだメンタルブロックの破壊法は必ず、今後のビジネス活動や⼈⽣で役に⽴つでしょう。
  • ⽇常の隙間時間を利⽤し、⾃宅の部屋のパソコンやスマホの前で、海外留学1年分と同等の経験と価値を得る⽅法とは
    英語が話せるようになるためには、おおよそ海外留学1年が必要だと⾔われています。⼀⽅で溝江先⽣のもとで英語を学ぶ超越⽂法では、スマホやパソコンを使い、隙間時間の学習で英語が話せるようになります。なぜなら、溝江先⽣は⽇本語のルールを超越させ、英語に持っていき、英語のルールを超越させ、他⾔語へ持っていくという⾔語学者独特の学習アプローチを⾏うからです。海外留学1年分の価値をここで体感してください。
  • ごくわずかな限られた経営者のみが参加することのできた、年収2億を超える京⼤卒の起業家と15ヶ国語を話す⾔語学者という異⾊のコラボレーションが主催する能⼒開発スクールとは
    超越⽂法はもともと選ばれたごく少数の経営者のみで開催していた能⼒開発スクールを⼀般向けに公開したものになります。その⼈気の理由の1つは、「⾔語」と「ビジネス」の異なる2つの分野のプロが、互いの分野を超越してあなたの脳をバーションアップさせてくれること。本当の意味で地頭の良い⼈間だけが知っている⾨外不出の脳のアップデート法をご体感ください。
  • 学べば学ぶほど知識と能⼒の泉が湧き出して、最終的には脳内にあなただけの図書館が出来上がる⾔語学習の本質とは
    超越⽂法で主に扱うものは⾔語です。ある⼈から⾒れば、「たかが⾔語で能⼒開発なんてできるのだろうか?」と疑問に思う⽅もいるかもしれません。しかし、⼈間の⽣活は⾔語なくして成⽴しません。そもそも⽂明がここまで発達したのも⾔語のおかげと⾔えるでしょう。⾔語は今の⼈類を⽀えてきた貴重な叡智の1つなのです。そんな⾔語を本質的に学ぶことであなたの脳がアップグレードされる感覚を超越⽂法の講義中に何度も体感できるでしょう。
  • 英語を学習するストレスを1割以下にして、継続して学習するモチベーションを⾼める⽅法
    市販で売られている参考書を買って英語を学んでいこうとする⼈の8割以上は、最後まで読まずに挫折すると⾔われています。その理由は、参考書のコンテンツの並びにあります。超越⽂法は、「なるべくストレス無く学習を継続できる」をモットーにカリキュラムを組んでいます。英語を学ぶ上での最適な順序はどういったものか?をお話していきます。
  • ネイティブの英語が早⼝に聞こえてしまう理由と、発⾳を聞き取れるようになるコツ
    実は、早⼝に聞こえてしまうのは、決してアメリカ⼈の⼝がよく回るからではありません。実は、ネイティブの⼈は、⽇本⼈が習うような英語を全く喋っていないのです。習っているものと、実際に喋っているものとは別モノなわけです。逆に⾔えば、何が違うのか?そのルールをきちんと押さえれば、きちんと聞こえるようになって来るのです。そのコツを、ズバリ解説してもらいます。
  • 脳をアップグレードさせ、情報に濃淡を付けて、⾼速で頭に⼊れていく⽅法
    情報をインプットする際には、濃淡を付けることで、圧倒的にそのスピードが上がります。しかし、ほとんどの⼈は、その原理を正しく理解しておらず、具体的にどのようにやったらいいのかを分かっていません。では、実際にどのように訓練していけば良いのか?その⽅法を脳にインスールさせて、英語だけでなく、あらゆるインプットのスピードが上がる劇薬をお渡しします。
  • ⽇本⼈が思ったことをすぐに英語に変換できない根本原因と、具体的な対処法
    ⽇本⼈が英語を喋れない根本原因は、⽇本語と英語の⽂化の違いによるものなのです。簡単に⾔うと、⽇本語は、主語を省略してもOKな⾔語です。「お腹すいた」とかで伝わるわけですよね。しかし、英語は主語や⽬的語を明確にしようとする⾔語なのです。では、その⽂化的な背景はどういったものがあって、その違いを克服し、即座に⽇本語変換できる脳の回路を作る為にはどうすれば良いのか?をお話してもらいます。単語や英⽂をいくら暗記しても、このロジックを理解していなければ、瞬間的に思ったことが英語に変換される、といったことができません。
  • ⽇本語の脳内回路の内部に多⾔語の回路を構築していくメソッド
    多くの英語学習は、脳に⽇本語回路とは別に英語回路を作ろうとする為に、時間がかかり、また、しばらくやっていないとどんどん鈍くなっていきます。超越⽂法では「永久無形資産を作る」ということを掲げている通り、⼀度覚えたら無くならなくする為、⽇本語回路の中にどんどん⾊んな⾔語を組み込んでいきます。メインで扱うのは英語ですが、時に、フランス語、イタリア語、中国語、韓国語など、さまざまな⾔語が⾶び交います。それらは全て、⺟国語である⽇本語の精度を⾼める為のものなのです。具体的にどのようにして、⽇本語回路の中に、多⾔語を組み込んでいくのか、その⼀連の流れをお楽しみ頂けます。
  • 英⽂法を直感的に理解して、カラダに染み込ませてしまう⽅法
    英語学習では、現在完了形はこうで、仮定法はこうで、みたいな細かいルールが沢⼭あり、それをいちいち覚えなくてはいけません。しかも、たとえ覚えたとしても、忘れたらもう使えなくなります。それに対して、超越⽂法では、全ての⽂法を直感的に捉え、たとえ⽂法を知らなくとも、無意識にその⽂法を使っている状態を⽬指します。例えば、aとtheの違いは何か?をいちいち頭で考えるのではなく、反射的に出て来るようにしたり、現在完了と現在形と現在進⾏形の違いなど、多くの⼈が悩むところを、明快に、概念レベルで捉えてもらい、必要なタイミングで⾃然と出て来るような脳の構造に変えていきますので、いちいちどのルールを使えばいいかに頭を悩ませる必要が無くなり、英語がどんどんカラダに染み込んでいきます。
  • ⽂章の背景(バックグラウンド)を読み取っていく⽅法
    情報には、顕在意識で認識する情報と、潜在意識で認識する情報があります。たとえば、テレビなどのマスメディアでは、顕在意識とは別に潜在意識にメッセージを埋め込む為の様々な仕掛けがなされていることはご存知だと思います。もし、その⽂章の背景、つまりバックグラウンドを瞬時に読み取る訓練をしていれば、ただ英語を1⾏読んだ時に、そこから莫⼤な情報が読み取れるようになり、腑に落ちる度合いが全く変わってきます。そして、他⼈から知らず知らずのうちに洗脳されることが無くなり、情報リテラシーが⾼くなります。頭の良い⼈が具体的にどのようにして世界を捉えているのか、実際に体感してもらおうと思います。
  • わずか30分(早い⼈は10分)で100個以上の英単語を脳に焼き付ける超越記憶術
    英単語の覚え⽅にはコツがあります。それは決して語呂合わせで覚える、とかではありません。もちろんそれも1つの⼿段として採⽤することはありますが、⼤前提とする理論があります。この⼿法を使えば、1つ単語を覚えたら連鎖的に⼤量の単語を覚えることができます。せっかく覚えても時間が経つと忘れるような不⽑な勉強はもうやめて、記憶に関するパラダイムを変えてもらいます。)
  • ⾃転⾞の乗り⽅や泳ぎ⽅と同じく、⼀度覚えたら決して忘れなくする脳内回路の構築⽅法
    ⼈が何かを記憶したとは、それに関するニューロンにいつでも電気を流すことができるようになった状態を⾔います。そして、その記憶を保持する⼀番の⽅法は、他の様々なニューロンと回路を繋いで、複雑なニューロネットワークを作っていくことです。渋⾕に⾏きたい時に、JRでも地下鉄でも⾞でも⾃転⾞でも、さまざまな⼿段で⾏けるようにしておけば、どれかがストップしても辿り着くことができるのと同じく、ニューロンも、そこに電気が流せなくとも、他のニューロンを経由して辿り着くようにしておけば良いわけです。では、具体的にどのようにしてニューロネットワークを構築していくのかを、解説していきます。
  • 便利な動詞50選とその使い⽅
    「重要な動詞の使い⽅を50個覚えたら、会話は成り⽴つ」と⾔う⾔語学者がいるくらい動詞の攻略は重要です。haveやgetなど、誰もが知ってる単語は、実は⾮常に汎⽤性が⾼く、重要な動詞を50個くらい知っていれば、⽇常会話はそれなりに成り⽴つそうです。今回は、溝江先⽣が選別した50個の動詞と、その使い⽅、応⽤法まで、⼀気に教えて頂きます。もちろん、それだけじゃなく、他の動詞もお伝えしていきますが、全てを同じ重要度で覚えるのではなく、最初に最重要50個を完璧にして、その後で付随するものを増やしていった⽅が効率が良いのです。
  • ⼈をコントロールする為に頻繁に⽤いられる「ゲシュタルトの⽳」理論と記憶術への応⽤
    これは悪⽤すると⾮常に危険な⽅法なのですが、上⼿に使うと、⾃分のモチベーションを⾼めることに役⽴つばかりでなく、記憶術への応⽤も可能となります。具体的にビジネスへの応⽤法も含めて解説していきます。
  • 英語とフランス語を同時に学習する⽅法
    実は、英語とフランス語を同時に学習すると、相乗効果があると⾔われています。超越⽂法では、フランス語の基礎的な知識もお話していきますが、様々な国の⾔語を学ぶことで、英語や⽇本語をより俯瞰的に⾒て頂きます。フランス語だけでなく、さまざまな⾔語を混ぜていきますので、⾔わば、「⾔語学の全体像」が⾒えて来る筈です。
  • 多⾔語を概念レベルで理解する「コアミーニング」とは?
    1つの英単語には沢⼭の意味があり、どこでどう使って良いのか、細かい⽂法を覚えないといけないと思われているかもしれませんが、それが英語を苦⼿にしてしまっている原因なのです。コアミーニングという考え⽅を理解すれば、細かい意味や⽂法を覚えずとも、⾃然な形で英語が喋れるようになります。⾔わば、⿂を1匹1匹釣り竿で釣るのではなく、⼤きな網で⼀気に捕まえてしまうようなものです。また、これはビジネスで企画を作る際に⾮常に重要になってくる思考法でもあります。具体的にどのように考え、どう他に応⽤できるのか?も含めて解説していきます。
  • 語学の正しい「教え⽅」とは?
    超越⽂法のメリットは「再現性の⾼さ」にあります。概念をそのままインストールしてもらい、しかもそれらは転移可能な状態でお渡しするので、例えば今後、英語を教えるビジネスをやりたいという⽅、あるいは将来⼦供に英語を教えたいという場合にも、超越⽂法のメソッドは活きてきます。
  • 試験を⽬的にするのではなく、地頭を良くする思考回路の作り⽅
    超越⽂法で⽬的としているのは、TOEICや英検で⾼得点を取ることではありません。もちろん、そういった効果も付随して来るとは思いますが、あくまで⽬的としているのは地頭を良くして、⼈⽣をより良くすることです。逆に⾔えば、単に試験で良い点数を取る為の間違った勉強法をすることは、頭を固くして、英語以外の勉強で柔軟性を失わせてしまう可能性すらあるのです。では、「頭を良くする」とは⼀体どういうことなのか?その本質に迫っていきます。
  • ⾔葉と性格、⼈格がどう関係してくるか?
    ⽝や⿃は⽣まれてから鳴き声は⼀⽣変わりませんが、⼈間だけは使う⾔語を変えることができます。 そして、使う⾔語によって、⼈の性格は変わると⾔われています。⽇本語を使う⽇本⼈は、「Noと⾔えない性格」であり、英語を話すアメリカ⼈は、「⾔いたいことをズバっと⾔う性格」となります。だから、⽇本⼈が英語を覚えても「⽇本語っぽい英語」になってしまうのです。英語を本当に話せるようになりたかったら、アメリカ⼈がどういった思考回路(性格)なのかを知り、その思考回路を脳にうつしていく必要があります。そういった、⾔語と性格の関係性について、お伝えしていきます。
  • 潜在意識の劣等感を取り除いてセルフイメージを⾼める⽅法
    「英語をずっと勉強してるのに、いざ外国⼈が⽬の前にいると全然喋れない」というのは、極端な話をすれば「対⼈恐怖症」なのです。よくも悪くも「たかが英語」であって、そこにメンタルブロックが存在するから、「怖い」と思ってしまうのです。では、具体的にどのようにすれば、⾃分の中にあるメンタルブロックを取り除いて、セルフイメージを⾼めることができるのか?コーチングやコンサルティングのメソッドをもとに、解説していきます。⼈に何かを教える、あるいは相談に乗る⽴場にある仕事をされているなら、必ず役に⽴つ筈です。
  • 情報リテラシーを⾼める語学の活⽤⽅法
    多⾔語を学んでいくことで、⾒ている世界はより広がっていき、更に、今までリーチできなかった情報にアクセスすることができるようになります。しかし、ここで重要になってくるのは、情報を得た時に、それをどう処理するか?です。例えば、よくテレビ等で芸能⼈のニュースが過激に取り上げられている時は、たいてい、その裏で表に出ると都合が悪い法案が通されたりしているのをご存知でしょうか?報道されている情報だけを⾒て、その裏にあるものを⾒ようとしない⼈は、いつまで経っても情報弱者から抜け出せません。情報リテラシーを⾼めて、ホンモノの情報を⾃分で⼿に⼊れることができるようになる為に、何をすれば良いのか?そういった話をお伝えしていきます。
  • 脳の基礎代謝を⾼めて、情報吸収⼒を⾼める⽅法
    基礎代謝が上がってる⼈が吸収⼒が⾼いのは、カラダだけではなく、脳も同じです。インプットした情報が頭に⼊らないのは、基礎代謝が低いからなのです。かと⾔って、消化されずに⾷べ過ぎてしまうと太ってしまうのと同様、情報も、ただ脳に詰め込めば良いというものではなく、きちんと「脳で消化する」ことが必要です。脳の基礎代謝をどのように上げて、どうすれば新しい情報を次々と吸収して、知識太りしなくなるのか?を解説します。

受講⽣の声

実際に超越⽂法に参加された受講者の⽅の声をいくつか紹介します。

価格と期間について

この講座は、⼤学で1年かけて真剣に勉強する⼈と同じくらいの成⻑を、
⽚⼿間で可能にしようという、⼤学の先⽣が聞いたら怒りそうなことを、
⼤学の先⽣を招いて実現させようとしている講座です。

もし本当にそれが可能だとしたら、その価値ははかり知れないでしょう。

例えば、⼤学に通った場合、
4年間でだいたい200万円以上の学費がかかります。

つまり、1年分としても、
50万円はかかるということになります。

それくらいの価値は⼗分あると⾃負していますが、
別に⾼額を取るためにやっているわけではないし、オンライン講座であることも加味して、
今回は破格の値段にさせて頂きます。

今回の超越⽂法スクールは、
最初の3ヶ⽉でメール・動画・⾳声などを毎⽇お送りして
基本的な知識は全て頭に⼊れてもらい、
更に、その後も継続的にメンバー全員の要望を取り⼊れつつ
フォローできるようなコンテンツをお送りしていきます。

それら全てを含めて、参加費は48,000円とさせて頂きます。

⼀度ご参加頂ければ、会員サイトはずっと閲覧することができ、
また、会員向けに定期的にイベントなどもやっています。

超越⽂法はこれまで、⼀部の⽅限定で少⼈数制でやってきました。

しかし、参加している⼈たちの劇的な変化を⽬の当たりにして来るにつれ、
「これほど素晴らしいものを、⼀部の⼈間だけで独占しておくのはあまりに勿体無い」
と思うようになりました。

ただの語学学習ではなく、本当に感覚が変わり、
⾒ている世界が変わり、参加するだけで⼈⽣は必ず激変すると確信を持っています。

だからこそ、超越⽂法を学ぶことを通して、
1⼈でも⼈⽣を変えたいという⽅のお⼿伝いができたら・・・
そういった思いで、今回、もともと⾼額でやっていたものを、
質を⼀切落とさずに破格の値段で提供しようとしているのです。

だからと⾔って、
「こんなに安いんだから、これくらいで⼗分だろう」
といった妥協は⼀切しません。

本当に、⼈⽣をかけて、⼤事な時間とお⾦を捧げてもらった、
という覚悟を持ってスクールを運営しています。

なので、これで⼈⽣を変える、という気持ちで、参加して頂けたらと思います。

分割決済も⽤意しました

「どうしても⼀括で払うのは資⾦的に厳しい!」
という場合、今回、分割決済も⽤意しています。

分割決済は5分割で、1万円×5回となります。
また、クレジットのみとさせて頂きます。

最初の3ヶ⽉で、基本的なセミナーは全て⾒てもらって、
その後、定期的に補⾜コンテンツを受け取ってもらいながら
知識を補強していってもらいます。
(⼀括の場合と、送られるコンテンツ⾃体は変わりません。)

こちらも、必要な場合はご活⽤下さい。

真の国際⼈になるために

これからの時代は⽇本が活躍する時代になります。

グローバル化によって、国境がなくなり、
今以上に様々な国の⼈々が⼊り乱れるようになるでしょう。

そして、そんな時代に活躍できるのが⽇本⼈なのです。

⽇本というのは⾮常に特別な国で、
例えば、⾷べ物⼀つとっても、イタリアンからフレンチ、中華など、
世界中のあらゆる⾷べ物が⽇本に集まりました。

また、気候を⾒ても、四季があり、北海道のような寒い地域から
沖縄のような南国地域、さらには砂漠まで、あらゆる気候が揃っており、
他にも、宗教性においても、教会で結婚式を挙げる⼈もいれば、
お墓参りする⼈がいて、神社参拝する⼈もいる…。

そうやって、別にどこかの宗教に属しているわけではなくとも、
あらゆる宗教の⽂化を取り⼊れ、混在しているのが⽇本という国なのです。

いわば、⽇本というのは、あらゆる思想、⽂化、哲学、宗教などを
受け⼊れる器を持った国なのです。

そして、まさにこの「分野を超越する」ということこそが、
超越⽂法の⽬指す語学学習だと⾔えるでしょう。

つまり、超越⽂法は⽇本⼈に合った、
⽇本⼈のための語学学習法なのです。

これからどんどん時代は変わり、世の中も変わっていきます。

その中で、超越⽂法で⽬指しているのは「真の国際⼈」です。

⼀般的に、国際⼈とは、
「英語を操り、国際舞台で活躍する⼈」
のことを⾔うでしょう。

いわば、「アメリカ⼈と化した⽇本⼈」のことを
国際⼈と呼ぶ傾向があるのです。

ですが、超越⽂法で⽬指していく「真の国際⼈」とは、
単に英語を操り、国際舞台で活躍する⼈のことではありません。

それだけではなく、「和魂洋才」という⾔葉もあるように、
⽇本⼈としての魂を持った上で、国際舞台で活躍する⼈材こそが
「真の国際⼈」だと考えているのです。

だからこそ、超越⽂法では、⽇本語をベースにした語学学習を⾏うことで、
最短で語学を操る感覚をインストールし、すぐ使えるような語学回路を構築していきます。

そして、ひいてはそれが、語学だけではなく、
様々な分野において役⽴つような思考⼒へと繋がる…。

それこそ、超越⽂法の⽬指す語学学習の形であり、
⽇本⼈だからこそできる語学教育なのです。

もちろん、これは⽇本⼈以外でもできることなのですが、
⽇本語というベースを持っている⽇本⼈に最も適した形になっています。

これからの時代は、⽇本が世界を引っ張っていかなくてはいけません。

物質的なものが満たされた現代において、
必要になってくるのが、⽇本⼈が本来持っていた精神性なのです。

これからの時代の語学教育のスタンダードを作って、
⾔語を学ぶことを通して、⽇本⼈の精神性を呼び覚まして、
⼀緒に、世界を引っ張っていける真の国際⼈を⽬指しませんか?

参加される場合は、以下よりお願いします。

⼀括払いでのお申込みはこちら 分割払い(5回払い)はこちら
※⼀括払いについてはクレジットカードもしくは銀⾏振込、分割払いについてはクレジットカードのみとなります。
※分割払いの場合はお申し込みから24時間以内に1回⽬の決済を⾏いますのでメンバーサイトのご案内等はその1回⽬の決済完了後となります。

それでは、講座内でお会いしましょう!
最後まで読んで頂きありがとうございました。

©Transgram Project Team.