PAGE TOP ▲

 

プレゼントキャンペーン中。

 

 

 

 

プレゼントを受け取りたいメールアドレスをご入力ください

 

今すぐスタートしてプレゼントを受け取ろう!



 

 

 

 

すでに多くの方がスタートしています

 

つまり

 

 

 

感想

 

今の英語習得にずっと違和感を感じていました
tamura様




YouTubeで初めて溝江先生の講義を拝聴させていただきました。
「こんなに面白い先生がいるんだ!」と衝撃を受け、早速色々検索してこのメール講座に行き当たりました。

40代なのですが、昨年末から英語を勉強する必要に迫られ、ここまで多くの時間を割いてやってきました。

言語というものをその根っこから解析していくような講義はとても面白く、こういった講義は無いものかと、ずっと思っていました。


レポートの、言葉を直感で捉えるという発想も、多様な角度から説明されており、発音についても、かいつまんで・・・とありながら、実に分かりやすい説明ですね。
私自身、「いつ聞こえるようになるんだろう」というくらい、ネイティブの普通速度の話が聞こえてこないのですが、このLとRの発音の違いは、カンタンですが腑に落ちた(ような)気がします。

超越文法により、どのように能力が開発されていくのか、楽しみです。

 

感想

 

英語だけではなく、あらゆることに応用できる!
小林様




「独学力」まさに自分に必要だと大人になってヒシヒシと感じています。
英語をはじめ、あらゆることに応用できるので、身に着けたいです。
英語は、先日1ヵ月アメリカに行き、もっと流暢に英語が話せれば・・・・と何度思ったことでしょう。先生の説明・アプローチが他の英語学習講座と違い理解しやすい、腑に落ちやすいように感じます。今後も楽しみにしています!!よろしくお願いいたします。

 

感想

 

これを機にマルチリンガルになります!
齋藤様




よく「英語を学ぶには日本語を使ってはいけない。」みたいな風潮もあります。そもそもの話、日本語が母語で英語が外国語の我々にとって、英語が優勢になることはそうないですし、むしろ日本語と英語を比較対照して学ぶ方が早いと思っています。
今私はスペイン語とフランス語も学んでいますが、言語を超えた何かを学べるものがないかと探していました。不思議な縁で先生のことを知り、「いわゆる外国語の文法とは何かが違う。」と直感で感じました。これを機にマルチリンガルになります!

 

感想

 

学校とは全然違う、新しい発想での英語学習に驚きました
今様



私は学生の頃先生に英語脳になれ!日本語では考えるな!と強く言われて来ました。
ですが日本語でもわからないのにどうやって英語だけで考えるのかとわけがわからなく、結局全然英語を理解することは出来ませんでした。

今回は藁にもすがる思いでこの講座のページにやってきました。
日本語を使うとは新しい発想でとても驚きましたが様々な言語を話せる説得力十分な先生に教えてもらえるならそれは安心です笑
こんな私でも英語や様々な言語を話せることができると考えると胸が膨らみます。

 

 

 

 

まだまだあるある!ご感想メールが続々届いています

 

 

 

長嶺*様 (2017/01/20)
他の動画を見たんですが英語を勉強しながらフランス語を勉強してみようと思いました。最初は、どのようにフランス語を勉強するべきですか?自分でインターネットで発音を聞いたりしていますがよくわかりません教えて下さい。
及川*様 (2017/01/17)
最近、幾つか言語を学び始めたので登録しました。
日本にいる英語の先生や英語が得意な人は
とにかく文法の話ばかりしたがったり、英語だけやっていれば良い。
という人が殆どですが
この講座は、多言語が扱える人の開催するものなので
幾つかの言語を平行した方が、むしろ英語の勉強にもなる。
という事を教えてくれたりして面白いです。
15ヶ国語も話す人がいるんだと、言語の勉強の励みにしたいです。
小西**様 (2017/01/16)
本日、溝江先生の文法講座を初めて受けさせていただきました。以前からYouTubeで拝見しており、僕は今高校1年生なのですが、中学校の内容である、現在完了形や助動詞など、基礎的な文法の印象や理解が根本から覆されたように思います。毎回なるほどなぁと思いながら楽しくみさせてもらっています。また、先ほどの「コアミーニング」の回ではbreakという単語と壊すという意味は知っていましたが、あのような派生した意味もあるという事は知りませんでした。もっとあのような面白い単語のお話が聞きたいです。ぼくは将来は国際的な仕事に就きたいとおもっていて、大学も外国語の専門の大学を受験しようと思っています。そして、英語はもちろんですが、フランス語を学んでみたいなと思っています。英語とフランス語は似ているなと感じることも多いので、そちらのお話も聞けると嬉しいです。地方に住んでおり、なかなか東京であるセミナーなどは参加が難しいと思いますが、今はネットいう便利なツールがあるので、これで楽しく勉強したいと思っています。これからもよろしくお願いします。
中澤**様 (2017/01/16)
こんにちは。大学受験を越えて、大学での英語、大学卒業後も読書の一環として英単語の成り立ちなどの書籍を読んだりもしていましたが、英語を話せるようにも、洋書を読めるようにもならなかったです。
ただ自分には、話せるようになることを頑張るよりも、書物を読めるようになろうという目標の方が合ってるんだろうな…と思ってから、更に7~8年が経ちました。
そして今年、英語を頑張ろうかなっと思った矢先に、溝江先生の動画を見まして、この方法なら私でも、同時にフランス語まで習得できる!と確信しました。
また、私には文法を勉強し直す方が合ってると感じていたことが、間違っていなかったということにも、何か重荷が外れたような、清々しい気持ちになりました。
メールの講義、毎日楽しみに待っています。
村上*様 (2017/01/16)
はじめまして。今年で58才になります。
老後の脳トレにと始めたフランス語、もう2年半以上になります。
目安のために仏検を準2級までうけましたが、英語の素養がありませんので、
予想通り、2級の受験まで1年から2年くらいかかりそうな感じです。
初めはのんびりとやればいいかと思っていましたが年齢なことも考えると、
せめて2級くらいまでは、集中してやったほうがいいと思い、
今は毎日の時間が足りないと感じています。
そこで、定期的にいろいろ勉強方を探っているうちに、溝江先生の動画を拝見しました。
単語の語源に関しては以前から興味があり、先生の動画を見てとても面白いと思いました。
それで、最近フランス語の接頭語や語源に関しては、調べるたびにエクセルに入力するようにしました。
「超越文法」の講義は大変面白そうですが、今現在それをこなしていくだけの余裕を自分に
見いだせるか自問しています。
今はやっと毎日苦にせず勉強する習慣が身につきました。
(学生時代にはできなかったことです。)
メールは毎回楽しく拝見しております。
またフランス語の話題も楽しみにしています。
山本*様 (2017/01/15)
これからネットを通じたビジネスを学ぼうと考えています。正しい勉強法を学ぶことができたら、言語を話せるようになるだけでなく、人生が豊かになるような気がしてワクワクします。これからもお話お聞かせください^^よろしくお願いします。
鈴木*様 (2017/01/15)
英語については中学レベルの知識しかありません。
今からでも本格的に学べば一般的な会話くらいは身にくのかなと甘い期待をしております。
LとRの違いを少し知っただけでも奥が深いなと思いました。
英単語一つにいろんな意味があるから覚えるのが難しいなと感じていましたが、
コアの部分を知ることで理解が早まるなと感じました。
鹿倉*様 (2017/01/15)
こんばんは。いつもメール配信ありがとうございます。英語を習得したいと思って早何年…想いだけで行動に移せていない自分に呆れていました。情報商材は怖いというイメージもあり、なかなか手を出せていませんでしたが、メルマガ登録して本当に良かったです。日本語をベースに覚えていくというのは、驚くほどスッと入って来ました。ただただひたすら覚えていくだけのものではないところが、仰る通り学びやすく忘れにくいと実感しております。また発音についても舌の使い方ではなく、音で理解する方が実践しやすいので目からウロコでした。また楽しみにしております。
佐藤*様 (2017/01/13)
英語の他に学んでみたいのはフランス語、そしてイタリア語です。
理由は前世フランスとイタリアに生まれたことがあるみたいなので。(笑)
篠原*様 (2017/01/11)
言語直感を使って覚えていくというのは初めて聞いたのですがビックリしました。
単純に繰り返すだけよりこの方法の方が覚えやすそうだと思いました。
メールに書いてあった英単語を10分で100個ずつ覚えていくという授業を自分も受けてみたいと思いました。
勉強したい言語ですが台湾に友達がいるので中国語を勉強したいと思います。
ヒガ******様 (2017/01/08)
はるか昔、大学時代の英語音声学で学んだことと、配信していただいたテキストの内容が似ていることに気づいて、ワクワクしました。
教科書をなくしたことを後悔していたので
とても嬉しく、楽しく読み進めることができました。
次回からの配信も楽しみにしております。
沼野***様 (2017/01/08)
今まで同様の学習にトライをして来ましたが、なかなか継続が出来ず挫折して来ました。
今回の内容は今までとは違うアプローチで言語を習得する形で、単に記憶するだけでは無く、興味深く、楽しく取り組めるのかと感じました。
今年は必ず英語を修得すると言う目標を持っているので、是非本講座を活用してやり切りたいと思います。
su******様 (2017/01/08)
英単語の覚え方の革新が少しわかった気がします。
これから楽しみにしています!
佐藤*様 (2017/01/07)
2日目のメールは、英語を学び始めの私には自分の言いたい事が英語で言えない、わからないという事が毎日の様にあり、その度に文法書、単語帳など辞書を引っ張り出してあれこれ悩んで…という状態をまるで目の前で見られているような感じのメールの内容でした。
自分の知っている言葉で言う、子供でもわかるよう簡単な言葉で言う、伝わる
当たり前の事が当たり前に出来ていなかったことに気がつきました。
そして、この事を英語でやろうとするとその簡単な言葉もすぐに出てこないという現実がわかりました。
簡単な言葉が出てこないのに難しく言うことなんてできなくて当たり前でした。
知っている言葉を使える言葉に頑張りたいと思います。
気づきをありがとうございました。
片岡*様 (2017/01/07)
英語以外の言語で、今一番学んでみたい言語は何か?
タイ語を学んでみたいです。音楽的な美しさがあるから。
山本***様 (2017/01/06)
coremeaningという、丸暗記から開放されるという内容が、とても印象に残りました。
特に中学で習うbreakが、breakawildhorse、breakfastでは、どういう意味になるのかが、とても面白く解明されていて、楽しい発見と意欲を掻き立てられました。
英単語の暗記を無理に頭に押し込もうとしていたので、溝江先生の動画で、別の視点から考えていくことで、本当の学びとは何かということに気づき、大変ありがたく思いました。
昨年よりフランス語を学び始めました。溝江先生が動画でフランス語は第二外国語におススメだと仰っておられたので、単語も六割が英語と似ているということで、英語の単語を勉強するのに役立てようと思っています。
今後の動画を楽しみにしております。よろしくお願い致します。
タグ****様 (2017/01/06)
とても興味深い内容でした。この様な講義は初めてです。単語のコアの意味を知ると、文を読んでいても全体の意味が取りやすくなりますね。
‘breakawildhorse’という言い方も初めて聞きましたが、イメージしやすく頭に残ります。気付くと脳裏に刷り込まれている感じが素晴らしい?
もっともっと聞きたくなる授業でした。
佐藤*様 (2017/01/05)
英語初心者の私にはまだまだわからない事が多い英語が、言葉の成り立ちなどの解説が入りながらとても面白く、また例や解説がわかりやすかった為、短い時間での理解が出来ました。
文の組み立て方や英語の綴りのコツがあれば是非企画としてお願いしたいです。
また、英語以外に現在興味があるのがベトナム語です。
中国語をベースに持って元々漢字圏のベトナム語は勉強が難しいと噂で聞きましたが、漢字圏だったからこそ日本人には学びやすい言語なのではないかと思っています。
また、最近ではベトナムの発展に伴い日本国内にもベトナム人が多く生活をしています。
英語、中国語、韓国語の表記はよく見ますが、べトナム語はまだまだ見かけません。
これからも楽しく学習できることを楽しみにしています。
みか*様 (2017/01/05)
単語の語源や派生的な覚え方は、これまでも目にしたことがありましたが、とっつきにくく頭に入りそうもないので拒否していました。
今回の動画は、溝江先生の説明がわかりやすく、それぞれの意味もイメージでき、頭にスッと入ってきました。これなら、無理なく覚えられそうです。
フランス語と英語の同時マスターを目指しています。よろしくお願いします。
na***様 (2017/01/05)
コアイメージを持つ、というのがわかりやすかったです。
てら**様 (2017/01/04)
まだ、「だからどうすれば?」という感じはあるものの、今まで習っていないことで非常に面白く、特に漢字のように単語をみるというのは、とても斬新ですね。
続きが楽しみです。
安宅*様 (2017/01/02)
LとRの違いがよくわかりました。発音の仕方だけでなくイメージの違いも面白いと思いました。
英単語を勉強するときはこういうようにイメージを駆使して考えると楽しんでできるのだとわかりました。
多義語についても、その単語のコアの意味がわかればたくさんの訳語を覚える必要なしにその単語を使いこなせるようになるとわかりました。
古川**様 (2017/01/02)
Rの発音で、日本語のウをRの前に言うようにする事は教わりましたが、Lの発音でヌを言うのは初めて聞きました。Lの方はちょっと慣れるまで時間掛かりそうです。ダークLの方はカタカナ表示ではちょっと理解難しいです。何とかオリンピックまでに自分の言いたいことぐらいは話せるようになりたい59歳の男性です。それよりも青森出身で溝江先生の様な方がいたとは驚きでした。
来代*様 (2017/01/01)
溝江先生の多義語の動画を見て、
わかりやすくて、もっとお話を聞きたくなりました。
てら**様 (2017/01/01)
以前から、なぜ、この単語は文字の感じと実態がとてもしっくりくるんだろうか?と感じていたものがレポートで理解できました。
英語の他は中国語をマスターしたいです。
M*様 (2017/01/01)
分からない漢字に遭遇した時、確かに私もその漢字を分解して考えていました。しかし、その発想を英単語の場合でも使えるという発想が今までありませんでした。この方法を使えば分からない英単語に遭遇してもある程度の予測が立てられると感じました。また、短い英文を完璧にする事でより英語力の向上に役立つと言う事なので早速実践してみたいと思いました。今後とも私自身の英語力向上の為に利用させていただきます。
野間*様 (2016/12/31)
今まで一つの単語の大きな意味を捉えてイメージで単語を覚えるようにしてきました。なので、今回の授業は自分の勉強の方法が間違っていないと、嬉しかったです。
しかし、コアミーニングは少し違いました。今回の例はbreakでしたので、私は「破壊する、なくす」とイメージしていましたが、「連続したものを断ち切る」と、より鮮明にイメージできる説明があり、とても納得できました。朝食の意味もずっと分からなかったので、解説があって嬉しかったです。
breakofdawnとdawnはどちらも夜明けですが、この場合、breakofdawnは夜明けから徐々に明るくなる過程というようなイメージでしょうか?それともどちらも同じ意味でしょうか。
今回の動画を見て、覚えるイメージをもう少し具体的に考えてみようと思いました。
ありがとうございました。
小林*様 (2016/12/31)
はじめまして。初めて動画を拝見させていただきました。
目から鱗が落ちるですし、何か終わった時にはスッキリしました。
今後やっていただきたい企画は、メールにも記してありました、
英単語を10分で100個ずつ覚えていく
です。よろしくお願いいたします。
na******様 (2016/12/31)
語幹に関して学びたいと思います。
また、英語以外では中国語・アラビア語を習得したいと考えています。
荻野**様 (2016/12/29)
言葉のコアからどんどん広がっていく感じがとても楽しいです。
2年程、主人の仕事でアメリカに住んでいたのですが、語彙が少なくて言いたいことを伝えられず歯がゆい思いをしました。
こちらで楽しく勉強して行きたいです。
ki*様 (2016/12/28)
Irespectyou.
大変面白い講義でした。
語学を学んでいるとその国の歴史や言語の歴史についてもっと調べたくなりますね。wordの音のイメージによる効果等面白い内容でした。
Idiomsを覚えていくときもその由来について知ると面白いので,idiomの由来についての講義があったら、と思います。
YouTubeの英語上達コツ参考になりました。ありがとうございます。
Question
先生は若い頃から7つの習慣を取り入れ語学をまなんでいたのですか?
また語源を調べて意味を覚えていくとのことですが
どのように調べていくのですか?
セミナーdvdのこれまでどのようにして何ヵ国語も
学んできたのかについて詳しく教えて下さい。
Pleasetellmetipsandtrick.
ThankyouforteachingmeEnglish.
佐藤*様 (2016/12/27)
多義語について、これまでは和訳をひたすら覚えることを考えていたので、意味の数だけ苦労するような勉強でした。しかし、コアを押さえることが重要と聞いて、かなり自分のヒントになった気がします!ありがとうございます!
北村*様 (2016/12/27)
感想
英語の多義語を克服する
たった7分とは思えない濃さ!
こういうアプローチだったら
英語を楽しく学べたのに~!!
溝江先生のうんちくを聞くと
人に話したくなります~☆
「英語以外の言語で、今一番学んでみたい言語は何か?(その理由は?)」
ラテン語
趣味で声楽を習っており、ラテン語・イタリア語の歌が多いため。
教養のため。
ラテン語はフランス語・イタリア語・英語と連続性があるので
ここから攻略していくと広がると考えています。
近島**様 (2016/12/26)
はじめまして。
早速動画拝見しました。学校英語の弊害ですよね。
もっと早くこういった考えを教えてもらっていたら。もっと映画に興味を持てたのかなと感じました。
英語以外の言語を学ぶとしたら、音の響きが綺麗なフランス語を学んでみたいと思います。
岡室**様 (2016/12/25)
コアミーニングがあって、それを目的語と照らし合わせると意味が分かるという概念は初めて知りました。
確かにこれでひも解くとわかりやすいです。
丸暗記からの解放というのも丸暗記が嫌いな私にとって大変うれしいです。
ありがとうございました。
ma****様 (2016/12/25)
コアミーニングという概念はとてもわかりやすく新鮮でした
長屋*様 (2016/12/25)
ありがとうございます!面白いです!楽しく英語を身につけて行きたいですね!
大石****様 (2016/12/24)
英語、そして言語が楽しく学べる内容でした。もっと先生の講義を聞いて学びたいと思いました。
大内*様 (2016/12/24)
フランス語を一番学びたいです。溝江さんの動画の中で、英語の35%はフランス語だと仰っていたのを見てフランス語由来の英単語を知りたくなり調べ、そこから学びたいと思うようになりました。また、フランス語は多国で話されているため、習得したら便利だと思ったのも理由です
mi*************様 (2016/12/24)
初めまして。巻山美由紀と申します。私は現在アメリカのニューヨークで俳優をしています。語学学校、アメリカの大学、演劇学校には10年以上行っていますが、未だに英語を流暢に話す事が出来ません。文法をいくら理解をしても気持ち、身体、リズムがバラバラで一体になりません。
NYに来たばかりの頃は全く英語を話す事が出来ませんでした。初めてお付合いをしたアメリカ人の男性に”僕は君の頭の中ではないのだからもっとはっきり言ってくれ”と言われてました。その時に英語はDoやCanの言葉。日本語は気。日本語は気を良く使う言葉だと気がつきました。私は物事を雰囲気、グレーな曖昧に捉えていてその事が癖になっていました。そのグレーの中に真実があると思っていました(今でもそう思っていますが。。)。コミュニケーションもはっきりとポイントを指す癖が全く出来ていませんでした。今でも苦手です。
"3の原則”DoとHaveとingの解説を聞いて私は涙が出ました。子供の頃にFrancoZeffirelli監督のRomeoandJulietの映画を見てなんて美しい響きの言葉なのだろう。moon.Adieu
字幕を読む事さえも出来ない年齢だったのに映画の世界全てを理解する事が出来ました。私はいつかこんな美しい言葉を話したい。世界に行きたいと願いました。後にシェークスピアの言語だと知って私の中のマジックが消え英語が魅力的ではなくなってしまい、文法を勉強していくうちに英語が恐怖に変わってきてしまいました。今回"3の原則”を聴講して英語の中に美しさがあった事を再び知る事が出来ました。私は改めて英語を愛する事が出来そうです。ありがとうございます。
佐藤*様 (2016/12/23)
breakという一つの単語にたくさんの意味があると、すべての意味を暗記する必要があって覚えるのが大変だ、厄介な単語だと思うところ、コアミーニングとなる意味を知ることで一つ一つ暗記する必要がなくなるというのは驚きました。
いままで聞いたことが全くないような英語の解説でとても新鮮でした。
國分***様 (2016/12/23)
教材と動画見ました。
とても分かりやすくて楽しく勉強出来ました。
新しい発見が沢山あって英語について益々知りたくなりました。
今は韓国語の勉強をしていますが、他にも色んな国の言語を早く学びたいです。
なぜなら、日本には入ってこないニュースなどの情報が知りたいからです。
でも、何ヵ国語も習得するとなると、私の場合、物凄く時間がかかってしまうのではないかと思っていました。
溝江先生のお教えならすぐに習得出来るのではないかと思い登録しました。
これからも宜しくお願い致します。
TT*様 (2016/12/22)
breakの意味と活用方法がとても分かりやすく、かつ印象に残る形で理解できました。
多義語について、もっと解説を聞いてみたいです。
見上**様 (2016/12/22)
breakの語彙の元々のイメージを知ることができてよかった。
多義語を考えていく場合、其語が元来持っているイメージを膨らませていくことが大事なのだとわかった。
言語学習を維持するためのモチベーションの持ち方を教えて欲しいです。
興味はあって、そのときはわかるけれど、中々続きません。よろしくお願いします。
斎藤*様 (2016/12/20)
僕は多言語スピーカーに憧れて、英語とフランス語を学んでいます。近い将来、世界中何処でも仕事で回れる。そんな人間になりたくて、溝江先生のYouTubeにたどり着きました。
とっても分かりやすくて一度に何ヵ国もの言葉が出てくることが、一番楽しくて嬉しいです。
是非、セミナーに参加させて頂きたいと思っています!
毎日送って頂けるメールをとても楽しみに、地頭を鍛えて、多言語スピーカーへ向けて楽しんで覚えたいと思っています!
横田*様 (2016/12/20)
ご担当者様
この度は非常に貴重なコンテンツを通して貴重な学びを与えて下さいまして心より感謝申し上げます。
以下、コンテンツに関する感想や企画についての私の意見等を記載させて頂きます。
年末のお忙しいところ誠に恐縮ではありますが、お手隙の際にご確認頂けますと幸いで御座います。
------------------------
(1)「動画についての感想」
コアミーニングという概念を始めて知りました。
確かに思い返してみると、前置詞を解説するテキストにはその前置詞のイメージを図で解説してあったように思うのですが、コアミーニングとは「単語が持つイメージを言語化したもの」といった印象を受けました。
そして溝江先生が動画で仰るように、言語化されたコアミーニングを理解しておくことで目や耳から入ってきた単語をイメージとして脳内に想起させることが可能になるのではないかと感じました。
コアミーニング、語幹の学習、その可能性の凄さに心躍りました、そしてそれと同時にそれらを学習してみたいという意欲が自分の中から沸き起こりました。
気になったのは、任意の単語のコアミーニングをどの様にして知ることが出来るかということです。
多くの訳語から帰納的に抽出するのか、単語の構成などから考えるのかと自分でも少し考えてみましたが、もし明確な方法が存在するのであれば、非常に気になるところです。
(2)「学んでみたい言語」
タイ語やアラビア語といった、表記が非常に難解な言語を学ぶ方法について非常に興味があります。
そのような言語を学ぶ際の方法につきまして、もし溝江先生がご自身の中に体系をお持ちなのであれば是非ご教授頂きたいと存じております。
(3)「今後やって欲しい企画について」
私個人としましては、自分なりの目的や目標を設定し、そこに対してどのような道のりを歩んでいくかという、「目的目標達成までの外国語学習の道しるべのような」学習の全体像を溝江先生のお考えの基に作成するという企画をやって頂けると非常に有難いかなと思います。
溝江先生が発信されているコンテンツというのは一つ一つが非常に魅力的であり、とても学習意欲を高めて下さり、なおかつ人生を変えるきっかけとなる内容だと感じております。
そのため、自分の目的および目標を実現する上で溝江先生がご教授下さるコンテンツをどのように段階的に学習していけばいいのか、そのようなロードマップ作成をすることが出来れば、学習意欲も高まり、その結果としての学習の成果も、そしてその成果がもたらす社会への影響もより素晴らしいものになるのではないでしょうか。
これは、私の想像で恐縮ではありますが、恐らく溝江先生ならびに溝江先生をサポートされている皆様にとっても目的として目指されることなのではないかと考えておりますし、さらに私に限らず全ての英語学習者の方々に言えるのことなのではないかと思います。
以上が今後の企画に関する私の意見となります。
もし何かしらのお役に立てれば幸いで御座います。
門松*様 (2016/12/19)
よく英語は表意文字の漢字と比較して表音文字と言われたりしますけど、LとRの解説を読んで文字自体もイメージできるような意味を持っているんだなというところに、これまでにない新鮮さを感じています。
最初は少し英語の復習でもできたらいいなくらいで、それほど思いを込めてこの講座を受講してみようとは思っていなかったのですが、これまでの自分の英語の思考回路とは違った新しい視点と仕組みで英語を学ぶことができそうで、もっと意識的にやっていこうと思いました。
新鮮な心持ちで英語を勉強できそうです。
どうせなら、大学で履修した第2外国語のドイツ語もいずれ復習してみたいですね。
今後の講座が楽しみになりました。
Ya******様 (2016/12/19)
l、rの言霊論は非常に興味深く読ませていただきました。幸田露伴の音幻論に通じる発想ですね。音素がこのように意味を持つ場合、これは他言語でも共通していると考えられるのでしょうか?例えばラテン語やギリシア語などでも?
英語以外ではドイツ語に興味がありますが、古典アラビア語の勉強がしてみたいと以前より考えていました。
Mo***********様 (2016/12/19)
音の持つイメージが万国共通だということが面白いなと思いました。
rの音は唸るようにとか、うがいをするように、と習いましたが、wを意識するほうが誰でも出来るかもしれないと思いました。
breakやhave、、、使う場面で訳し分けている語も、大元の意味を理解していればストンと腑に落ちますね。
英語とドイツ語を学びましたが、ドイツ語はすっかり忘れてしまったので、もう一度旅行できて、本が読めるようになりたいです。
ラテン系の言語も使いこなしたいです。持っているお菓子のレシピ本が読めるように!
メルマガの続きを楽しみにしています!
伊集***様 (2016/12/19)
コアミーニングを意識し、理解することで、語感が身につくというのは目から鱗でした。ありがとうございました。
此岸**様 (2016/12/18)
LとRの言霊を学ばせて頂きました。
語感について、「なんとなく性」というのは、しっくりくる表現であります。
言語だけの話では無く、エトス(行為様式)であったり、人の行動についても、共通する事柄に気がつきました。
例えば、ボールを使った壁当てなりスカッチュというスポーツをする際、壁に丸を書くと、何となく丸を狙いたくなることと、発音や言葉の語感から、何となくこの言葉の響きは、こういうイメージを持つ、という事と、共通する何かを感じたものであります。
有難う御座います。
合掌
天木*様 (2016/12/18)
breakfastの意味についての解説についてピンときました。
コアミーニングをとらえるのは難しいけれども、知った時の爽快感はとても大きいです。
私は現在、海外の大学院に行くためにTOEFLを勉強中ですが、単語を覚えるのにとても苦労しています。
今回での講義をもとに少し頭の整理をしてみようと思います。
ありがとうございました!!
Ju***様 (2016/12/16)
「英語以外の言語で、今一番学んでみたい言語は何か?(その理由は?)」
一つというのは難しいですね。溝江先生に興味を持ったのは先生の多言語習得というところですから。しかし、あえて言うと。
スペイン語です。アメリカで生活していて、スペイン語しか話せない患者さんと出会い、言葉がわかると信頼度も上がるだろうなあと感じています。以前は、アメリカには高度なバイリンガル、溝江先生の言う二つの言葉を獲得した人が、かなり多くいるので、どうせ、スペイン語頑張ってもその人たちに勝てないからなあとかそう言う発想になっていました。人工透析のインターンの仕事で、やはり完璧でなくてもスペイン語できた方がいいんだと言う気持ちが強くなりました。
次に興味があるのは、フランス語、よく英語は70%外来語からなっていて、その50%がフランス語というところからです。それとフランス語を話す人とfacebookでつながっているので彼らの言語でも話してみたいなあというのもあります。そして、イタリア語、美味しそうなものが多いから。それから学生時代の友人がロシア人でロシア語を覚えて彼を驚かせたいですね。彼がロサンゼルスで仕事で来た時、彼の奥さんはロシア語しか話さず、他のロシア人と固まって会話していたので疎外感を覚えました。ロシア語が出来るとそうはならなかったと思います。彼とはちなみに日本語で話します。
初めの文字そして初めの文字とのコンビネーションである程度意味が似たものが来るのには驚きました。語感というものですね。そういう発想ではみたことなかったです。Breakの解説も頭に残るようなウンチクにもなる話でした。
ここに期待するのは、英語の知識を他の外国語にトランスファーする手助けになるかということです。英語は、アメリカの生活で完璧ではないですが、生活には困らない。外国人としては出来る人のレベルにあると思います。日本語を話すことに驚く人もたまにいるので。英語は、時間をかけて出来るようになりました。少なくとも超速ではないです。他の外国語は英語ほど、時間をかけなくて効率よく使えるレベルまでなりたいなあという気持ちがあります。言葉を学ぶのに終わりのないのは理解しています。しかし、効率よくしかも楽しんで使えるレベルまでなりたいなあというのが本音ですね。英語で書かれた教材でもいいですし、母語で溝江先生のような解説で理解していくのもいいですし。どちらかというと力技っぽいこともしながら、とにかく続いたから出来るようになった英語とは、違う方法で、スペイン語、フランス語、イタリア語、ロシア語、ドイツ語ができるようになりたいですね。もちろん、同時にはしません、ライフワークまあ、それでも速習できたらと思います。
遠山**様 (2016/12/13)
こんにちは。
溝江先生の超越文法に接し、今まで丸暗記でマスターしようとしていた勉強法が身につかないことを実感しました。
言葉の深い意味や由来を知ることで忘れない溝江先生のお話は、毎回毎回言葉とはというドラマと接しているようで、とても興味深く知ることをワクワクしながら拝見しております。
これから新しい学びの世界へのドアを開けたような、楽しんで学べる機会と出会えたことがすごく嬉しいです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
山崎**様 (2016/12/12)
はじめて感想を投稿させていただきます!
メルマガと動画をすべて拝見いたしました。
溝江先生の優しいお人柄と、ゆったりしていながらも引き込まれてしまうセンスあるお話にはYouTubeも含めたいへんお世話になっております!
今後も楽しみながら拝見させていただきますので、スタッフの皆様も含めより充実した情報発信に期待しております!
よろしくお願いいたします。
谷田***様 (2016/12/12)
lとrの発音のお話、とてもためになりました!
ブル*様 (2016/12/07)
YoutubeのDr.イングリッシュシリーズも楽しく拝見しておりますが、どちらのコンテンツも英語だけにに限らない、”言語学”に対しての興味やモチベーションを与えてくれる素晴らしい内容だと思いました。
与えてくれるというよりも、自分の可能性や能力を引き出してくれる、という感覚が近いです。
3年前からフランス語を勉強していて、ずっとモチベーションが上がらなかったのですが、溝江先生の講義を聴き始めてからは勉強がとても楽しいです。
語学に限らず今まで習ってきた国語、数学、理科、社会などなど、あらゆる教科を溝江先生に教わっていたならどんなに授業が楽しかったでしょう。
次のコンテンツも楽しみにしています!
Ii****様 (2016/12/07)
コアミーニングのoutputです。
prescribe(前もって書いておく。処方箋など)
subscribe(誰かが書いたものの支配下にある→購読する)
postscript(後から付け足す)
などを思いつきました。
Ii****様 (2016/12/07)
箇条書きで恐縮ですが、以下の点ご教示くださり衝撃をうけております。
1.まず日本語を大切にすること(日本語が英語になりにくいので若干おろそかにしていました。)
2.カナダのフランス語優遇政策(英語や中国語がビジネスで優遇されがちですが、引き続き他の言語を学びつつける励ましをいただきました。)
3.英単語のコアミーニングScr英語だけではなくて他の言語でもこれが使用されているような。
wr何故Wが入るのかすっきりしました。「力みがかかる」から。
八嶋*様 (2016/12/07)
DarkLという言葉、初めて聞きました。これを知ったことだけでもリスニング能力が上がりそうです。
コアミーニングという考え方も初めて知り、もっと多くの単語のコアミーニングを知りたいです。
英語は、根性で暗記することが多いと思っていましたが、覚えやすい方法があるのだなと知りました。
これからも色々なことを学んで、英語に対する苦手意識をなくしたいと思います。
英語以外で学んでみたい言語は、アラビア語です。
理由は、最近の中東問題や、たまにTVで見たときに全く聞き取れないし、意味もわからないのでこういう言語を勉強するのも良いのかなと思ったからです。
ちなみに、この質問をされるまで英語以外の外国語を学ぶなんて考えたことはありませんでした。
本橋*様 (2016/12/05)
私は英語を35年以上教えていますが、教え方がうまいとは言えないです。溝江さんの分かりやすい教え方に感心しました。さすが言語学のプロだと思いました。breakに動物を馴らす意味があるのは知りませんでした。不勉強を恥じます。これからも初心に戻ってこの講座を受講して学び続けていきたいと思います。
本吉*様 (2016/12/05)
講座の1、2回を拝見し、中々斬新だなと思いました。と、同時に半信半疑な気持ちもあります。
自分にも出来るだろうかと・・・
ただ、目指すのは英語を喋れることではなく「能力開発」であるという考え方には、大いな期待感とともに賛同できると思いました。今後の講座も楽しみにしています。
Ii****様 (2016/12/05)
「今回の教材で一番印象に残ったところ」
音には言葉のニュアンスが含まれていること。
RとLの違いについて、よくどちらかはっきりしないと言われてしまうので、
意味を考えながら区別がつくように練習しようと思います。
「英語以外の言語で、今一番学んでみたい言語は何か?(その理由は?)」
今、スペイン語とフランス語に取り組んでいます。理由は、二つ。
1英語の精度をあげたかったから
2日本語英語以外のフィルターを通して世界を見れるようにしたかったから
現在この二言語+英語ですでに手一杯ですが、あわよくば、もっと他の言語も学びたいと思っています。(日常会話程度でいいので、音がゆったりして素敵なアジアの言語、スペイン語と似ているので、ポルトガル語、などを考えています。)
書き言葉と話し言葉の勉強法の違いはあるでしょうか。文法ができなければ話すことはできないとよく言われますが、作文だけでは話せるようにはなりません。私はこの二つは全く別の練習が必要に感じています。
阿部*様 (2016/12/05)
LRの話も大事なのが分かってるのにサラッとしか出来ていない。天地の話はわかり易くて、学生の時に聞きたかった事でした(笑)
もっと早くに先生の教えに出会えていれば、本当にやりたかった事をやれたのかな・・・
教育現場でも早く気づいて(気づいているけど変えてないだけ?)子供たちの無限の可能性を開いて欲しいと願います。
たな******様 (2016/12/04)
溝江先生ならびに山崎様
LとRについての講義を受けさせて頂き語学のイメージが変わりました
無機質なものが意味のあるものであると気付き少しまわりを見る目が変わりました
丸い、長いなどのイメージ私は英語の教員免許を取得しましたが知りませんでした
覚えて覚えて足りないを実感する毎日でしたが知ること、理解することが覚えるを凌駕するのではないかと感じました
コミュニーケーションしたいなとすぐに使いたいなと気持ちがおどっています
少しでもテストなどの点数ではなくできるを実感したいなと感じました
もっと語学を知りたい
今の正直な気持ちです
ありがとうございます
たなかゆうすけ
はた*****様 (2016/12/04)

英語学習の認識を反省した点に、自分は「動詞」をよくわかっていなかった。ということがあります。
日本語を習得していくときは、名詞。こと、もの、の、「名称」をとにかく覚えていったのだが、
英語の読む聞く書く話すをする上で「動詞」が大事なんだと認識し直すタイミングがありました。
これは、少ない動詞で、他の前置詞等を組み合わせて、様々な意味を表現することができる、
これに対する発見でした。なので、今回のように、動詞の本当に意味、本当の用法を身につけられれば
なるほど言語の習得というものは効率的効果的かもしれないと思いました。
LとRのレポートについて、
音本来の持つイメージ、我々は音声で、イメージを交換している、そういうコニュニケーション本来の
本質的なことが語られているようで、非常に面白かったです。
今後ともよろしくお願いいたします。
ka*******様 (2016/12/04)
こんにちは。
いつも今度こそは、と思いつつ
挫折しています。67才です。
現在週一で、教室で先生について友人と二人で学んでいます。
中学生の英語が、大事だと気付き再度チャレンジの意欲が、湧いて来ているところです。
言葉が、良く分からないままネパール、インドと七ヶ月間一人旅をしましたが、もっと喋れたらと感じ、優しいテキストの二冊目に入ったところです。
勉強に少しでも、エンジンを足して、少しでも早く喋れるという実感を持ちたいです。
もう一度、ネパールに行きますし、英語圏にも住むように旅をしたいのです。
宜しくお願い致します?
アベ*****様 (2016/12/04)
英会話を勉強しはじめて2年です。先生の解説はちがう視点からのもので、とてもわかりやすいです。コアミーニングの手法を取り入れて、語彙を増やしていきたいです。
馬場**様 (2016/12/04)
おはようございます。
この度は素晴らしい講座をありがとうございます。
LとRの言霊では今まで以上に舌の動きが分かった気がします。
仕事柄英語圏の方と交流することがあるので、役立てていきます。
多義語も解説も分かりやすかったです。
最終的な意味じゃなくて概念的な根っこを把握したら良いというのが目から鱗でした。
今後の講座も楽しみにしております。
よろしくお願いいたします。
ひが****様 (2016/12/03)
コアミーニング!超納得でした!
breakという単語のお話を聞いているだけでも、わくわくして、
もっと聴きたい、イメージしたいなと感じました。
何でも覚えよう覚えようとすることから解放されますね。
ちなみに英語以外に学んでみたい言語は、ドイツ語。
ドイツやスイスに学んでみたい政策があるからです。
メール講座、これからも楽しみにしてます!
たか*様 (2016/12/02)
英語を習得したいと思い、色々と試してきましたが
なかなか身につかず困っていました。
イメージで単語を区別するというのは良い方法だなと思いました。
今まで出会ったことがないものです。
また単語のコアな意味を覚えると確かに単語が変わってもイメージが
しやすいですね。
安東*様 (2016/12/02)
私は、
三十年以上も前のことですが、
「どうして自分は英語ができるようにならないのだろう」と、
学習法や教授法の勉強を少しやったことがあります。
その派生として、言語学や意味論、脳のことなどいろいろなことに首を突っ込むようになり、
しまいには、収拾がつかなくなり、いつも間にか、すっかり、英語ができないまま、
齢を重ねることになってしまいました。
このたび、溝江先生の教えにご縁があり、こうして、感想を書かせていただくようになったのですが、
当時の気持ちに再び火がついた思いがあります。
今度こそ、英語をはじめ、他言語を楽しく学ばさせていただき、
大いなる成果をあげることができれば、と、ひそかにわくわくしております。
これからの、ご指導、楽しみにしています。
よろしくお願いいたします。
大山*様 (2016/12/01)
非常に分かりやすいし、楽しく学ぶことができました!毎日楽しみに見させていただきます。
チョ*****様 (2016/12/01)
非常に興味深かったです。
英語をそれなりに勉強してきて何となく感じていたところをはっきり説明してくれましたので、スッキリしましたし、自分の英語全般に影響を与えてくれそうです。
短い講義でしたが、学習効果が高い講義であるとこを感じました。
菊地*様 (2016/12/01)
溝江先生
超越文法講座受講生のです。
コアミーニングの考え方はまさに目から鱗の情報でした!
学生時代、私は英語が嫌いでしたが英語を嫌う自分が
凄く醜いと思っていました。
なので、英語を好きになろうと必死に勉強して努力したのですが
いくらテストで高得点を出しても結局好きになることはありませんでした。
しかし、溝江先生の新しい英語の学習法に触れ、
英語に対する私の視点が劇的に変わりました。
英語の楽しさに気付けましたので、
ようやく英語と向き合えそうです^^
それと、課題の方をやってきましたので、
私が真っ先に思いついた「src」が付く単語を書きます。
scratch
scream
scribble
自分で書いてて思いましたが、
確かに「src」には”掻く”という意味合いが
込められているようです。
完全に私の思考が変わってきていると実感をしていて
凄く楽しい気分です。
明日も楽しみにしています^^
嶋本*様 (2016/11/30)
目から鱗ですね。
確かに、映画の言葉も英語で表示されていると簡単な単語が並んでいますよね。
長文になると考えすぎてわからなくなりますが(u_u)
1回目のアルファベットのイメージもとても納得でした。
これからが楽しみです。
ma*******様 (2016/11/30)
英語をこれまでと違った視点で教えてくださり、ありがとうございます。
右脳まで使っている感じがします。
引き続き学んでいきたいという意欲も出てきました。
私は今、中国語を学んでいるのですが、同じように学べるのでしょうか?
ぜひ知りたいです。
nn*様 (2016/11/30)
うわ!面白い!…というのが率直な感想です。
自分で学んでもとてもおもしろく参考になったのですが、これ、今ちょうど英語の勉強で苦労している
中学生の息子に是非とも見せてやろうと思いました。
学校ではこういうこと、全然教えてくれないですもんね。
だから毎回英単語では苦労し、発音がわからないと言ってはイライラし、英和辞典を引いても
「この単語にはどの訳が合うのかわからない」といって、勉強を放り出してしまうんです。
でも溝江先生の講義の内容だったら、とても分かり易く、すんなりと頭に入ると思います。
これからこの講座を息子と共に見ていくことで、息子の英語の成績がどこまで上昇するか、
非常に楽しみになってまいりました。今後共よろしくお願いします。
北島*様 (2016/11/30)
興味深く拝見しました。これまで自身としてはタガログ語に取り組み、現在はインドネシアに断続的に滞在しながらインドネシア語を学習しています。英語は中学の時に英検に申し込むかどうかという時に今後英語を習得するかどうかを決定しましたが、学校で学ぶ英語はまず文法用語で使われる日本語の意味が分からず、楽しくもなく、これは身につかないと判断し英語学習をあきらめました。しかし初めて海外へでて言語を学ぶ中で、いかに英語が世界共通語として使われており、なおかつ自分の身を守るものになり得るかを実感しています。
今回この教材を拝見して、このような方法で言語を学ぶのが一番身につくのではと感じました。単に単語を全て覚えるよりも、言語をいわば一つの生きた連携しあう体のようにとらえることでつながりやなりたちが大変理解しやすいとかんじました。できるものなら母国語の日本語もこのように理解し説明できるようになりたいと感じます。現在、身に着けたタガログ語で翻訳の仕事を始めることを考えていますが、タガログは語彙が少ないので英語の文や単語を沢山補うことでより自然なタガログになるという不思議な言語です。なかなか多忙なので時間を見出しながらですがこの英語学習方法で身に着けてゆきたいと思います。素晴らしい情報を提供してくださりありがとうございます。
林 **様 (2016/11/30)
英語の講師をしております。丸暗記からの解放は重要ですよね。
こんな風に根から枝葉に伸びるように教えられたら生徒たちも覚えが早いと
思います。ありがとうございました。
内田*様 (2016/11/29)
こんにちは。はじめまして。
有意義な講座をありがとうございます。
今までに目にした事がないもので、とっても新鮮に感じました。
既存のただ丸暗記の方法ではつまらなくやる気が起きませんが、こういった方法というかアプローチというか、があるんだなあと驚きを覚えました。
「ブレイク」ひとつとっても、そんな意味というか使い方、とらえ方があるんですね。始めて知りました。
外国のドラマとか、字幕がないDVDでも意味が分かったらな、と思った事がありましたが、今更英語や外国語を覚えるのは大変だし、諦めていました。
ですが、このような方法なら面白そうだし興味が持てます。もしかしたら今からでも英語他を習得出来るかもと期待が持てました。
次の講義も楽しみにしています。
香川*様 (2016/11/29)
英語が苦手で全く話せないけれど、話せるようになりたいとずっと思ってます。
知り合って20年以上になる韓国人の友達とも自由に話せるようになりたいのに、全く会話になりません。
能力開発に興味もあります。
宜しくお願い致します。
Bo******様 (2016/11/29)
はじめまして、まだ1回目なので回答は控えさせて頂きます。
高野*様 (2016/11/29)
L、Rの言霊が良かったです。イメージから入るととても覚えやすいです。他の単語も是非行ってください。それから10分で100の単語を覚えるというのに興味があります。こちらもそのうち講義していただければ嬉しいです。今後の内容も楽しみにしています。ありがとうございます。
濱野*様 (2016/11/29)
単語ひとつにもたくさんの意味があり、前後の単語でその意味を推測できることに気づいたことは収穫だった。
ササ*様 (2016/11/29)
初めましてといいます。
現在58歳でこの年になると英語には億劫になっていました。
今更という気持ちでいっぱいでしたが、話せればいいなあとは
事あるごとに思っていました。
今回、超越文法に接する機会が有りどんなもんなんだろう?
本当に英語が話せるようになるのかなあ?と疑問たっぷりでした。
RとLについてなるほどと感心しきりです。
この先どうなるかわかりませんが、話せることができるようになれば
いいだろうなあとこの先も頑張ってみようと思います。
これからもよろしくお願いします。
榎本*様 (2016/11/29)
溝江先生
初めまして。お世話に成ります。<(__)>
素適な、メルマガ&YouTubeをありがとうございます。
楽しく拝見させて頂きました。
コア・ミーニングを押さえると、暗記を少なくして
意味が推測しやすくなるって、とっても素晴らしいと思います。
暗記の苦手な、私にとっては非常に有難いノウハウです!(^^)!
量的にも、仕事から帰って来て、一息つく間でも可能な量なので
毎日習慣化していけるのではと、期待しています~♪
今一番、興味があるのは、フランス語です。
というか、シャンソンの知的で、アダルトで、優しく美しい響きに
魅せられて、第二外国語にフランス語を取ったのですが
(というか、時間数の違いだけだと勘違いして、高校でやってもいないのに
第一外国語に取ってしまい、ついていけず、単位を取れるかも危うかったです・・。(+o+)(^^ゞ
1曲で良いので、シャンソンが歌えるように成ったら、ステキだなあって思います!
それと、もう一つは、フランス語や、イタリア語、スペイン語、ギリシャ語、
ルーマニア語、ドイツ語、ロシア語、等々のメニューが読めたら嬉しいなって思います。
写真付きで、教えて頂けると嬉しいです。!(^^)!
ちなみに、新入社員で初めて接待の末席に連ならせて頂いた時
メニューが全然わからなくて、HeartSaradaというのを名前がかわいかったので
選んだら、レタスの輪切りが出て来ちゃって、食べにくいは、恥ずかしいわで、、、
あの時の気持ちは、いまだに忘れられません・・。
溝江先生のグローバルで本質を突いた、面白い視点のお話
期待しています。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
m(#^.^#)m
宇井*様 (2016/11/28)
breakfast、いいですね。
言語って面白いんだなって思いました。
影沢*様 (2016/11/28)
英単語にはコアな意味があって、日本語訳にするときに複数の意味になってしまうという話を聞いたことがあります。
今日動画での講義は正しくそれと同じで、単語を覚える時には、コアな意味をイメージできれば細かい訳は覚えなくてもいいと思います。
「LとRの言霊」分かり易かったです。Lの前に小さなヌを入れるというのは初めて聞きました。(Rの前の小さなウは有名ですが)ぜひ使ってみます。
ありがとうございました。
菊地*様 (2016/11/28)
溝江先生
初めまして、この度「超越文法メール講座」に登録させて頂きました
と申します。
溝江先生の解説大変に面白かったです。
特に「breakは連続した事柄を遮断する」という説明が
非常に印象的です。
breakは”壊す”という意味合いが私の中では強かったので、
大変勉強になりました。
ただ、暗記するのではない溝江先生の記憶術は本当に参考になります。
これからも学んでいきたいと思います。
次回も楽しみにしています。
堀勝*様 (2016/11/27)
言葉の音で何となく意味があるというのを具体例を挙げて説明していただけて、すごく分かりやすかったです。
難しいLとRの発音のコツが、
LのライトL(ヌを先に小さくつける)
ダークL(ゥ)
R(ゥを先につける)
と分かりやすかったです。
対訳が多くある単語は覚えるのが大変というイメージでしたが、
コアミーニング、イメージで捉えたら、かえって覚えやすいということが分かりました。
アルファベット1文字1文字や、2文字組み合わせでの意味
GLやGRのような話を、もっとたくさん教えて欲しいと思いました。
ありがとうございます。
これからも楽しみにしています。
中森**様 (2016/11/27)
講義有り難く拝聴しております。
以前に英和辞典を引いていた時に、その単語の持つ意味が複数あることから、「あ、〇〇=△△と言うような英単語の和訳ではなく、その英単語のコアな意味を覚えれば使いやすいかも?」(動詞を覚える時でしたが)
と感じた事を記憶しています。
今回のコアミーニングの項では、その単語の持つスペルの共通点をお話されているところに非常に興味を持ちました。
この先も楽しみにしております。
ありがとうございます。
村田*様 (2016/11/25)
breakfastは私も自分で考えてそう思っていました。飼いならすは、知りませんでした。
kやcに世界共通イメージがあるとは知りませんでした。
やはり、たくさんの言語を習得されていらっしゃると、視点、観点の角度が変わって面白いですね。
川本*様 (2016/11/24)
自分が全くもって考えたこともない方法で英語を理解できることを教えていただき、感謝でいっぱいです!これからもメールを講読しながら勉強したいと思います!
私が英語以外で学んでみたい言語は、中国語です。一度は勉強したことがあるのですが、難しさから逃れてしまい結局断念してしまいました。やはり海を跨いだ隣国ですので、日本にいるなら多くの中国人と関わる機会があると思います。将来の付き合いを円滑にしていくためにも、勉強したいなと考えています。
千葉*様 (2016/11/24)
裕貴と申します。
英語をイメージで捉えることで丸暗記から開放されるというのが
物凄く理解できました!
僅か数分程度の動画とpdfでこれだけのことが覚えることができて
楽しい気分です。
英語だけを理解するだけでなく他のことでもこの理解力を使えるようになると
本当に記憶から忘れられないと思いました。
でもコアミーニングを理解するにはもしかしたら
想像力といいましょうか、連想とか発想のイメージトレーニングも必要なのか?
とも感じます。でもそれは楽しいので続けられそうですね
とても良い勉強になりました
ありがとうございます!
Do*様 (2016/11/24)
ブランドは極力一つの意味しか持たせないように努力する、という言葉がとても印象的でした。
英語も日本語同様、多義語があることをなんとなく忘れていましたので、この多義語の動画には
ハッとさせられた思いです。
今後のメルマガも楽しみにしています。
稲垣**様 (2016/11/24)
今まで、単語を覚えようとしても覚えることが出来ませんでした。
先生の言っていたとおり、いろいろな意味があることにふりまわされ、コアの部分があることすら気づいていなかったように思います。
これからは、楽しく、単語の意味に気づきながら英語を勉強していきたいと思います。
Do*様 (2016/11/23)
気軽に拝見できました。初めて聞くイメージの仕方に思えました。先生の話し方も好きです。
私は、何度も英語学習にチャレンジするのですが、続きませんでした…。
ですが、やっぱり話したり洋書を読んだり、海外のサイトを読めるようになりたいです。
ku******様 (2016/11/23)
日本語の部首と同じような意味合いの考え方が、英語にもあるとは驚きました。
山口*様 (2016/11/23)
ブレックファーストの事を説明した時など
とてもいいとは思い
なるほどとおもいました。
ただ、他など全てを含めると全体的に短すぎ、早口すぎる気がしました。
草野****様 (2016/11/23)
KとMNのイメージ、LとRの発音、コアミーニング、なるほどです~!
今野*様 (2016/11/22)
溝江達英さま
このたびのご教示、ありがとうございます。拝見しまして、素晴らしい方法と思いました。もっと学びたいと思います。常日頃、欧米人がひとりで何か国語を話すことに対して、絶対に何か特別な方法があると思っておりました。今まで数度、英語の習得を目指したことはありますが、努力を続けなかったのは、その思いがあったからです。仕事をしていますから、最短で習得する方向に向かって、正しい努力をしていきたいと思うのです。
私は50代女性で、革製品のお店を36年間経営し、自ら顧客のコンサルティングを行い、専属職人たちに日々新しい革製品を作らせています。そのコンサルティングが、製作上の90%を占めるといっても過言ではないくらい重要で、製作方法とともにピークに達したので、この仕事をを同じ方法で海外でもやりたいと思い、今回はまず、文法からやり直し始めました。リスニング、スピーキングと進めていますが、最近では音として聞き取りできても、単語力がなく意味が分からない、という悔しい思いをしています。ぜひ、この方法で学びたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
ひろ子
中川**様 (2016/11/22)
私は現在フランス語を習っていますが全く単語が覚えられず大変苦労してます。フランス語を習い始めたのは、息子の友達の母親がフランス語圏の方で日本語が話せず、挨拶だけでもフランス語で、少しでも話せたらよいかなと習い始めましたが、その家族が他の国に引越ししてしまいフランス語を勉強する必要がなくなり半年が経ちました。フランス語学習を辞めるか悩んでいる最中にこのサイトに出会いました。サイト、動画、PDF、メールを拝見して頑張ってみようかなという気持ちになって来ました。学習のやり方が間違えていたのかな?とも思いました。頂くコンテンツの数が増えれば勉強のやり方も見つかる気がしました。幼稚園まで落とすが印象的でした。今後ともよろしくお願い致します。
中倉*様 (2016/11/22)
こんにちは、初めまして。
ドイツ語の詩が好きでドイツ語を学びたいと考えていながらも、仕事でフランス語に接する機会がある為、フランス語を先にやるべきかと悩んでいた者です。
フランス語レッスンで検索し、いろいろ関連動画を視聴しているうちに溝江先生の動画にたどり着きました。
語学を一つに絞らずに学べる点、パズル的な解釈が大変わかりやすく、すぐさまメルマガ登録させていただきました。
いろいろ学ばせていただいたいと思います。
良いと思った点は
・パズル的な思考(しかしそこまで複雑ではない)
・動画の程よい長さ
・明るい講義
営業ツールとしての語学のみならず、語学の面白さをとことん突き詰められそうな気がします。
これからもよろしくお願いいたします。
八城*様 (2016/11/20)
英語を漢字のように見る事で暗記から解放されると云うのは金言でした。
わたしはフランス語を勉強していますがフランス語でも当てはまるのでしょうか。
唐津***様 (2016/11/20)
すごく面白くて目からウロコです!
もっと分かりやすくまとめた先生の話を聞きたいです!
山野*様 (2016/11/20)
2回目読ませていただきました。
9歳までに習得できないと、勉強のやり方を変えないと難しいという話、納得しました。
そして、日本語の大切さも改めて実感しました。
ありがとうございました。
sa****様 (2016/11/19)
2日目!
やはり思考なんですね!
今までと違うアプローチを心がけて日本語以外の言葉を話せるようにしていきたいです。
とても参考になる記事を読ませて頂きました。
ありがとうございます。
門田*様 (2016/11/19)
英語以外の言語で、今一番学んでみたい言語は何か?(その理由は?)
スペイン語です。只今勉強中でもあります。
英語とスペイン語と中国語は覚えたいと思っています。3つの言語が話せると世界中のほぼ何処でも旅が出来ると聞いていますので。
香取*様 (2016/11/18)
PDF資料の「LとRの言霊」は、初めて聞く考え方で、大変興味深いものでした。ある種の音に対する普遍性のようなものがあるということでしょうか。面白かったです。このような語源というか、人類の共通意識・共通感覚のようなものから言葉を理解する楽しさを感じました。
多義語については、暗記が大変で、せっかく覚えても違う意味で使われていたりすることもあるので、学生時代、単語を覚えるにはいったいどのくらいの暗記をしなければならないのかと、いらだったこともありました。スペル、発音、語法に加え、意味が複数あるというわけですから。意味を間違えたりすると、スペルと発音を覚えた苦労も無駄になったように感じました。しかし、コアミーニングという考え方ですと、単語をイメージとして理解することができるので、たいへん効果的だと思いました。
これからも動画を楽しみにしています。
ありがとうございました。
鈴木***様 (2016/11/17)
斬新的で、文化から学べるので優れていると思いました。
とても良い講義です。
しかし文章が長すぎるので読むのが疲れました、もっと短くしてほしいです。
講義も時間がかかるので、2倍速とかをつくってほしいです。
六然*様 (2016/11/17)
尖った画像と丸めの画像の名前の付け方はどこかで見た記憶がありますが、
GRとGLの違いに対する着眼点は、なかなか興味深い話でした。
元々は、フランス語を勉強しなくてはならない事情があり、YouTubeの画像等を見ていて、「フランス語と英語を同時に…」という溝江博士のモノを見つけたのがこの講座参加のきっかけです。
博士は、「子音に注目する」事を強調していらっしゃいました。小生少しばかりアラビア語を勉強したのですが、「子音に注目する」「動詞の変化から主語を類推する」など、確かのそうした着眼点から英語やフランス語等を見直してみると、子音による共通性というのが色々見えて来て、目から鱗でした。ちょっと先行きが明るくなった気がします。ありがとうございます。
ところで、ひとつ質問なのですが、この超越文法メール講座は無料なのですか?それともこのまま続けて読んでいるとなんらかの料金が、発生するものなのでしょうか?
sa****様 (2016/11/17)
この度は、興味本位から登録させていただきました。
正直、英語と触れ合うことが今までより増えてきて話せないことが悔しく思っていました。
LとRの発音も無意識すぎて気を付けることもなかったのでこの記事を見させていただいてイメージがつけやすかったのです。
コアミーニングも分かりやすかったです。
ここからスタートしていって次へのステージに前進していきたいです。
平岡*様 (2016/11/17)
LとRの違い、それぞれの発音の仕方、イメージの話は、目からうろこという感じでした。
こういうところから英語を解説していただくと、右脳も使って、潜在意識の方に英語がインストールされると思います。
また、breakの様々な意味が「継続性を断ち切る」というコアミーニングですべてつながるというところも、知的好奇心を刺激され、また、今後の英語学習に敷衍できる話だと感じました。
今後の展開が楽しみです。
ありがとうございました。
たか**様 (2016/11/17)
単語の表面的な意味だけでなく、中核となるコアな意味を理解することで、
より正確な理解ができることが分かりました。
それによって、初めて見る表現でもある程度、類推できそうなことが分かりました。
breakawildhorseの説明は特になるほどと感じました。
このような形で代表的な単語について中核の意味を知ることができると、より英語が理解できて楽しそうです。
北原*様 (2016/11/16)
中国で生活をすることになり、母国語以外の言語でコミュニケーションを取る場面が増えました。
勉強を始めたばかりですが、他言語を習得することに興味を持ったので、言語学に興味を持ちました。
英語、中国語、これから学んでいくためのヒントを得られたら嬉しいと思います。
田中***様 (2016/11/16)
子供達に英語を指導しております。
幼児期から小学校低学年までへの発音指導(フォニックスを用いております)では、私なりにアルファベット持つイメージを伝えるようにしており、溝江先生が説かれる『文字の持つイメージ』にとても共感すると共に、L、R以外のアルファベット持つイメージをもっと知りたいと思いました!
更に、動画での「コアミーニング」については、言語学者である先生だからこその、広く深い情報から解説をされているもので、深く納得いたしました。小学校高学年から中学生に至っては、単語の由来や、本来の意味など「何故そうなのか」という情報を与えると、子供達はとても興味を示し、よく定着します。「何で?」と聞かれても「そう作られたから」としか答えられない自分が悔しい事があります。
ネイティブに聞いたところで、納得のいく説明を得られたことはありません…
「文字の持つイメージ」も「コアミーニング」も、『イメージで捉える』という共通した感覚であるように私自身は感じました。そうやって言語を習得することで、使えるコミュニケーションツールになり得るのだと思います。
丸覚えでは言葉として使えないのだ、ということを証明して頂いているように感じます。
ありがとうございました。
いし**様 (2016/11/16)
はじめまして!
吸い込まれるように動画やPDFを拝見いたしました。
このサイトにたどり着けた自分の幸運を幸せに思います^^
breakfastこの意味新鮮すぎます。
そしてこれ以上の情報をもっと沢山知りたい、学びたいと思いました。
溝江さんについていったら
英語どころか、そのほかの言語まで話せるようになる気がします。
はやく次の動画が見たいです!!
どうぞよろしくお願いします?
阿部*様 (2016/11/15)
初回から抽象度の高まる講義で、思わず居住まいを正しました。
コアミーニングという概念を知ったお蔭で、言語に対する理解が
深まりました。
これからどのような講座になるのか、とても楽しみです。
柴田*様 (2016/11/15)
私は子供に教える為に英語に興味を持ち始めました。
生活の中で使えるようになりたくて、色々模索していたところ、溝江先生のお話を聞いて、こんな覚え方があるんだ!と感動しました。
自分でももしかしたら英語が話せるようになるかもしれないと少しの希望を持たせていただいた事に感謝しています。フランス語にも興味が出ました。
佐藤*様 (2016/11/15)
今回は、コア・ミーニング(本質的意味)の感想です。
今回の音声講義を聞いて思ったのは、単語の本質を知ることが大切だとわかりました。単語の本質を知ると英単語を覚える苦労が減りそうです。もっと英単語のコア・ミーニングを知りたいと思いました。
齋藤*様 (2016/11/15)
凄い??凄すぎる??
brakeの活用だけで色々な言葉が
簡単に覚えることができるなんて!
またLとRの意味を知ることで
単語の意味が覚えやすいことが
分かり、非常に楽しく
あっという間の時間が経過しました。
今までの暗記は何だったんだ!
と感じました。
浦中*様 (2016/11/14)
今回LとRの発音、多義語に関する動画を見て、英語を覚えようとするのではなく、自然と頭に残るような学び方があることに、正直驚きました。
今後のメール講座が楽しみです。
来年、アメリカで開催される7日間のトレイルレースに参加することになりました。海外のランナーばかりが参加する大会なので、ただ走るだけではなく、積極的にコミュニケーションが取れるように英語を学びたいと思っています。
これからよろしくお願いします。
田中*様 (2016/11/14)
英語は長いあいだ勉強してきていますが、できるという自信がないんです。
このコンプレックスがなくなり、自信が持てるようになれそうな気がしています。
これからのメールが楽しみです。
松井*様 (2016/11/13)
英文を理解するのにとてもわかりやすい講義でした。
英単語のコアミーニングを理解することは自分の中になんとなくあったのですが、改めて理論的に説明されると腑に落ちます。
英単語、英文ってそういう構造になっているんですね。
三根*様 (2016/11/13)
breakが「続いているものを断ち切るという意味があることで、目的語に応じた訳がすんなりできることに驚きました。何と楽しい授業なのでしょうか!こんな授業は受けたことがありません。回数が多くなるにつれ頭の使い方が自分なりに変わってくるのではないかというスゴイ期待感が出てきました。今後共楽しみにしています。
牛山*様 (2016/11/13)
溝江博士のお話し、とても興味深く拝見しました。理論的でとてもわかりやすいです。
英語学習には何度も挫折している私で、家族の中で自分が一番話せない人なので、チャレンジしてなんとかレベルアップしたいです。
他の言語では、フランス語をもう少し話せるようにしたいと思っています。
理由は、今までフランス人のホームステイを受け入れる機会が何度かあり、また受け入れる可能性があるからです。
現在幼稚園で働いていますが、こんな田舎でもだんだんいろいろな国籍の子が入ってくるようになり
ご両親や祖父母の方に、もっとお話しできたらと思う機会も多くなりました。
まずは英語ですが、楽しみながら学び、いろいろな方とコミュニケーションをとれる自分を目指したいです。
金子*様 (2016/11/13)
この度は、超越文法音声講義とレポートのサービスをありがとうございました。
LとRの文字が持つ意味合いの話は大変興味深く、それぞれの文字が含まれた単語が脳裏に映像化されくっきりと残りました。
またLは前にnを意識して発音すると大変発音しやすく、Rも口を小さく窄めることを意識すると発音が上手になったような気がして嬉しく思いました。
私は今フランス語を学び始めたところで、溝江達英様をYOUTUBEで知りました。脳科学まで取り入れた講義は大変わかりやすく、お話のテンポが大変好きで、無料講義を体験させていただきました。
大変素晴らしい講義をありがとうございました。
石川****様 (2016/11/13)
私は現在59歳
英語を話したくて30代に専門学校に通ったり
聞き流しの教材を購入したりしましたが
聞き取ることが難しくて諦めました。
新田様のメルマガでこの講座のことは随分前に知ってはいたのですが
諦めの気持ちが強かったため見送っておりました。
今回試聴があったので申し込ませていただいたのですが
RとLの発音の違いを実にわかりやすく教えていただき
まさに目からウロコの感でした。
そして多義語のbreakもすんなり理解!
英語が「面白い!」思ったのは初めてです。
この講座の申し込み真剣に考えさせていただきます。
山野*様 (2016/11/13)
多義語の話、とてもわかりやすかったです。
核、芯になる意味を見つけてイメージして文の全体の意味を考えるということですね。
濱口*様 (2016/11/12)
たった2通のメールで、かなり目からウロコです!
英語はもちろん興味がありますが、独学力にも同じくらい惹かれています!
僕は記憶するのが苦手なので、覚えている単語が増えれば英語に有利だろうというのは分かるのですが、どうもやる気が出ないんです。
ですが、rとlの話を読んでかなりハッとさせられました!
僕が知りたかった方法はこれだ~!!!
といった感じです楽しく学べました(^^)
このあとの講座も楽しみにしております!
山本*様 (2016/11/12)
k音には鋭さをb音にはだらしなさを感じるのが
日本人だけでなく、外国人も同じなのが
とても興味深かったです。
ま*様 (2016/11/12)
kの音、mの音の話。
名前と性格も一致するような気がしす。
カツオ君やケンジ君、とマサオ君やナオヤくん。
一概には言えないかもしれせんが、k音とm音の特性が反映している気がしす。
言語と音の関係、非常に興味深く、もっと知りたいと思いした。
伊藤***様 (2016/11/12)
初めまして!
メール講座1.2を読み感想を書かせて頂いてます。
LとR発音の違い
面白かったです!
難しく考えてた事に気づきました。
こんな感じで学べるなら
楽しく吸収出来そうだなー
と言うのが今の感想です。
他にも学びたい語学は
中国輸入をしたいので中国語も
話せるようになりたいなー
とは思うのですが、英語以上にヤル気出ません(笑)
まずは英語を話せるように
の目標で進んでいきたいですねー(*´ω`*)
結城**様 (2016/11/12)
breakawildhorseが野生の馬を「飼い慣らす」という意味になることに驚いた。break一つでこんなにたくさんの意味を持つということを知り、もっと他の単語のコアミーニングも知りたくなりました。
鈴木*様 (2016/11/11)
音声講義&レポートをありがとうございました。
こういう本質をついたお話は大好物です。
先生の声が大変耳に優しく、口調も穏やかで
お人柄が現れているのも好感が持てました。
徳*様 (2016/11/11)
単語の意味を中核でとらえるという方法が非常に興味深かったです。
これまで多義語の意味を一つずつ覚えていたのですが、その必要もなくなりそうです。
阿部*様 (2016/11/11)
英語の多義語の動画がおもしろくてためになりました。
確かに言葉のコアの意味を知っていれば、いろいろな使い方があっても理解できるような気がしてきました。
ただ、私の場合は日本語に置きかえる時は、よく考えて判断してしまうので時間がかかってしまいそうです。
松浦*様 (2016/11/11)
貴重なセミナー、ありがとうございます。
LとRの前に「ネ」と「ウ」をつける、とてもわかり易い、やり易かったです!
英語以外の言語で、今一番学んでみたい言語はフランス語です。
なぜなら、英語の次に世界で2番目に影響力があるとされている?からです。
例えば、ホームページや動画の配信・電子書籍など、英語とフランス語版も出せば
もっと多くの人にリーチできるなと思いまして。
ストレスなく世界各国の人々と交流できたら、人生が何倍にも広がりそうです。
今後も楽しみにしています!^^
おか**様 (2016/11/11)
音声講義を聞いて、なるほどと思いました。
コアになる部部の意味をつかめば、その文脈に沿って意味を理解できるようになるのですね。
いちいち一つ一つの意味を覚えることをやっていたこと自体に無理があったと理解できました。
LとRの言霊についてはレポートもリンクがきれていて読めませんし、動画もないようなのですが・・・
横谷*様 (2016/11/11)
1つ1つの単語を丸暗記するのではなく、その言語の根本となる考えを
イメージでつかむというのは今までにない勉強法だと思いました。
これなら、少しの単語で色々と応用できそうですね。
次回が楽しみです。
松原***様 (2016/11/11)
コアミーニングを覚えて、あとはそれを応用して当てはめていくという考えが非常に面白いと思いました。
受験勉強でこの覚え方をするのはちょっと怖いですが、社会人になった今はこういった感覚的な(?)覚え方をするほうが楽しいですし、どんどん英語の世界が広がっていきそうでワクワクしています。
上條*様 (2016/11/11)
イタリア語を母国語のように話せるようになりたいです。
日本とイタリアを行き来できるような
将来、そんな暮らしを送りたいと思っているからです。
鉛筆*様 (2016/11/10)
ブーバとキキの問題ですが、僕は人とは違った感性を持っていたようで少しショックでした。ポケモンでブーバーという炎系のモンスターがいるのですが、その感覚から赤色を選びました。キキではなぜか自然のイメージが頭に浮かんできたので、緑を選びました。形というよりは色で問題を選びました。
英語以外で学んでみたい言語はフランス語です。フランス語にはセクシーなイメージがあるので、使えたらちょっといいかなって思う不純な理由です笑。
山際*様 (2016/11/10)
大変興味深い内容でした!
LとRの違いは、一般的に言えば舌をつけるつけないに終始した説明が圧倒的に多いのですが、今回の教材では文字のイメージを使って、その違いを説明されていました。今だかつて、この様な説明を聞いた事がなかったので、インパクトがありました。そして、記憶にも残ると思いました。何か、根本的なルールを教えて頂いたようでイメージでゲームをしているような感覚になりました。面白いですね!Rが丸い感じでLは細長い感じですね。これだとすぐに憶えて、忘れにくく言語って面白いなあと思いました。今までは面白い英語の教材がなかったので、面白いと思えたのが画期的ですね。
動画の方ではコアミーニングの事を解説されていましたが、これも単語の根本的な意味を教えて頂いたので前にくる言葉が変わっても、なるほど意味が分かりますね。今までだったら、単語の意味を記憶して憶える事が多かったので、前にくる単語によっては全く意味が分からなかったりするのですが、このコアミーニングの意味を憶えれば、広く色んな単語と組み合わさっても、おおよその理解が出来て意味が分かるんだろうと思います。こちらの動画も、大変興味深かったです。
今後企画してほしいのは、英語の文章を早く読んで理解するにはどうすれば良いのか、そのための楽しい企画があれば嬉しいです。(最近、ネットで海外のサイトを見るんですが、長文だと時間がかかって途中で挫折する事が多いので。)
泉*様 (2016/11/10)
溝江博士、山崎さま
初めまして。
と申します。
レポートと音声講義ありがとうございました。
僕は中卒で中学時代も
全く勉強なんてしたことがなかったので
正直中学英語レベルと言われても
難しそうだなと思っていたのですが、
レポートでイメージで覚えるというのを見て
とてもわかりやすかったです。
Rは丸っこい、Lは細長いイメージって
言われたら誰もが本当だと気づくのに
言われるまで聞いたことがなかったです。
英語とかって英単語を何度も書いて
暗記しないといけないイメージしかなかったのですが、
イメージで覚えることで暗記する必要なんてないんだとわかりました。
とてもわかりやすかったです。
次のメールも期待しています!
高井*様 (2016/11/10)
初めまして。と申します。
【今回の教材で一番印象に残ったところは】
PDFではブーバとキキの部分
動画ではbreakahorseのくだりがとても印象深かったです。
ただ、breakfastについては少し納得いかない感じしましたが、
そういうものなんだと覚えておきます。
次に、今回の企画に関してです。
こういう企画をする事で、メールの返信ハードルを下げる意図もあるんじゃないかな?と思いました。
-------------------------------------------------------------------------------
【英語以外の言語で、今一番学んでみたい言語は何か?(その理由は?)】
ここでいう言語として適しているかはわかりませんが、
個人的には、プログラミング言語を学んでみたいと思っています。
理由としては、僕はcyfonsを使わせて頂いているのですが、
もう少し自分なりにカスタマイズできたら良いなと思った次第です。
調べながら少しずつ変えたりはできるのですが、本格的な変更が出来ません。
例えば、PayPalの定期購読に自動で返信メールが送られるようにする等ですね。
そういうツールは他にあるようですが、APIの関係上どちらかしか使えないので。
そういった理由から、プログラミング言語を覚えたいと考えています。
-------------------------------------------------------------------------------
最後に、
サイドバーのLとRの言霊からリンクに飛ぶと、
ここでは超越文法の基礎レポートの閲覧が可能です。
というページには行けますが、
レポートの閲覧はメールから直接飛ばなければ見られませんでした。
僕のパソコンの問題かもしれませんが、
気になったので記載させていただきます。
以前より、超越文法に興味があったので、
こういう機会をいただけてありがたく思っています。
本当にありがとうございました。
橋本**様 (2016/11/10)
GとLの発音とか,とっても目から鱗でした。また,コアミーニングでイメージで憶えるとか,もっと知りたいと想いました。
齊藤**様 (2016/11/10)
LやRに語感があるのを始めて知りました。LとRの発音の区別も大変わかりやすかった
と思います。また、接頭語+語幹+接尾語などで記憶する単語集もいくつか見たことがあり
ますが、正直覚えるのが面倒くさい感じがしていました。
しかし、このセミナーのコアミーニングの説明は何故かすっきりと頭に入ってきました。
同じ内容を説明していると思うのですが、説明するときに語句やイメージの説明の仕方
の差かもしれません。語源で覚える単語集ももう一度読み直してみようと思います。
<英単語を漢字のように見る>という概念はとても面白かったです。
また言語直感はなるほどと感じられて、面白い読み物を読んでいる感じで楽しく理解でき
ました。
石塚*様 (2016/11/09)
違った角度から学ばさせて頂いております。
やはり勉強には柔軟な頭の使い方が必要と
実感させられます。
ありがとうございます。
大平**様 (2016/11/09)
単語のコアを理解することによって、多義語であっても使われている文章中での意味をとることができるのは、画期的な学習法だと思います。これまで、丸暗記するしかないと思っていた領域ですので、覚える量が少なくなり、非常に優れていると感じました。
-*様 (2016/11/08)
toとforの違いが動画を見て、まだぼんやりですがだんだんわかってきました。
toは向き合う。forは対象に向かうといったところですね。
池田**様 (2016/11/07)
レポートを読みました。
音のもつイメージについて以前聞いたことがあるのですが、このレポートも読んで再びそのイメージの話を思い出しました。
私は英語学習の一環として英語の洋書を読んでいますが、最近では初めて見る単語でも音のイメージで意味を推測できるようになってきていることに気づきました。
また、ずいぶん前から気になっていたスペイン語の学習も始めたので(よくよく気づいたら英語教材でスペイン語を学習していました)、英語とスペイン語の共通点や類似点などの関係についても着目して両言語の学習を進めていきたいです。
Ku******様 (2016/11/06)
ひとつめの講義、レポートすごく面白かったです。実際、英語をこのような概念で捉えることができるという事は知ってはいたのですがどのようなものか分かっていませんでした。今回はbreakを例に挙げて説明してくださりすごく頭に残る内容のものでした!ちょうど英語もいま勉強していますが、フランス語も本格的に勉強を始めたところなので、是非他の言語との関連性も加えながら、またレクチャー聞くことができたらと思いました。
松崎*様 (2016/11/06)
孫娘が4年子供の英会話スクールに通っています。途中生徒数が少なくなり中断かと危ぶまれた時期もありましたが今まで続いております、中学2年になった孫娘の英語の勉強のきっかけは「アナウンサーになりたくて。」でした、娘がこの言葉に反応し「アナウンサーは勉強ができるだけではだめだよ、いろいろな国の文化を理解できなくては、そのためには少なくとも外国語を3から4か国語がわからなくては無理。」が響いたのでした。今年には居住地の交換留学でドイツに行き、つい先日までドイツの中学1年生が交換で娘宅に。小食のその子には気を使いました、会話を常にし、無言時間なしとか。妹も真剣にやっておりました。それを見ていたわたくし・・・・・・・そうよね気も使えないね・・って
ほんと今までは覚えなくては、このフレーズいい、覚えとこ・・てな具合でしたがこの年ですそうもいかず、もっぱら電車内での読書に頼っておりました。今さながらの目から鱗です(聖書にもありましたね)最初の講義にて感激です。どう表現すればと思っています。とにかく触れていたい、新しい情報がほしい、もともと好奇心旺盛なわたくし気持ちを抑えきれませんでした。今更ですが目から鱗ありがとうございます。
武蔵*様 (2016/11/06)
今まで英語を習ってきた丸暗記の勉強法と違い、単語の意味を理解して覚えていけるので、非常に興味深く楽しみながら勉強できる気がしています。今後ともよろしくお願いいたします。
永島*様 (2016/11/06)
言語の元の意味を覚えて、使っていくという考え方がわかりやすかった。
一つ一つの元の意味を確認していきたい。、
松浦*様 (2016/11/06)
今まで独学で英語を勉強していましたがなかなか上達している気がししませんでした。直感でしかないですが、すごくわかります!できそうです!
スペイン語を学びたいです!
花輪*様 (2016/11/05)
一つの単語の中核の意味を学んだだけですごく覚えやすかったです。
日本語以外苦手にしていましたが、こういう学び方なら学べそうです。
ロシア語等も学びたいですね
東川*様 (2016/11/05)
絶対に英語を話せるようになって、ビサヤ語もタガログ語も話せるようになる。
なぜなら、フィリピン人と結婚したいから。絶対に多言語をマスターしたい!
ky**********様 (2016/11/05)
こんにちは。本日、メール拝見させて頂きました。とても分りやすい解説でした、こんな感じで勉強することが出来るのでしたら、楽しく勉強出来そうだと感じました。私は63歳ですので記憶力に自信がありませんが本日のメールを拝見させて頂いて、私にでも出来るかも知れないと感じました。私の残り少ない人生に英語が自由に話せたらどんなに素敵でしょう。東京オリンピックの時にボランティアガイドが出来たら最高です。
大橋*様 (2016/11/05)
rの発音はうを言う気持ちでら、り、る、れ、ろというのは知っていたが、lの場合はぬをつけて、らりるれろというのは、初めて知った。
ガン***様 (2016/11/04)
日本の中学校でどんな形で英語や外国語を教えているか全くわかりませんが、海外では単語の複数の意味を少なくても、生活の中でよく使われる例と合わせてちゃんと教えます。
興味持っていれば、先生が教えなくても自分で調べまたりすれば辞書にのっているし、だんだんわかってきますよね。
想像とは違い、基本的な事だったので、なんともいえませんが、日本人には非常に役立つ授業かもしれません。
余計なお世話ですが、日本の中学校の英語の先生をネイティヴにして、カタカナにした読み方をやめ聞き取った発音を真似していけばかわるとおもいます。でないと、何も変わらない気がします。
水野***様 (2016/11/04)
鎌倉市に住むと申します。久しぶりに(10/30)溝江先生のFBを拝見致しましたら、通信講座を始めておられました。
以前、定員オーバーであったかと思いましたが、セミナーに参加できませんでしたので、今回はすぐに「メール通信講座」と「ダ・ヴィンチ・プロジェクト」を申し込みました。
その後、SummerSchoolも申し込みましたので、昨日(11/3)から18時になりますと、二通届くようになりました。
急に多用なことに相成りましたが、ある有名私立大学に『臨床と外国語学習』という研究会があることを知り、夏期休暇前にその教授にお願いし、この秋学期から週一回の聴講生となりましたので、今まさにタイミングが合いました。
しかし、孫世代の学生たち10数名に混じって、聴講生といえども、なんの発言もしないのはかえって失礼かと、私は90分授業のさいご辺りで発言するのですが、ともかく「意見」なるものはお困りのようです(笑)。でも、学生たちはちょっと一目を置いてくれているかのようです。
というようなわけで、溝江先生ならそのようなことは決してないでしょうと、FBを拝見しました。最初から拝見しておけばよかったのにですね。。。
私はRichards&Gibsonの『EnglishthroughPictures』を使った、GradedDirectMethodの教授法に惹かれて、しばらく教職につき、その後編集・広報の仕事を経て、子育て中は自宅にて受験英語塾を、5文型中心のオリジナル教材で教えてきました。
オリジナル教材を作ることで、かなりの成果を上げてきた自信から、いずれはGDMの多言語シリーズ『FrenchthroughPictures』『GermanthroughPictures』等々も手掛けたいと夢を見てきました。そして、聴講と同時に、教材作りもはじめております。
ベトナムでは、第一外国語が「日本語」になったとか。しかし、優れた日本語教師は多いとはいえず、いずれは『JapanesethroughPictures』の教授法を開拓し、日本の若者たちの海外での仕事につながるようになればと考えています。
溝江先生のご講座で、大いに学ばせていただき、「少人数勉強会無料招待権利」獲得を目指して*頑張りたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
高橋*様 (2016/11/03)
レポートを読んで、脳のイメージ反射という概念には、目から鱗でした。この発想でなぜ私たちは英語を学んで来ることができなかったのか…と、改めて思います。楽しくなかった語学の勉強が、とても楽しくなる発想です。
また、多義語は、本当に悩まされます。目的語で判断しろ、と言われても、なかなか直観的に出てこないのですが、中軸の意味を理解することによって、むしろ言葉遊びのように楽しむことができます。
今後のメールがとても楽しみです。ありがとうございました。
栗原**様 (2016/11/03)
はじめまして、私は中学校の時、転校して英語がわからなくなり、わかりたくて、いろいろなことを試してきました。駿台予備校の伊藤和夫先生他数名の先生のおかげで、わからないことは多いが、英語に取り組んでいく姿勢はできたのですが、先生のお話しを聞き、当たり前のようでいてやわらかい説明、解説が好きです。また、1992年に中国の北京外国語学院(大学)に中国語検定協会の香坂順一という人物の主催で74名の日本人と一緒に留学したのですが、同じ日本人に暴行を受け、失意のもとに日本に帰国しました。先生みたいに何か国語を喋れるというのはリアルにすごいとおもいました。
山崎**様 (2016/11/02)
脳のイメージ反射を使って英単語を覚えたり、
コアミーニングという考え方はとても新鮮でした。
超越文法を学んで語学力をアップさせていきたいと思います。
岩本*様 (2016/11/01)
LとRや発音には苦労しておりました。わかりやすい解説をありがとうございます。
アメリカで話せないもどかしさを感じて毎回帰国します。医療用語まで自在に話す通訳さんに憧れます?
香山***様 (2016/11/01)
アルファベットがサブリミナル効果を持つというのはとても面白い解説でした。
breakというたくさんの意味を持つ単語の説明もとても納得出来、他の単語についても聞きたいです。
英語以外の言語も学びたいと思っていますので先生のお話はとても興味深いです。
平岡**様 (2016/10/31)
こう言う企画を待ち望んでいました。以前から漠然と「LとRの言霊」に書かれていることを感じてはいたのですが、いろいろ理由付けをしたはサボって今日に至っています。本格的にまじめにやり遂げたいと思っています。
高杉***様 (2016/10/31)
「今回の教材で一番印象に残ったところ」
LとRについてです。
これまでは、どれだけ口の形を練習するように指導されても、どうもしっくり来なかったのですが、私たちにできる形で一言で表してくれ、体感できたように思いました。
おそらくこれからこの意識でLとRを発音することで、よりうまく発音できるようになっていくのではと感じ、とてもうれしかったです。
これからのものも楽しみです。
mi*************様 (2016/10/31)
今回コアミーニングという言葉を初めて知りました。コアミーニングを理解すると単語の意味が分かるようになり、また言語勉強を五感で理解することも学びました。英語の勉強以外にも知識が広がりそうです。これからが楽しみです。ありがとうございました。
樋口*様 (2016/10/30)
いつもありがとうございます。先生のお話は今まで習ってきた何よりも斬新で、非常に興味深いです。
3の原則のお話も今まで聞いたことない情報でまたまた目から鱗という感じです。
またメール楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いします。
鈴木*様 (2016/10/30)
facebookの広告で何気なくエントリーしてみました。
私は、現在、予備校で高校生に数学を教える仕事をしています。
7分間があっという間に終ってしまった大変興味深い講義でした。
ありがとうございました。
以前、ある大学の英語の先生から「getのイメージは自分が何かを手繰り寄せる感じがする。」という意見を伺った事を思い出しました。
また私個人の経験では、「climb」=「登る」とインプットしていた頭が、初めてペーパーバックを読みなじめた頃、文章中のclimbdownやclimbinto、climbthrough等を見て、直訳脳がパニックを起こしたことなども思い出しました。
今となってはclimbは「手足を使ってする動作」かなぁ?くらいのイメージをしております。
数学でも計算の練習を沢山し、公式を単純に暗記して例題を解き、解法を覚えるといった非能率的な学習が広く認知されているように思われますが、大量のドリルも要りませんし、単純に式や解法を覚えるなどという行為は非人間的にさえ思えるので、私の講義でも経験記憶と論理的推測を軸にカリキュラムを作成しております。
中学生の娘がいるので、是非先生の講義を薦めたいと思います。
取りとめのない文章で失礼致しました。
から*様 (2016/10/29)
大変面白く拝見させていただきました。
LとRのイメージなど言われてみればなるほど!なのですが言われないと気がつかないです!
Grの話もへ~~!でした。
これはネイティヴは普通に知っている事なのでしょうか?
もっと色々なコンテンツが拝見出来るといいです。
英語学習を楽に効率良くしたいです。
よろしくお願いします。
馬場**様 (2016/10/29)
一つの単語から様々な単語や文章を覚えるやり方は素晴らしいと思いました。
自分もそのやり方で、想像しながら勉強していきます。
たか**様 (2016/10/29)
LとRの違いを、脳のイメージ反射を使って覚えるという概念が新鮮でした!
Lの発音が特に難しく感じていましたが、nらnりnるnれnろと発音すれば楽に発音できるんですね!
目から鱗な解説がコンパクトにまとめられていて、とても有益でした。
オー**様 (2016/10/28)
ワクワクします。
いろいろな分野を学べるのは楽しい!
中川**様 (2016/10/28)
福沢諭吉の話は、少し気にかかりました。
富と金の考えは、少しはわかった様な気持ちになりましたが、今の時代とは少し違う様に感じました。
In***様 (2016/10/28)
私は、独学で外国語を学んでいますが、最近は学習方法や内容がマンネリ化しており、日々の進歩が感じられない状況が続いていました。
そのような中で、今回はじめて拝聴させていただきました音声講義およびレポートには、非常に興味深い内容が詰まっており、言語学習に対する意欲が掻き立てられました。
動画内における溝江博士の解説は明瞭かつ説得力があり、これからも継続して拝聴させていただきたいと思いました。
オー**様 (2016/10/27)
スペイン語を習いたいです。
理由は、音が好きだからです。
中川**様 (2016/10/27)
色々な教え方の(情報収集)サイトを拝見していますが、非常に興味を持つ事が出来ました。
これから、日々配信される、Dataを拝見させて頂きながら、コメントいたします。
今後ともよろしくお願いします。
以上
岩本*様 (2016/10/27)
はじめまして。
溝江先生の講義をYouTubeで拝見し、こちらの講座をみつけました。
私はフランス語圏で生活していてフランス語も習得中ですが、英語でもフランス語も、超越文法から学べるところに通じるものがあるのではと思い、メール講座を申し込みました。
大変楽しみにしています。よろしくお願いいたします。
佐々*様 (2016/10/26)
英語を勉強する科目としてではなく、生活に根付いたものとして伝えてくださっていると感じました。
このBreakについての動画を拝見して、母語以外の言語に向き合うには、母語で丁寧に向き合い最終的には感覚で(イメージで)体に染み込んで行くこと=生活に根付いたものになると言うことが鍵なのだと実感しました。
私自身は英語圏在住のため、日々の生活に英語はもちろん欠かせません。
しかしながら日本で何年も何年も英語を「勉強」してきたにも関わらず、当初は生活のツールとしては全く歯が立たなかったことを思い出しました。
在住期間は伸び、年齢も重なってきた今、新しいことを頭に詰め込む余裕は少なくなり、英語力は成長を拒否したかのような状況でした。この未熟な英語力にまだ伸びる余地があること気がつかせていただけました。
これからの購読が非常に楽しみです。
中村*様 (2016/10/26)
RとLのイメージの仕方が、米のプライベートレッスンで先生との雑談で出てきた内容と同じだったので驚きました。レッスン半ばで帰国しなくてはならなかったので残念に思っていたのですが、このメルマガを見つけてとても嬉しいです。次の動画が楽しみです!
新谷*様 (2016/10/26)
とても興味深く学べました。
丸暗記でないと言う事は本当にインプットしやすいものですね。
英語のほかに学びたい言語はネパール語です。
Sa**様 (2016/10/25)
とっても楽しく拝見しました。
中学校から英語を学びはじめ、最初は得意科目だったはずの英語が、年々苦手になっていきました。
高校でも、周りの友達がテキスト丸暗記の勉強をしていることに疑問を感じ、何かあるはずと思いながらそれがわからず、テストの点も悪いまま。
夏期留学に行ったり、旅行に行くたびに、英語の勉強をしないと!と思いつつ、何もできずに大人になってしまいました。
本講座1回目で感じたのは、英語学習が楽しいものである、肩に力をいれなくてもいけるんじゃないかということです。
いままで「どうせ無理」という思いが崩れたと思います。
1本の動画が7-8分であることも、とってもありがたいです。
これからよろしくお願いします。
ゆか*様 (2016/10/24)
すごく興味を惹かれます、楽しいです。
しかし、RLの発音はなかなか上手く発音できません。
簡単と書かれているのに、少し落ち込みです。
どうすればよいのだろう。。。。。
二回目の日本語をベースに英語を学ぶとは
興味津々です。
楽しみにしています。
よろしくお願いします。
中埜*様 (2016/10/24)
LとRの持つ意味を教えていただいて、今まで学んできた単語をイメージしながら振り返ってみたいと思いました。
多義語に関しては、自分なりに掴んでいる単語もあるのですが、自分がコアの部分をはっきり理解していない単語がたくさんあると思いますので、これから先生から学んでいきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
そう*様 (2016/10/24)
知ってるようで知らないことばかりでした。目からウロコな解説でした。だだ、一つの単語だけで進んでいくのであれば時間がかかるのではないかな~と思いました。今後どのようなstrategyがあるのか楽しみです。
鈴木*様 (2016/10/24)
正直ビックリさせられました。最後は、中1で習った朝食が解明されて講義が終わるとは?まさかそんなすごい講義がましてや無料で聞けるなんて。本当にあるのですね。細かな部分の感想を書いてしまうと新鮮な驚きが冷めてしまいそうなのでここで止めます。勉強をなんでも暗記物だと思っていない人!是非騙されたと思って1度目を通して自分で判断されることお勧めします。
熊野*様 (2016/10/23)
多義語をコアイメージで捉える重要性を改めて感じています。
特にbreakfastはfastingの断食という意味とbreakの継続している長さを断つというコアで認識する重要性を感じました。
夜寝ている時間の連続性から朝fastingを断つというところから「朝食」という意味になる語源を初めて知りました。
英語学習は義務教育、受験勉強、語学留学などを経験、学習してきたにも関わらず
物事を一つの学習法やパターンに陥ることの視野の狭さから抜け出して
これから単語のコアで捉える意識を持つ事はコレまで見てきた視点が複数になり、解決の糸口が増え、語源感覚も鋭くなっていくんだろうと感じました。
青山***様 (2016/10/23)
Rの前に「ウ」は知っていましたが、Lの前の「ヌ」と二つのLと言うのは知りませんでした。でも、知らずにそんな風に発音をとらえていたな、と気づきました。
多義語についても、お話されたような意識で言葉を捉えています。ただそれがあいまいだったりするので、組み合わさった言葉によってはうまく意味が理解できなくなる場合がありますね。
音にはそれぞれのイメージがある、というのも、日本語についてはある程度知っていましたが、英語など、他の言語も当然そうなんですね。そう考えたことがありませんでした。これはちょっと嬉しい驚きです。
お話がとても明確で、内容がどれも腑に落ちました。
次回がとても楽しみです!
やー**様 (2016/10/22)
一番印象に残ったのは、イメージでLとRを学ぶというところです。
丸いイメージとギザギザは目の付け所が新鮮で
今までの英語学習とは違う学びができそうだと期待しています
ありがとうございます
河村*様 (2016/10/20)
漠然と英語を話したいと考えている時、溝江先生の動画にたどり着きました。どの動画もわかりやすく納得のいく説明ばかりで、このメルマガ配信でも興味をそそられる講義を受けることができると期待して登録しました。
特に面白いと思ったのは、音が持つイメージが世界で共通している部分が多いというものです。英語を勉強するだけではなく、言語そのものの楽しさを味わえるのは超越文法だけではないかと感じました。
この超越文法を通して、言語習得だけでなく日常を充実したものにするための方法も学べればと考えています。これからの配信も楽しみにしていますので、よろしくお願い致します。
市川*様 (2016/10/20)
中高生に英語を教えながら、私自身も英語を学んでいく過程で「どのようにして英語が使えるようになるか」という課題を感じています。その中でありきたりな学習として単語帳を使って英単語の意味だけを覚えることを目的としてしまう人に幾度となく出会ってきました。実際、大学受験するまでの自分もそうでした。しかし、ある指導者に恵まれて英語の見方が変わりました。その先生も溝江先生がおっしゃられているように「英語のコア」の重要性を説いておられました。日本人が英語をマスターするには英語を勉強の科目と捉えるのではなく、コミュニケーションツールと認識する。そしてそのために溝江先生のような生きた知識をたくさん学ぶ必要があると実感しています。とても興味深い講義を聞けてますます関心が湧きました。
我妻*様 (2016/10/20)
音声講義を拝見して単語の意味を覚え続ける苦労から解放されそうな気がしてきました。
breakのコアがわかりました。
おそらく英語やヨーロッパ語は日本語とは違い主語が必要だったりしますし
主語がなくてかまわない日本語がむしろ言語の中で特殊なんだろうと思います。
脳がなかなかそのへんを受け付けなく英語を覚えたり発したりするのに
非常に苦労し疲れます。日本語脳を切り替えて英語の発想の
OSのようなものを創りたいと思いました。
くり**様 (2016/10/20)
昔漢字を見ていてその語源がイメージ出来たタイミングがありました。所謂漢字語源の話です。今回超越文法を聞いて英語にも同様な背景があることを教わりました。考えれば人間が昔言葉を生んだ歴史は漢字も英語も長いそれぞれの民族の生活の歴史から生まれたので・・・象形文字も
象音文字も意味の塊である言葉の切れ端が組み合わされてできているんだ!と感動しました!
栗山拝
井尻*様 (2016/10/19)
「英語を漢字のように見る」こんな話を初めて聞いて、びっくりでした。でも、なるほどと思いました。こんな風に関連付けていくと、興味をもっておもしろく学習できるし、印象深くて頭にも残るかなあと思いました。いろいろな単語がなかなか覚えられなくて、いつも困っていますが、少しはましになるかなあと思いました。
木島***様 (2016/10/19)
多義語、というのは思っていました。
日本語でもありますが、英語は一つの単語でいくつかの意味があるうちの一つとかを受験で習っていたので、それ以外の意味を受け付けなく頭がなっている。
コアミーニングを知ることの大切さを感じ、面白そうだなと興味を持ちました。
またこれを知ればよりネイティヴに近い感覚で単語を選べる気がします
井尻*様 (2016/10/18)
今まで英会話がスムーズに話せるためには英語回路を作ること…と、思っていました。どうしたらできるのかわからず、つまっていました。
日本語で簡単な言葉に変換して…というのを読んで、なるほど、そらならできるかも?と思いました。もっとその具体的なやり方を学びたいと思います。よろしくお願いします。
七海*様 (2016/10/18)
LとRの言霊のレポートを読んで、こんなに面白い読み物があるのかと、ぐいぐい引き込まれました。
なるほど、日本語の名前にも感覚的に柔らかい単語と鋭い単語があるのは感じていましたが、
英語にもそれが当てはまるのだと、目から鱗でした。
また、音声講義も大変面白く、コアミーニングの大切さを知りました。
しかし、疑問もあります。
コアミーニングを理解しても、そこから派生していくうちに、想像力もいるような気もするのです。
先に単語の意味を知っていると、なるほどここから派生しているのだな、と分かりますが、
全く知らない単語に遭遇すると、かえってモヤモヤとしたものになってしまうのです。
(説明難しく、私の言っている意味がわからないかもしれませんが)
メルマガも面白いですし、もちろん先生の講義にはハッとさせられるものが多く、大変勉強になります。
今後も楽しみにしております。
湯田*様 (2016/10/18)
拝読させて頂きました。変わった視点から解説されるなと興味が湧きました。
言語の原点は言葉ですから、日本語ができなければ他国語もできないと思っております。
ぜひ溝江先生の教えを蒙りたいと存じます。
楽しみにしております。
-*様 (2016/10/18)
RとLの発音の違いはネイティヴの発音を聞いても、私のヒアリング力では現在聞き分けることができませんが、発音(Rは「ぅ」、L「小さいぬ」)や単語の言霊・イメージ(Rは丸いもの、Lは細長いもの)などの観点・イメージから違いを覚えることが勉強になりました。「breakthehorse」が「野生の馬を飼いならす」っていう意味が意外でした。「break」は「連続しているものを断ち切る」イメージなんですね。「壊す」イメージしかなかったので捉え方が新鮮でした。
ki*******************様 (2016/10/18)
今一番習いたいというか、20年以上勉強している言語が、中年からいきなり始めた、フランス語です!勉強が大好きになり、でもそれだけじゃつまらないので、仏検受け始めたのはいのですが、2級になった途端に、受からなくなり、もう8回くらい挑戦していますが、なかなか合格しません!何故でしょうか?熟語が、覚えられないのと、ヒヤリングが苦手なのが、主な要因と思われます!フランス人に教えてもらったり、日々頑張っているつもりですが・・・勉強のやり方に問題があるのでしょうか?って、質問になってしまいました!
大牧*様 (2016/10/18)
毎日、自分なりに英語を勉強していますが、勉強方法が自分の語学習得に適しているのか分かりません。実際に声に出してみると、思うように単語が出てこなかったり、分法が間違いだらけだったり。。。
音声講義&レポートともに、丁寧な説明で、言葉の背景を知りイメージすることで、理解が深まりました。同じように他の単語も調べてみようと思いました!これから、毎日楽しみにしています。
山田***様 (2016/10/17)
こんにちは。
TranscendenceSchoolを受け始めましたが、こちらのメール講座も始めました。
溝江先生の捉え方はとてもわかりやすく、とにかく楽しく学ぶことができます。
今日のこちらの動画もものすごく頭の柔らかくなる内容でした。
これからも楽しみにしています。
井尻*様 (2016/10/17)
大変分かりやすい説明で、すうっーと頭に入ってきました。たくさんの意味を持つ単語も、中核となる意味がしっかり分かっていれば、応用が効くということですね。語彙が少なく記憶力も悪くなっている私ですが、こういった感じで学んでいけばなかなか身に付かない英会話の学習も少しは楽になるかなと思いました。
lとrのことも、なるほどと思って読みました。
英語以外には、今、ベトナム語に興味があります。(ベトナムの友達が何人かいますので…)
次のお話を聞くのを楽しみにしています。
井尻*様 (2016/10/17)
大変分かりやすい説明で、すうっーと頭に入ってきました。たくさんの意味を持つ単語も、中核となる意味がしっかり分かっていれば、応用が効くということですね。語彙が少なく記憶力も悪くなっている私ですが、こういった感じで学んでいけばなかなか身に付かない英会話の学習も少しは楽になるかなと思いました。
lとrのことも、なるほどと思って読みました。
英語以外には、今、ベトナム語に興味があります。(ベトナムの友達が何人かいますので…)
次のお話を聞くのを楽しみにしています。
黒田*様 (2016/10/17)
breakahorseやbreakfastのお話はとても面白かったです。もっと他にも知りたいと思いました。それに、今まで発音はあまり気にせずに英語勉強をしてきていて、最近は発音に磨きをかけたいと思っていたので、LとRの記事も大変為になりました。
私はスペイン語を勉強したいと思っています。スペインへ行ってみたいと思っているからです。
今後、配信メール楽しみにしています。
小瀧*様 (2016/10/17)
丸暗記から解放される英語、素晴らしいです。
丸暗記してきたので、ぜんぜん覚えてないんだなあと思いました。
今からでも、理解出来るようになれるかしら。
川岸*様 (2016/10/17)
今回、レポートを拝見して、コアミーニングという考え方に衝撃を受けました。
実は私は単語を覚えるのがとても苦手で、最近は簡単な言葉への言い換えはできるようになってきたものの、やはりもう少し語彙数を増やしたいという思いがありながらも、単語の暗記という作業にどうしても積極的になれずにいました。
今回のコアミーニングという考え方があれば、単語の意味を感覚的に理解することができるというのがとても魅力的です。
今後ともよろしくお願い致します。
樋口*様 (2016/10/16)
一週間程前にメール登録させて頂きました。15カ国語も話せる人がこの世にいるんだという好奇心から読み始めましたが、小さな短い言葉でも深い意味や、成り立ちがあることに驚かされました。
今は英検準1級の為に勉強中で、難しくてめげそうですが、先生の教える、コアミーニングが役にたちそうで、これからが楽しみです。
谷口*様 (2016/10/16)
これまで色々な英語教材で学んで来ましたが、今回、溝江先生の講義を聞いて目から鱗という感じがしました。LとRの発音の仕方のコツ、LとRが持つイメージなどとてもわかりやすく、印象的でした。これまでこのような説明を受けたことがなかったので、スッと頭の中に入って来ました。
私も、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語、韓国語などを勉強しているのですが、先生の講義の中には英語以外の言語も出て来るとか。とても楽しみです。これからもよろしくお願いします。
小山*様 (2016/10/16)
こんにちは。初めまして、です。
現在、日本語講師をしておりますが言語の奥深さに改めて気付かされている日々です。
先生のBreakの説明を拝見して、感じることは、自分が日本語の一つの意味を
一つの多言語と無意識に当てはめようとしているということでした。
一応、理屈ではわかっているのですが、訓練が必要だと思いました。
言葉の持つ大きなイメージ。「コアミーニング」とは、言葉の概念みたいなものでしょうか。
確かにそこを理解できれば、頭に入るような気がしました。
また、学生に指導していて、日本語をどのように教えていくことがいいのか、
私自身が日本語以外の言語を習得できずにいる身で見出せずにいました。
その点も少し参考にさせていただきながら、私はまず、英語、ドイツ語、韓国語、中国語の習得を目指したいと思って拝見しました。
以上です。次を楽しみにしております。
しの**様 (2016/10/16)
英語の感覚を掴むレッスンはとても嬉しいです。私はそういった感覚を身につけたいとずっと思っていました。今後楽しみです。
大神*様 (2016/10/16)
この度は、貴重な資料をシェアしていただきありがとうございます。
2010年から2014年、BBT大学で4年間英語に触れながらマスター出来なかった自分には、とても身近な疑問(自分で、もんもんとして整理できなかった事)にダイレクトでコネクトしていただいている気分を味わい、行けるかも!という直感が働いています。
ゥR、ヌLにはまりそうです。
一瞬、レクチャーを受けた先生が説明しきれなかった事が、これでした。
先生は、舌のポジションで説明されましたが、理解しきれずにおりました。
こういう感動出来る機会に、こころより感謝いたします。ありがとうございます。
りみ
玉木*様 (2016/10/15)
できないのは、学習方法が、間違っているから、ということ、が、なるほど、と思った。
藤井**様 (2016/10/15)
こんにちは。
はじめまして、藤井薫と申します。
昨日で4回目の講座を発信して頂きました。
ありがとうございます。
コアミーニング、画期的で素晴らしいですね。
scrについては思い浮かべましたら沢山出てきました。
その中でも、時々洗顔に使っておりますスクラブ石鹸の『scrub』にはしっかりと意味合いと言いますか、
コア?が入っている事に気づき妙に嬉しくなりました。
『scr』もう忘れることが出来ません。
毎日楽しみにしておりますのでこれからもどうぞよろしくお願いいたします。
英会話出来るようになりたいです。
藤井薫
北野*様 (2016/10/15)
私は今現在大学生なのですが、学生生活を送る中で留学生とコミュニケーションすることが多くなってきました。
「言いたいことがあるのに英語でそれを何と言っていいか分からない…」そんなことが多々起こります。
英語で不自由なく留学生とコミュニケーションしたいと思い、ネットで様々な学習法を調べていたところ運良く溝江先生のことを知りました。
GRとGLなど溝江先生の説明は意味を覚えるというより、感覚で分かるようになるといったイメージを持ちました。
非常に分かりやすく、読んでいて「確かに…。」とつぶやいている自分がいました。
この感覚を養っていけば、関連付けて勉強できるので効率良く学んでいけそうです。
今後ともよろしくお願いします。
鼓 **様 (2016/10/14)
単語のcoremeaningに大変興味を持った。
今回はbreakのcoreが楽しかった。breakfastが断食を断つという意味・・
会話も「幼稚園児が分かるように話をすれば良い」とのこと・・嬉しい。
思い浮かべられない熟語的な表現などは、自分の知っている単語、言い方で話して来たが、なんか幼稚っぽいのかと、引け目を感じていたが、それでも良いみたいでホットしている。
単語の音のイメージについて、LとRの聞き分け方、言い分け方など・・、楽しく講座を受けたい。
今後も講座を続け、少し高度な言い回しや、ニュースなども聞き分けられるようになりたい。
ジン*様 (2016/10/12)
山崎様、溝江様
お世話になります、です。
今回のPDF資料、とても面白かったです。
特に音の印象でイメージするものが統一されているというのは、
非常に衝撃的です。
確かに、「キー」系の音は、ギザギザしたものやスパッとした感じを連想させますね。
「キシリトール」という商品名も、
なんか、スパッと頭がすっきりするのを連想させるから、
分かりやすく商品名で良いですね。
僕は英語以外にも、イタリア語・スペイン語も習得しようと考えています。
スペイン語は、単純に世界で2番目に話す人が多い言語だからです。
イタリア語は、昔からイタリアに興味あり、少し勉強もしたことがあるからです。
どちらも似たような言語なので、
片方学べば、もう片方も容易に吸収できるとは考えています。
言語のグランドセオリーを身に付けて、
もっと簡単に身につけることができたらなーと淡い期待を抱いています(笑)
今後ともよろしくお願い致します。
P.S.:IwouldreallyappreciateitifyoucanletmehavetheiPad.
常に移動している身なので、講座閲覧や学習効率に役立てることができます。
菊池*様 (2016/10/11)
ありきたりの第一声ですみません。
目から鱗とはこのようなことなんですね。
57歳になり急に仕事の絡みが
英語がわからないと使わないと
慣れないと乗り遅れてしまう
楽しみが半減されることに
やっと気付きはじめたときに
溝江先生と知り合うことになり
ました。宜しくお願いします。
菊池*様 (2016/10/11)
ありきたりの第一声ですみません。
目から鱗とはこのようなことなんですね。
57歳になり急に仕事の絡みが
英語がわからないと使わないと
慣れないと乗り遅れてしまう
楽しみが半減されることに
やっと気付きはじめたときに
溝江先生と知り合うことになり
ました。宜しくお願いします。
酒匂*様 (2016/10/11)
わかりやすいです。
次が楽しみです。
In**様 (2016/10/11)
現在、私はアメリカ駐在の身であり、仕事で英語が必須なのでありますが、いかんせん、アメリカンネイティブの発する英語が聞き取れません。日本で英語を学習してきたことが全く通用しないというショックは、相当なものでありました。リスニングの向上は、ただ聞いていただけでは駄目で、発音の改善が必要ということを同僚から聞き、発音矯正に関するもの動画がアップされていないかとYoutubeで検索したところ、溝江先生の動画を発見しました。「これはすごく役立つ。目から鱗だ。」というのが率直な感想です。アップされている動画をまだ全部は見終わってはいませんが、近日中に見終えるつもりです。
英語の多義語についても、コアな意味をキチンと押さえるというはまさにそのとおりであり、今までいかに無駄で効率の悪い勉強をしていたのかと反省させられました。中学英語は簡単だと言う人がいますが、私にしてみれば、中学英語で出てくる単語の方が多義語が多いので、逆に難しいのではないかと思っております。
今後期待する内容としては、一つのフレーズのシチュエーション別使い分け、つまり、インフォーマルなものからフォーマルなものまでを3段階、あるいは5段階ぐらいで取り挙げていただき、こういう状況ではこういう表現が適切、というものを教えていただけるシリーズです。目上の人にはやはり失礼の無いそれなりの表現があるものと思いますので、そのような表現をたくさん身に付けたいです。
脇 **様 (2016/10/10)
初回のコアミーニング講座ですが、大変興味深く視聴させて頂きました。
私からの要望として、A~Zの単子音並びに複合子音の概念についてお教え下されば幸いで御座います。
溝江様の人間探求における業績には、大変素晴らしいものがあると私は感じております。
多くの方のために、これからもその能力を遺憾無く発揮して頂きたいですね。
小林*様 (2016/10/10)
英語をイメージでとらえる。
今まで考えた事もありませんでしたが、何てすんなり頭に入ってくる事か??
単語のコアな部分を知る事で1つの単語が頭の中でどんどん広がって行く?そんな感じがしました。
上手く表現できませんが……とにかく明日からのメールがとても楽しみです?
野口*様 (2016/10/09)
英語以外の言語で学びたい言語は沢山あります。フランス語、ロシア語、スペイン語、イタリア語です。
フランス語は文化的な理由から、ロシア語は金髪美女対応用、スペイン語はサッカーが好きなので、イタリア語は音として一番心地よくて喋れたらなあという願望があります。
あとはヘブライ語を宗教的な理由から学びたいという願望があります。
英語がようやくビジネスでなんとか使えるレベルになってきたので、マルチリンガルになりたいとは思いつつも無理だなと諦めておりましたが、出来るかもという希望が出てきています。
古澤*様 (2016/10/09)
非常に明快で英語を勉強することがより楽しみになりました!
鈴木*様 (2016/10/09)
「超越文法」という何やら不思議な名称に惹かれてメルマガに登録してしまいました。
でも、レポートも動画も本当に深くて濃い内容で、これが無料とは信じられません。
表面的な発音だけではなく、もっと言語の根本的な語源から物語のような解説を聞いていると、
覚えようとしなくても自然と思い浮かぶような感じがします。
学生の頃からこういう勉強方法を知っていれば、勉学を苦行のように感じることなく多くを学べたのに、
とすこし悔しい思いです。
今後もメールセミナーを楽しみにしています。
ありがとうございました。
カト*様 (2016/10/08)
私は今まで英語に数百万は使って来ましたし、時間もかけて来ましたが、これまでの学習法は時間が経つと忘れてしまうものでした。語源が大事だと言うことは知ってましたしイメージで捉える必要性も理解していましたが、溝江先生の講義は非常に分かりやすく頭に残りますね。
私は韓国語はほぼネイティヴ並に出来るようになってはいますが、ヨーロッパ系言語は全て挫折して来ました。
ようやく本物に出会えた事にかなり興奮してます。
溝江先生と共に英語は必ず身に付けて(日本語を話すように自由に使えるレベルにして)、フランス語も身に付けたいです。あと中国語ですね。
また日本語を研ぎ澄ませてビジネスにも、息子達の教育にも活用してみたいですね。本当に感動しています。ありがとうございます!
田島*様 (2016/10/07)
スペイン語
コスタリカの友人とお互いにカタコト英語で話しているが、
スペイン語で話したい!
桑山*様 (2016/10/06)
はじめまして
動画を見てて良くわかりました。なるほど!と思いながら見てました。breakの意味を理解していると後ろにつく単語がどんな単語がきてもわかる
今までは一対一の意味しかないと思っていました。
話を聞いていると英語の勉強も楽しくなる気がします。
単語の意味を知ることから始めるのもいいのですね。
仕事で英語を使うことになり、同じような意味を持つ単語をどれを使うのがいいのか迷いながら仕事していますが、まずは意味をしっかり調べて使います。
できれば英語以外の言語も勉強したいと思います。
ハンガリー語、イタリア語など。
東京オリンピックで少しでもお役に立てることができるようにしたいと思ってます。
はし*様 (2016/10/05)
へー、なるほどー、と頷きながら動画を見ていました。今までと違った観点から英語をみることができて、すごくワクワクしたし、もっと知りたいと思いました。
今まで、英語といえば丸暗記のようなイメージで勉強してきて、だけど思うようにしゃべることは出来ていません。年齢とともに記憶力も落ちてきて、この先、しゃべれるようになるのかと正直、先が見えず不安になっていました。そんな中、少し明かりが見えたような気がして、まだまだ頑張れそうです。これからもよろしくお願いします。
衣川*様 (2016/10/05)
溝江先生の英語の考え方の説明、めちゃくちゃわかりやすかったです。
単語の持つイメージを掴んでいけば、暗記量は格段に少なくて済みますし、
語学の本質的理解にもつながると思います。
今後の配信がとても楽しみです。
今回の動画で一番印象に残ったのは、コアミーニングという発想です。
breakという単語を例にとって、「連続性の中断」という本質的な意味からさまざまな具体例を使って、
英語のみならず、同じ根っこからいろいろな現象が派生していくという
物事の本質的な考え方にもつながる講義をされていたのは、とても勉強になりました。
ありがとうございました。
武田*様 (2016/10/05)
1.3
教えて頂きたいです。
超越文法
超越l文法スクール
ダヴィンチ……
どう違いますかを?
小針*様 (2016/10/04)
はじめまして。
今回はこのような素敵なメール講座をつくっていただき
ありがとうございます。
多言語を自在に話す先生から、動画で講義を
聞くことができるなんて、この上なく嬉しく思っています。
また、わっきーさんのメルマガもとっているので
山崎様がお友達だということにもなんだかとても
嬉しくなってしまいました。
(勝手にこちらが思っているだけですが。)
LとRの捉え方もとても
興味深かったです。
単語の覚え方もとても興味があります。
今後のメールも楽しみにしています。
そう言えば、
感謝や謝謝という
言葉が
どうして、謝る
を使っているのかということを書いている人がいました。
言葉で伝えて相手の心に届けるという意味で
言葉を射る
を使っているのだそうです。
そんなことをふと思い出しました。
山崎様
そして、溝江先生、スタッフの方に
感謝の気持ちを届きますように。
中井*様 (2016/10/04)
「LとRの言霊」を読み、「英語の多義語を征服する」を見たと申します。
英語やその他の言語に興味はあっても、なかなか覚えられないと思ってしまう者の一人です。
音声講義とレポートを見せていただき、大変参考になりました。そもそもの言語が持つ意味やその成り立ちのようなものが理解できれば、より自分の身につくものになると思っていたので、勉強になりました。
ありがとうございました。
林*様 (2016/10/04)
英語以外の言語で、今一番学んでみたい言語はフランス語。
理由は、過去に仏語圏に住んでいたが、その後まったく未使用で忘れてしまったため。
できれば英語とともに今後の仕事に活かしたい。
山田*様 (2016/10/03)
はじめまして。溝江博士の動画を拝見いたしました。
わたしも5カ国語ほど話しますが、その単語の持つ元々の意味を知るというのはとても大切なことだと思います。接頭辞や接尾辞もそうですが、その元々の意味を知っていれば、初めて見る単語でもある程度その単語がどのような意味を持つのか予想できますもんね。
私も実際そうでしたが、言語を最初に学び始めた頃は、とにかく直訳をしがちですね。そこを溝江博士が教えていらっしゃったように、コアの意味で捉えられると、英語の表現に幅が出ますし、もっと応用がきくようになるのでよいなと思いました。
ただ、ひとつ疑問に思ったのですが、「habitはhaveと似ていて、人が持っているもの」のように説明をされていたのですが、Haveはaのあとがv、habitはaのあとがbなのに果たしてその説明は正しいのだろうかと思いました。言語というものは生き物なので、さまざまな形に変わっていくと思うので、そうなのかなとも思ったのですが、私の知識不足で、そこがすこし疑問に思えました。
全体的には、とてもわかりやすくてよかったです。
これからも拝見させていただこうと思います!ぜひ頑張られてください!
おお*様 (2016/10/03)
nをつけてから発音するLのイメージは分かりやすかったです。
長峰*様 (2016/10/03)
LとRの話がとても分かりやすかったです。さらに、自分の解釈が広がり、確かなものにしていきたいです。
長峰*様 (2016/10/03)
LとRの話がとても分かりやすかったです。さらに、自分の解釈が広がり、確かなものにしていきたいです。
Ko****様 (2016/10/03)
breakという単語の世界がどんどん広がっていくのが、とても楽しくて知恵の輪を解くような感じになりました。
LとRの言霊は、非常に分りやすく解説をしてくださって、まさに目から鱗が落ちる気持ちになりました。
仕事に英語を使いたいとずっと思っているので、これをきっかけに学びを深めて行けたら楽しいな、と思いました。
ありがとうございました。
佐々*様 (2016/10/03)
K音、B音、LとR。なるほど確かにっと思いました。
言われてみれば何となくわかっていたかもしれないことを、わかりやすく説明してもらえると、視界が開けたような感覚になりました。
早く次の内容を勉強したいです。楽しみにしています。
sa**様 (2016/10/03)
多義語の覚えかたは非常に参考になりました!
ボキャブラリーを覚える時に実践します。
一つ質問なのですが、
アイディアとしてコアミーニングを抽象的に捉えていくといく事でしたが、
リーディングなどの場合、文脈から何となく判断していけそうですが、
リスニングの場合は、瞬時に抽象度を下げて意味を判断しなければならないと思うのですが、
実際にそれぞれの意味で使われた場面に何度も出くわして、
慣れていかなければ解決できないものでしょうか。
山崎*様 (2016/10/02)
…すっと入ってきました、英語が…。メルマガの文章にもありましたが、確かに日本語で浮かんだ言葉をそのまま英語にしようとすると言葉につまることもあり、具体的でわかりやすい日本語で話すこと自体が、英語で話すことの簡単さにつながる手立てだと思います。ただ、一方で咀嚼するほど話が長くなる(ボキャブラリーが少ないので説明的になるとでもいうのでしょうか)ので、改めて英語の持つ‘コア‘を理解することで、単語や熟語を覚えやすく出来るのかなと感じることができました。…少々英語が話せて努力を怠り始めていた自分にとっては、知ってよかったと思います。他の講義も楽しみです。
境*様 (2016/10/02)
英語以外で学びたい言語は、フランス語です。
なぜなら、パスツール研究所に行くからです。
武田*様 (2016/10/02)
今回も面白かったです。
wには疑問を持っていましたので、スッキリ。又、そんな意味があったのかと、納得。
溝江先生の講座は、勉強というより、そうなんだーー!といった納得感がスムーズに頭に入ってきます。
今、溝江先生にハマっていて、毎日youtubeを見ています。クロームキャストまで購入し、
1日溝江先生を大画面にし、延々流し続けてます。フランス語と英語を同時に学ぶ、は
ここ最近の、私の課題であり、目標にしています。そんな事が可能なら、来月から行く海外遠征も
素晴らしいものになりそうで。早く講座を拝聴したいです。
Mi****様 (2016/10/02)
LとRの発言
なかなか覚えられなかったのに、スーッと頭に入って来ました。
多義語もコアな意味を勉強すると、よく分かってきて、忘れないと思い嬉しくなりました。
次回のメールや動画が楽しみです。
出会いに感謝します。
ありがとうございました。
川村*様 (2016/10/01)
ありがとうございます。
コアミーニング?その話を聞いていて何だかワクワクしてきました。
英語の学習への意欲が変わりそうです。
今後リスニングのポイントなどの講義もあれば嬉しいです。
ありがとうございました。
高野**様 (2016/09/30)
色々な英語習得のDVDや動画、アプリを試してみましたがそうそう!そういうことが知りたかったとすぐに思えたのは初めてでした。
黒田**様 (2016/09/30)
LとRの舌使いについては、いろいろ聞きますが、レポートにあるように、イメージ(地面がr)で覚えたり「ぬ、う」を使うやり方は分かりやすいです。
発音がうまく出来ればモチベーションか上がり英語を習うことが、楽しくなります。
森ア*******様 (2016/09/29)
遅ればせながら、メール講座Vol2を拝聴させていただきました。
コアミーニング、面白いですね。
単語を覚えることを苦痛と感じていましたが、
同じようなコアミーニング集などがあると、その言葉をきっかけに、いろいろな単語を知りたいと思えるように思いました。
木下****様 (2016/09/29)
はじめまして木下です。
博士の講義で単語の後に隠れている意味が面白かったです。breakfastの意味はわすれません。
橋本*様 (2016/09/29)
語感と語彙について勉強できたのが、すごく面白かったです!
コピーを書くのにも活かせそうです!
山本*様 (2016/09/29)
旅行で使うために今学びたいのは、スペイン語です。
武田*様 (2016/09/29)
今朝、youtubeで溝江先生を拝見しました。
英会話の講座を探り、超簡単な挨拶からの英会話を探して。
これまでもアフィリエイトの講座に何度も後悔し、情けない、もう見ない!
と、ギャンブラー気質があるのか、本当にアホなのか、自己嫌悪に落ちていました。
私はダイビングにハマりモルディブのジンベイサメを追いかけて、リゾートを回っています。
あらゆる国の方達と飲みますが、もう少し一歩進めたら。母国語で話せたら。
フロントでもちゃんと通じ合えたら、と。後悔ばかり。
溝江先生の講座はとても楽しく。魅力的なストーリーが頭入ってきました。
是非、講座に参加してみたいです。私に合った勉強法が見つかりそうです。
武田*様 (2016/09/29)
で。
馬からの朝食のお話、楽しかったです。
本当に楽しく学べそうな講座です。
感激です。
Ku******様 (2016/09/29)
英語再学習中の26才です。
英会話教室に12年も通っていて、ある程度話せるようになったのに
社会人になって使わなくなるとどんどん錆びついていくのが嫌で、独学で学習を始めました。
英語にも言霊があることを初めて知りました!
読んでみて納得しました。
留学中Sparrowは言えるのにRabbitは言えないという不思議な状態を経験したのですが、
ゥラビットならたしかに言えてる感じがします!
たしかに、言葉にはイメージがありますね。それが万国共通なのもおもしろい!
また、動画ではコアミーニングを理解することで丸暗記から開放され、応用の効く単語力が見につくように感じました。
breakで一番に思いついたのが"takeabreak"だったのですが、一旦中断して休憩しよう!という意味合いで、すとんと腹に落ちました。
ぜひこのメソッドを身に着けていきたいです!
ナナ*様 (2016/09/29)
breakについて
わかりやすくて興味を持ちました。他の単語などいろいろしりたいです。
その他フランス語も勉強したいです。かって勉強する機会がありましたが続いてませんが、再開をいつも考えています。
橋本*様 (2016/09/28)
Breakfastの断食を断ち切ると言うお話はとても印象的でした。breakの意味も、とても解りやすく説明を受けました。
英語以外で学びたいのは、スペイン語です。スペインが物凄く好きだからです。
林*様 (2016/09/28)
Breakthewildhorseのお話がとても分かりやすかったです。これは忘れませんね。穏やかそうな先生で驚きました。もっと続きがみたいです。
さぼ**様 (2016/09/28)
音声講義を聞いてみて、とてもおもしろいと思った。
今まで英語は特に力を入れて勉強していたが、自分の会話や読解にはいつも理解の限界があったので、もっと英語を自由に操りたいと思いこの講座に至った。今回は短い講義だったが、一つの単語が色々持つ意味について学んで、とても分かりやすく、楽しかった。
吉田*様 (2016/09/28)
1つ学んでみたい言語の記入を忘れました。
スペイン語です。
Sa***様 (2016/09/28)
ありがとうございます。
2年ほど前にLとRの発音が全くダメとオーストラリアの人に言われてから、くやしくて練習したのを覚えています。
そんなことを思い出しました。
それで、LとRの発音がようやく慣れてきたところです。
私はクメール語が勉強したいです。
私は以前カンボジアに住んでいたことがあったのですが、クメール語が全然ダメでした。
結局英語で会話することが多くありました。
今でもクマエ(Khmer)と交流があるのですが、その時の会話も英語でしています。
カンボジアの文化を学ぶ上でも深めていきたいところです。
吉田*様 (2016/09/28)
まずは、音声抗議およびレポートに辿りついたことに大変うれしく思います。
音声のBreakfastの説明については、全く分解して考えたことがなかったので
語源を知ることが語学学習に大変効率よく、脳がわくわくしてくるような感じで
活性化されるのがよくわかりました。
レポートは、音感、LとRの持つ意味、発音の仕方など、大変勉強になりました。
prefixやsurfix以外に、このような覚え方があることを知ることができて
本当にありがたいと思います。
是非溝江博士のもとで、学ばせていただく機会をいただけたらと思っております。
吉田*様 (2016/09/28)
お世話になります。
新田さんが運営されている超越文法に参加しているのですが、
溝江先生のお話の面白さに惹かれてこちらの超越文法にも入りました。
私は、元世界史教師、現英語講師という立場なので、
歴史的背景ありきの英文法にすごく興味があります。
これまでかなり英文法関連の書籍を読んできましたが、
それらの書籍では言及されていない解説が為されているなーと。
いつも感謝しつつ勉強させてもらっています。
コアミーミングを1から学べる
溝江先生オススメの書籍があれば教えていただきたいです。
むら****様 (2016/09/27)
breakfastの意味の解釈には寝耳に水でした。
こう言う関連した覚え方をすれば単語の意味付けが出来ることに感動しました。
大塚**様 (2016/09/27)
話せるようになるためには、発音、口の動きが大事だと思いました。
これから頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします!
石田**様 (2016/09/26)
英単語の本質のようなものをお聞きして感心しています。一つの単語の本質を知るとそれが幾つもの意味に応用できるのですね。成る程と思いましました。
藤本*様 (2016/09/26)
Coremeaningを覚えることで、丸暗記ではなく様々な言い回しでも、的確に意味が把握できるということを学び、これからすぐに使えると感じました。ありがとうございました。
KU**様 (2016/09/26)
LとRの言霊の教材は、なるほどね??と納得しながら読みました。こんな感じ…とモヤっとしていたものがまとまっていてスッキリしました。捉え方を理解することで単語がイメージしやすくなります。
「英語の多義語を征服する」の動画では、単語が持つ意味を理解していれば、組合せる単語によって表現が変わる事に違和感がなくなると思いました。ほぼ毎日のように使っているbreakfastは、単純に朝食と覚えていましたが、単語の意味とつながりを知り、納得と同時に衝撃でした。
木屋*様 (2016/09/25)
多義語をイメージで捉えるという考え方がすごく新鮮で、本当に理解しやすいと感じました!
なので多義語のコアミーニング一覧表などあるとたすかります!よろしくお願いします。
加藤*様 (2016/09/25)
山崎さま
初めまして。
この度メルマガを登録させて
いただきましたと申します。
すみません、昨日、感想をこちらではなく、
メールに直接返信してしまいましたので、
改めて送らせていただきます。
私は今35歳にして、10年働いてきた仕事を辞め
英語を使った仕事をしたいと考えており、
何度も挫折してきた英語を勉強中でございます。
とは言え私はもともと勉強嫌いなのですが(苦笑)、
なぜか英語自体は日本語と違う抑揚のある会話の流れが
私には明るさをイメージさせるため前から好きで、
習得したいと思っては自分に合う習得方法を探して
チャレンジするのですが毎回中途半端に習得して
挫折してきました。
なので英語を使った仕事をしたいと前から思っては
いたのですが、年齢を重ねるにつれて海外旅行や
短期留学、テキストを開くことも徐々に少なくなり、
英語を使った仕事に就くこと自体を諦めていました。
ただ今回、自分の人生を見直す機会があり、もう一度
自分の夢を叶えるためチャレンジしてみようと思い、
歳も歳なので、これが最後のチャンスだと思って
英語習得に向けて頑張っております。
ですが、今まで何度も挫折してきている分、自分には
楽しく習得できる工夫が必要だと感じております。
転職するにあたり自分の英語レベルの判断基準として
今まで避けてきたTOEICの勉強もしないとなと思い、
テキストを開くのですが、あまりの理解不能の単語量に
圧倒され、ものの数十分で閉じる始末です。
と今度は、テキストの前にある程度単語を覚えた方が
効率的に良いのかと思い、なるべく興味をもって勉強
できるように、携帯のアプリを使ってやってみるものの
これは続けられても本当に身になってるのかわからない。
そう思っていたある日、私の転職のことを知り合いに
相談したら溝江博士のことを教えてもらい、早速
藁にもすがる思いで登録しました。
イメージや感覚から文法や単語を習得するという本は
読んだことがありましたが、私の想像力が乏しいのか
本当の相性が良くなかったのかわかりませんが、その時
イメージできたのはほぼ「?」マークだった気がします。
要はイメージできなかったんですよね。。。
今回、溝江博士のPDFと動画を拝見させていただき、
びっくりするくらい頭の中に画像やイメージが湧きました。
溝江博士の分かりやすいシンプルな説明が、私にも
理解できたという安心感とやる気を出させてくれるので
あとは根気よく内容を覚えて理解度を深めれば、私でも
ペラペラの道は開けそうな気がしてきました(笑)
まだまだ外資系企業で働くには膨大な量の英単語、熟語、
英文法など覚えなければなりませんが、溝江博士の
メルマガを参考にして頑張ってみたいと思います。
次回から楽しみです。
長文をここまで読んでいただきありがとうございました。
木屋*様 (2016/09/25)
溝江先生凄いです!
目から鱗です!
いままでこの様な勉強方に出会ったことないです!
素晴らしいです!
ありがとうございました!
森ア*******様 (2016/09/25)
第1回コンテンツ~LとRの言霊~のPDFが見れなかったです。
動画拝見させていただきました。
breakという単語でも、その前後の言葉、その言葉の意味・状況を考えることで、単語や、フレーズの意味を理解することができ、聞いていて面白かったです。
今、英語・ブラジルポルトガル語を勉強しようとしています。
多言語を理解し、操れるようになるヒントをもっともらえたらと思っています。
大槻*様 (2016/09/25)
知識がバラバラのものではなく、つながりの中で理解していく感覚に気持ち良さを感じました。
動画の方で言えば「break」を中心にしてマインドマップで知識をつなげ体系化したかのような分かりやすさでした。楽しい講義をありがとうございます。
おの*様 (2016/09/24)
LとRの区別のない、スペイン語がうらやましい…
田崎*様 (2016/09/23)
lは長いもの、rはまるいもの。これはわすれませんね。
相原**様 (2016/09/23)
発音が、悪く度々落ち込みます。
先生から学んだことを実践していきます。
ぶん**様 (2016/09/23)
第1回コンテンツ~LとRの言霊~を拝読しました。
なるほどと思うことが多く、記憶にも残りました。
まき*様 (2016/09/23)
こんにちは
溝江先生の講義は半年前よりユーチューブで拝見しておりました。
見つけたきっかけはどうして英語が何年勉強押しても上達しないのか??でした。
何を先に勉強すると(文法、単語聞き流す)効率が良いのか、、つまり楽をするハウツーばかりを探して放浪していたときに
自分なりに出た答えは、文法を基礎に据えながら、具体的な勉強はまず単語の数を2千に増やすでした。
2千単語はひたすら英単語1900のアプリを再生させるだけ。書き取らない。
例文に文法が気になるところが出てくるけど、気になる点はメモだけして、単語を2千覚えるまで
調べない。
私は商売をやていてそこにアメリカ人のお客さんさんがよくいらっしゃるので、下手ながらも喋らなければいけない状況がありますのである意味恵まれた環境に置かれています。
そういう環境のおかげで私が感じたことはある程度は身振り手振りで通じる、、だが抽象度の高い表現には限界があるということでした。
つまり「他にもあるない一番人気がある値下げ交渉、」的なものはなんとか通じるのですが、
「墨に五色あり」の説明は出来ない。。。(私は絵を売っています)
なのでこちらに語彙さえあれは抽象度が多少高くなっても相手が想像を働かせてくれて会話が成り立つのではないかということを発見したのです。
ですが、相手に依存したコミュニケーションにはなってしまい決して英語が話せる、、とはいい難いかもしれませんね。。
ともかく単語さえ多く持っておけばとりあえず通じる→となると他の言語も単語さえ必要最低限覚えてしまえば
多言語習得も夢じゃない→実際多言語を話せる溝江先生に興味を抱いた。
という背景がありまして溝江先生の講義は四六時中聞いていました。
なんだかんだで本来2週間で2千語を覚えるという目標を立ててたのですが、それもはや半年です。
本気で英語を習得したいです。
私はガチガチの大人脳なので多分溝江先生の理論的な教え方は性にあってると感じます。
これがわたしの溝江先生に出会ったきっかけと感想です。
マス*様 (2016/09/22)
60代後半の私は、高校時代に4000~5000語の単語を記憶した際、溝江先生が紹介されたように、コアミーニングをかなり使って覚えていました。それだけに、この方法による語彙増強には賛成です。でも、動画で紹介されたscrについては意識した覚えがなく、wrは全くの初耳でした。あのころ、コアミーニングの取り入れ方が不十分で、徹底していなかったことを反省しました。それでも、scriptやscratch、scramble、scrabble、screenといった単語が即座に頭に浮かんできたのは救いで、ひょっとしてもっと勉強すれば、若いころの記憶がよみがえったり、語彙が増えたりすることもあるかもしれないと、少し楽しく思えるようになりました。
若いころのような集中力はないでしょうが、そこは年の功で要領よく頑張ろうと思います。
浅井**様 (2016/09/22)
英語を日本語に訳すと、多義的に見えるから、多義性であって、ネイティブはその単語は、そういう感覚としてとらえているのではないか、と私は疑問を感じました。
吾郷*様 (2016/09/22)
多言語を喋れるだけではなく、その違うがどこにあるのかを分かりやすく
教えられる事をすごいと思いました。
習得して解説ができる。すごいですねー
田中*様 (2016/09/21)
英語を3年ぐらい勉強しています。
今回、この超越文法に出会いました。
初めての講義でLとRの違い。
これは日本語にない発音で、日本人には発音することも聞き取る事も難しいですね。
とてもイメージがしやすくなりました。
また、breakを題材とした多義語についても、なるほど、根幹の意味はそうだったのか!
このコアとなる意味をおさえておけば、目的語によってどう訳せば良いかが理解しやすくなりました。
まさに目から鱗です。
これからも楽しみにして勉強を続けたいと思います。
森田*様 (2016/09/21)
コアミーニングの考え方に目からうろこが落ちました!
これさえつかめれば、英文和訳も英作もかなり楽にできるようになると思います。
もっと早く知りたかったです。言葉というものの捉え方が変わりました。
次回の講座が待ち遠しいです。
ka******様 (2016/09/21)
日本語の講義として客観的に聞いても聞きやすい声と短時間にわかりやすくまとめて
無駄のない講義を始めて受けました。40代の大人が日々の仕事と共存して語学を
学ぼうとすると、仕事のストレスやプレッシャーで集中出来ないことが多いですが、
難しい事、理屈で覚える方が仕事との落胆の差が出来ず、仕事の一環で勉強しているようで
わたしは好きです。日本語でのうんちくは人にいくらでも何時間でもしゃべれる年齢ですのでそのうんちく
すきな私のような中年に合っていると思います。英語のブレイクの本当の意味のうんちくをすぐにでも居酒屋で
英語の喋れる若者に自慢したいという気持ちが湧くぐらい自分は衝撃をうけました。
なか*様 (2016/09/20)
youtubeの「英語を最速でマスターする方法」で参考書に載ってることとは違った、
新しい解説が多くとても勉強になると感じ本メルマガに登録しました。
第1回目の基礎レポートも新たな発見として読ませて頂きました。
桑原*様 (2016/09/20)
講座のvol2は要点まとめて書いて頂けるとありがたいです。
個人的ではありますが文面からあまり良い感じがしませんでした。残念です。
土肥**様 (2016/09/20)
あっ、納得!と言った印象でした
自分では関連つけるのがなかなか難しいのにそこにアクセントや発音までも結びつける
目からウロコの内容でした
もっと知りたい、もっと学びたいと欲が出ました
ご縁があって良かったです
マス*様 (2016/09/20)
60代後半です。英語の学習歴は当然、長いのですが、なかなかうまくなりません。苦手なのは聴くことで、中でもネイティヴの発音、話はすんなりと理解ができません。一昨年秋から昨春まで、通算半年ほど米国ケンブリッジに初滞在した折も同様な結果で、他に独特な発音をするインド、ベトナムの女性の会話はほとんど聴き取れず、理解できませんでした。その意味で、溝江先生の音声講義、特にlとrの発音の仕方についての説明には納得がいき、一筋の光を得たような気持ちになって大いに参考になりました。日本人には聴き取りにくいネイティヴの発音について勉強する場や本格的な参考書、CDが日本にはどうしてないのでしょうか(私が知らないだけかもしれませんが…)。勉強をしても会話ができない語学は、それ自体、無意味な感じさえします。私自身、聴き取りの悪さの傾向は長年、学習している中国語、韓国語にも出ており、英語を含めて、「使える会話力」を向上させるためにも、今後の音声講義を楽しみにしたいです。また、多義語の覚え方の紹介、解説もとても興味深く、聴いたり、話したりするだけでなく、覚えるコツも早く身につけたく思います。福岡県に住んでいますが、当面の目標は2020年東京五輪で通訳ボランティアをすることです。三か国語を使い、訪日する外国の方々のお世話ができるよう、頑張らなければ、と思っています。
松田*様 (2016/09/20)
凄くわかり易くて眼から鱗です!
暗記するからわすれるのですね!
はじめての感覚にワクワクしてます。
これからもよろしくお願いします。
永野***様 (2016/09/19)
イメージでとらえるところ!が分かりやすいです。
Ki**様 (2016/09/19)
コアミーニングを意識することを学び、実際、自分で使ってみました。meanという単語でなぜ、『意地悪な』という意味があるのかがこのコアミーニングで理解できたとおもいます。マニアックな勉強法にも思えましたが、覚えにくいものなどに応用してみてとても役にたつ勉強法だと思います。
桑原*様 (2016/09/19)
コアミーニング!!breakfastの言葉の成り立ちはこの動画のおかげで忘れることはないでしょう!!イメージで前置詞などをとらえることは多く方が言われていると思いますが、今回のこのような形で頭にインプットしていけたのなら単語の使い分けやその言葉の真意を理解して自分の気持ちを英語というツールで表現していけるのではないでしょうか。ありがとうございました。
笠松*様 (2016/09/19)
scrを含んだ単語
screening
scrutiny
screwy
宿題を出していただき、ありがとうございます。
より自分で調べて理解が深まる思いがしました。
今後ともよろしくお願い致します。
小谷*様 (2016/09/18)
中学生の時から、英語が苦手でしたが、今は仕事でどうしても使わないといけないので
四苦八苦で文法からやり直しています。
文章を暗記しても使わないと忘れてしまったり・・・。
やはり自分で文章を作れるようにしないとダメだなあと思っていた時でした。
単語も簡単な単語しかわからないのですが、(新しく覚えても忘れてしまう)
講義を聞いて、こういう風に覚えればいいのかと勉強になりました。
松葉*様 (2016/09/18)
語感の話は、感覚的に理解しやすいですね。おぼろげながら今まで感じていた事を解き明かしてくれた爽快さがありました。LR以外ももっと聞きたいですね
堀江*様 (2016/09/18)
コアミーニングを覚えて単語を理解する視点は、大変有意義な記憶法ですね。英単語を漢字のようにみることができれぱいいなあと思います。
掻く、書くというコアミーニングをもつscrを含む英単語を、紙の辞書で調べて見ました。
scrを含む英単語かつ既知のものは、screen、scream、screw、script、scrubです。久しぶりに紙の辞書を開いてみるのもいいものですね。
目的意識を持って読むと、仲間をつなごうとする意識が働くように思えます。ご教授ありがとうございました。
Ga****様 (2016/09/18)
LとRの発音の仕方は、何度説明されても今ひとつピンと来て居なかったのですが、今回やってみるとすんなり入ってきました。今からでも間に合うような氣持ちになりました。
また、多義語・・・目から鱗が落ちました。これからが楽しみになってきました。ありがとうございます。
くど****様 (2016/09/18)
「コアミーニングで単語を覚える」とても参考になりました。
現在、通信制大学の英文科で英語を学んでいます。レポートやスクーリングで毎日英語には触れているのですが、知らない単語辞書で引く作業でかなり時間を費やしていたため、今後もっといろいろなコアミーニング種類を習得できたらと思います。
ありがとうございます。
松田*様 (2016/09/17)
単語・慣用句を丸暗記するしかないと思い込んで英語の勉強をしてきました。
当然、すぐに忘れてしまい英語を勉強するモチベーションが続きませんでした。
今回、「単語のコアミーニングを理解する」ことを聞いて、ハッとさせられました。
慣用句を丸暗記しなくても、コアミーニングを理解すれば、英語の理解や会話が進むような期待を持つことができました。
これからも、楽しみに視聴していきたいと思います。
笠松*様 (2016/09/17)
高校時代、英検部の友人と外国人を捕まえては、強引に話しかけてチャレンジしていました。そんなムチャもこの超越文法を知っていれば、もっと自信を持って出来ていたと思います。
山口**様 (2016/09/17)
とても短い時間の中に情報が凝縮していました。
読んで聴いてよかったです。
ありがとうございます。
木本*****様 (2016/09/17)
英語の多義語では単語に対してイメージを頭の中で作るとどういったところでその単語が使われるか、その単語の使い方をイメージしやすいと感じました。
私家庭上語学に抵抗がまったくなくそれなりのことは理解しておりますがボキャブラリーをどうやって増やせればいいのか今の課題になっております。楽しく効率よく増やす方法です。
今後このような内容の企画があれば楽しみです。
Hi************様 (2016/09/17)
超越文法で今まで何の考えもなく使っていたbreakfastについて断食を断ち切ると聞いて単にbreak一つとっても奥深く暗記一辺倒でなくてもできるような気がしました
今後はこのような気持ち、意識で取り組みます?
na*******様 (2016/09/17)
非常に有益な情報を得ることがあり、楽しく拝見させて頂きました!
堀江*様 (2016/09/17)
breakの一般的な意味の確認から、breakthehabit、breakfast、breakhorseまで発展することで、語感のもつ意味を理解すると、次にその語句を理解するときに捉えやすくなる、ということが理解できました。
ありがとうございました。
ミヤ**様 (2016/09/16)
すごくわかりやすかったです。
英和辞典みたくなりました。
SA****様 (2016/09/16)
こんにちは。
確かに感覚で覚えると記憶に残りやすいです。
わたしは英語が話せないのに、エジプト語を勉強し始めています。
柔軟な感覚を持つことで語学の習得に役立ちそうです。
田中*様 (2016/09/15)
素晴らしい講義でした。このような深く言語を理解している教師に学生の時に習いたかったです。
篠原***様 (2016/09/15)
溝江せんせいの滑舌!とても綺麗で驚きました!
こんなにクリアに、いやもう英語の前に、日本語がとても美しく響きます!だから他言語も・・と思ってしまいました。
またお名前の達英様はご本名ですか?もし本名でしたら読んで字の如く!そのままですね!
ありがとうございます!
笠松*様 (2016/09/15)
コアミーニングを図形化してもらえたら、イメージしやすいと思います。
Lが細長い、明るいイメージより左のイメージの方が強かったです。
右脳が活性化して分かりやすいですね。
すぎ*様 (2016/09/15)
コアミーニング、初めて聞きました。確かに、単語の意味を丸暗記するよりは、頭に入り易いと思います。
古厩**様 (2016/09/15)
「日本語から日本語への翻訳能力」というフレーズ大変納得できました。
mi******************************様 (2016/09/15)
コアミーニングという捉え方に興味があります。大人になってからでも学べる勉強法だと思いました。明日のレッスンが楽しみです。
Ki**様 (2016/09/15)
多義語の理解は、その単語の意味・コアを理解して後に続く単語から意味を掴むことを動画で学びました。そうすることで、今まで頭をつかって訳していた感じかららひとつの映像のように意味を理解できました。
LとRの発音の仕方以上に、LとRにイメージがあることを初めて知り驚きました。無意識なものが意識できることで、単語のイメージができ簡単に覚えることが出来たこと。まて発音のコツを知り、楽に炭鉱を発音できて言語を学ぶことを楽しいと感じた一瞬でした。
青山*様 (2016/09/15)
大変分かりやすく、ブレイクのコアミーニングが理解出来ました。
ブレックファーストの意味は本当になるほどと思いました。
コアミーニングを理解すれば、単語の暗記が楽になると思いました。
Ao*様 (2016/09/15)
コアミーニングという言葉を初めて聞きました。
多義語にはいつも苦労していたので、とてもためになりました。
小林*様 (2016/09/15)
RとL
本来の語感・音感の持つ意味がよく理解できました。
発音に関してもスッキリ頭に入りました。
木下*様 (2016/09/14)
日本学校の教育も、溝江先生のような方々が増えたら良いのに。と思うような、脳にしっかり残る内容でした。
朝食が断食からたつという意味があるとは驚きと納得でした。素晴らしいです!!
古厩**様 (2016/09/13)
動画を拝見し、「コアミーニング」ということばというか、考え方をお聞きして無理矢理意味も分からずに暗記しようとして討ち死にした私自身の学び方からリセットできたら新しい世界が生まれてくるかもしれないと思ったところです。
高村*様 (2016/09/13)
掻くイメージを持つ「scr」系の単語を3つあげます。
1.scratchそのまま「ひっかく」という意味です。
2.screw「ネジとかプロペラ」という意味ですが、木にネジ山をひっ掻くイメージや、プロペラについても風をひっ掻くイメージがあります。
3.scream「叫ぶ」という意味ですが、空間をひっ掻いて音が伝わるイメージにとれます。
以上、私の想像でscrのつく単語のイメージをまとめてみました、
三由*様 (2016/09/12)
英語の多義語のお話は、興味深かったです。
基本的な単語のコアの意味をまとめたものが欲しいですね。
すると、イメージで理解しやすくなります。
よろしくお願いします。
藤井*様 (2016/09/12)
breakという単語を例にして、
いろいろな意味に展開できる、ということを
ご説明いただき、非常に印象に残りました。
今回の動画を観ているだけではなく、
自分でも同じように実践しながら、
英語の基礎となる知識をもっと増やして
いきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。
喜多*様 (2016/09/12)
海外旅行が好きで海外に行くことが多いのですが、英語が使えず困ったことが何度もありました。
フィリピンに語学留学もしたのですが少ししか英語は身につきませんでした。
フィリピンの学校の先生によく言われたのはLとR、BとVの発音が違う!ということでした。
BとVはなんとなく直せましたが、LとRだけは意識していても難しく、海外に旅行に行った際も伝わらないことが多くありました。
しかし、今回のLとRの違いのPDFがすごくわかりやすく、自分で発音していてできているような気がしました!実際に使ってみないとわかりませんが・・・
外国人と話す機会があれば是非使ってみたいと思います!!
これからのメールも楽しみにしています。
齊木**様 (2016/09/12)
講義ありがとうございました
breakの活用で多様性を感じました
これからも楽しく学習出来るよう
配信よろしくお願いします☆
山崎*様 (2016/09/12)
今までのどのサイト、本違った視点からの英語の学習方でとても興味が湧きました。わたしは今海外にワーキングホリデーに来ていて英語環境に身をおけば自然と話せるようになると甘い考えだったのですが、上手くいかずその時にこのサイトに出会えました!今は毎日メールが届くのを楽しみにしています。目標があるので、溝江先生の学習法を取り入れ、頑張っていきたいです。数ヶ月後には日本に戻るので機会があればセミナーにも参加したいと思います!
石川*様 (2016/09/12)
今まではLRの発音をなんとなくで真似ているだけだったが溝江先生のレポートを読んで、こんな些細な違いを意識するだけでいいんだ!と目から鱗状態です。
現在留学中ですが、やはり先輩方の英語を聞いていてもいわゆる日本人の発音が抜けなていない人ばかりです。自分はよりネイティヴに近い英語を話したい、と思っていた矢先にこの講義と出会いました。
これから先生の講義を通じてこれから自身の英語力を伸ばしていけるように頑張っていきます!
濱里**様 (2016/09/12)
有難うございます??
今回は未知の世界に脚を踏み込んだ感じです。
誰でも理解できる説明に感激です。明日も楽しみです。
竹内**様 (2016/09/11)
英語はイメージが大事だということが良く分かりました。とても面白かったです。
有り難うございました。
能登**様 (2016/09/10)
われわれ日本人は、それぞれの漢字について、象形文字のごとくイメージを持っている為、中国に行っても何のことを表しているのか、大まかに想像することができ、とても便利に感じていましたが、アルファベットについては、単語は単なる文字の組み合わせであるものと理解していました。Reportを読んでrやlに言霊という表現で包括するイメージや意味をご説明されていることに、目から鱗が落ちました。
当然のことながら、外国語単語や文章における各ユニットに対し、湧き上がるイメージがあれば理解力は向上するだろうと思います。
個人的には、長い目で見れば英語の講座を受けるのも大変身になると思いますが、若い時の勉強で会話には困らないくらいの為、仏語やポルトガル語についての講義が聞きたいです。こちらを英語と同じレベルにする事には緊急性があります。
他言語の講座はまだないのでしょうか?
野竹***様 (2016/09/10)
アルファベットや単語が持つコアイメージがわかるだけで英語への理解が深まりました。
ちょっと感動しました。
近藤**様 (2016/09/10)
無料配信有難う御座います。breakの潜む意味を理解する事で、色々な関連的に単語を結びつけ丸暗記しなくても脳に印象付けて自然に色々と話せる様になる。とても合理的な方法ですね。
高村*様 (2016/09/10)
「忘れない」ということに重点をおかれた先生の記憶術にはたいへん関心も持ちました。いままで英語にはたいへん興味を持ってきたつもりでしたが、会話したり読み書きすることが困難なところで止まっています。集中して学習したことは少ししかなく、もう一歩なにかヒントがあれば前に進めると思っていました。先生の動画で、英語の本質的なところを、興味深く拝聴することができ、また教養としても忘れずにいられそうな感じがしております。もう一度、先生の講義を通じて、英語が道具として使えるようになりたいと思っています。
レコ*様 (2016/09/09)
レポートでは今までにない、新しい観点からの説明でとても面白いく読めました。
動画の方では、先生の話し声などがききとりやすくとても好印象でした。
コアミーニング自体は世間でコアイメージで普及しているので新しい概念ではないですが、今回のような動画がみれるならぜひもっと見てみたいと思いました。
戸谷*様 (2016/09/08)
超越文法メール講座御中
はじめまして。
超越文法って何かなという、気になる言葉にひかれて、名前とメールアドレスを登録させていただいただけで、素晴らしい学びが許されたことにとても驚いています。
LとRという文字を含む各々の単語に、直線的な広がりと曲線的に包み込むという、深い意味が隠されているとは初めて聞きましたが、初めての話でありながら何か納得するところがあり、感動に近いものを覚えました。これまでの英語教育で、Lという子音のときは舌を上顎につけて発音し、Rは巻き舌にして発音するというぐらいにしか知りませんでした。文字に意味があるとは、とても驚きです。
次回のレッスンを期待しています。無料でこのようなレッスンを受けていてよいのでしょうか?
ただ、ただ、感謝しています。
高木*様 (2016/09/08)
イメージを繋げていく方法は興味深いです。
この流れで熟語を覚えていければいいのでしょうが今、
中学レベルの熟語で四苦八苦しています。
東京都在住の60歳
前田*様 (2016/09/08)
私はbreakのイメージを理解できました。今まで自分が把捉していたと思っていた単語
(多義語)の捉え方を変えなくてはいけないと感じています。
ただ、そのイメージをつくり出す過程をどう生み出すか、が自分の課題です。
それはラテン語など、語源にさかのぼる必要があるのか、それとも辞書にある複数の意味から
自らがイメージを膨らまして答えを見つけなくてはいけないのか。
出来れば、時間をかけず把握できるような捉え方ができたら嬉しいです。がんばります。
これからも楽しみにしております。
中島*様 (2016/09/08)
名詞以外の言語を他の言語に訳すということは、ある意味、無理矢理その国の言葉に置き換えているのだと改めて感じました。
単語にはそれぞれ使われるイメージがあり、他の単語とくっつくと多数の意味が存在するのだと。
これは逆に言うと、先生のお話にあったようにコアミーニングがわかっていれば、連想で意味がわかるようになり、英語がより楽しくなるのではないかと思いました。
具志**様 (2016/09/07)
ブレイクファストの事は聞いたことがあります。8時間位の飢餓状態を断ち切る。と時間を使い説明を聞くまで気が付きませんでした。あと馬の話面白いです。ありがとうございました。
中川*様 (2016/09/06)
今月末にTOEICの試験を受けようと思い英語勉強をしているわけですが、参考書二冊目に入ったところで英語の難しさに改めて気づきなかなか進まない。
どうしよう。。と悩んでいると溝江先生のyoutubeに出会いました。沢山の動画を見てとても勉強になりましたし、頑張ろう。と思い勉強しています!
沢山の意味を持つbreakについて、とてもとても解りやすかったです。もう二度とbreakは忘れないと思います。
一人で英語勉強していると挫折しそうになりますが、英語って面白いんだな。
と最初に思ったことを先生の動画を見て思い出し、ちゃんとこうやって理解できると、もっとわかるようになりたいと思いました。
youtube楽しみにしてます。本当にありがとうございました(*^_^*)
松尾*様 (2016/09/06)
はじめまして。
とにかく、目から鱗です、ありがとうございます。
さて、仕事で、英語力アップが急務なのですが、時間は出来る限り作りますので、何をどう訓練すれば、早いスピードで上達しますか?特に、スピーキング。
外国人の方とのビジネスミーティングが、ちょくちょく必要になるので。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
高山*様 (2016/09/05)
はじめまして。
と申します。
今回の多義語の動画で「break」の解説をされていましたが、
連続したものを切るという解釈は非常に勉強になりました。
breakfastは断食を中断するから、
breakfastだったんですね。
一つの単語を通して、いろいろな表現方法を学べて、
多義語の主となる意味を理解すると、
こんなに英語がわかりやすくなるのかと、
とてもおもしろい講義でした。
また次回も楽しみにしております。
神谷**様 (2016/09/04)
溝江博士の講義は、語学学習にとても前向きな気持ちにさせてくれるものだと感じました。
英語は英語脳をつくる事を意識して習得した為、日本語に訳する際に苦労していました。
母国語をまず基盤に他言語を学ぶという方法は、改めてとても大切な事だと共感しています。
博士の言及されている様に、ただ語学を学ぶだけではなく、人生全般において役にたつと
思うので、今後の講義が楽しみです。
大野**様 (2016/09/02)
言語、英語は出来ずにきました。ただ英語を覚えるだけではモチベーションが入らなかったと思います。すごく楽しみにしております。
鬼龍*様 (2016/08/28)
超越文法の事が少し垣間見られたと思います!解り易い内容で、楽しかったです。これから先が、とても気になります。もう少し、例文があると良かったかなぁーとも思いました。ありがとうございました。
今*様 (2016/08/15)
私は学生の頃先生に英語脳になれ!日本語では考えるな!と強く言われて来ました。ですが日本語でもわからないのにどうやって英語だけで考えるのかとわけがわからなく、結局全然英語を理解することは出来ませんでした。回は藁にもすがる思いでこの講座のページにやってきました。日本語を使うとは新しい発想でとても驚きましたが様々な言語を話せる説得力十分な先生に教えてもらえるならそれは安心です笑こんな私でも英語や様々な言語を話せることができると考えると胸が膨らみます。言われたことは努力してやりたいと思っているのでよろしくお願いします。
齋藤*様 (2016/08/12)
点過去(いわゆる過去形)と線過去(いわゆる完了形)の違いは、数学の数直線のように点と線で表すことは知っていましたが、これを星座に例える先生の見識に感動です。
よく「英語を学ぶには日本語を使ってはいけない。」みたいな風潮もあります。そもそもの話、日本語が母語で英語が外国語の我々にとって、英語が優勢になることはそうないですし、むしろ日本語と英語を比較対照して学ぶ方が早いと思っています。
今私はスペイン語とフランス語も学んでいますが、言語を超えた何かを学べるものがないかと探していました。不思議な縁で先生のことを知り、「いわゆる外国語の文法とは何かが違う。」と直感で感じました。
これを機にマルチリンガルになります!
小林*様 (2016/08/10)
「独学力」まさに自分に必要だと大人になってヒシヒシと感じています。
英語をはじめ、あらゆることに応用できるので、身に着けたいです。
英語は、先日1ヵ月アメリカに行き、もっと流暢に英語が話せれば・・・・と何度思ったことでしょう。
先生の説明・アプローチが他の英語学習講座と違い理解しやすい、腑に落ちやすいように感じます。
今後も楽しみにしています!!よろしくお願いいたします。
ta****様 (2016/08/10)
YOUTUBEで初めて溝江先生の講義を拝聴させていただきました。
「こんなに面白い先生がいるんだ!」と衝撃を受け、早速色々検索してこのメール講座に行き当たりました。
40代なのですが、昨年末から英語を勉強する必要に迫られ、ここまで多くの時間を割いてやってきました。
しかし…。
音声にあるように、言語というものをその根っこから解析していくような講義はとても面白く、こういった講義は無いものかと、ずっと思っていました。
「まぶしい」の件りは、実際にそうですよね。
いちいち「私は~」に変換して、さらにわかるように構築しなければいけない…という現在まで行われている英語習得や言語への考え方にことに違和感を感じていました。
レポートの、言葉を直感で捉えるという発想も、多様な角度から説明されており、発音についても、かいつまんで・・・とありながら、実に分かりやすい説明ですね。
私自身、「いつ聞こえるようになるんだろう」というくらい、ネイティブの普通速度の話が聞こえてこないのですが、このLとRの発音の違いは、カンタンですが腑に落ちた(ような)気がします。
また、2通目の臨界期仮説などもまさにその通りですよね。
やはり赤ちゃんや子供のような、純粋な興味や全身全霊を込めてそこだけに関心を持つこともなかなかできがたいのも事実です。
超越文法により、どのように能力が開発されていくのか、楽しみです。
今後の配信されるメール、そして先ほどオンライン通信講座も申し込みさせていただきました。
何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

スタートはみんなこんな単純な理由から。

 

 

 

できるもんならそうしたいけど無理だって。学校の英語すら四苦八苦、そして全く身についてませんから。

 

なんていう、あなただって大丈夫なんです。?実は多くの言語を研究するうちに、「ある共通点」を見つけたのです。 それを早く知っていればこんなことには・・ この言語習得のキモをまずは知ってみませんか?

 

プレゼントキャンペーン中。

 

 

 

 

プレゼントを受け取りたいメールアドレスをご入力ください

 

今すぐスタートしてプレゼントを受け取ろう!



 

 

 

 

 

レポート&セミナー音声プレゼント

 

 
 

 

書き下ろしレポート

 

書き下ろしレポート

たった3分!
RとLをネイティブレベル
発音にする方法

 

日本語では区別のしづらいLとR。
発音はもちろんのこと、英語で書く時でもLだったかRだったか迷うことがありますよね。

LとRを脳のイメージ反射を使って覚えてしまうと同時に、
音声学的視点からネイティブスピーカーの発音を手に入れる方法をお伝えします。

 

 


 

書き下ろしレポート

言語直感を高速インストール
W編、SW編、FL編

 

言語直感だけを頼りに
英単語をイメージで覚えてしまいます。
これができると外国に行かずとも外国語が強くなります。

このレポートでは
・水関係のW編
・スイスイーのSW編
・ヒラヒラ・ハラハラのFL編
として、3つの言語直感を高速インストールして頂きます。

 


 

音声セミナー

 

特別音声セミナー

超越文法で短期間に英語がペラペラになる仕組み

 

「英語を英語で考えろ」「丸暗記しろ」?
世の9割の先生や英語塾ではそのような教え方ですが、それで出来るようになった人はどれだけいるのでしょうか。
学校教育で6年、大学も含めるなら10年間もやってできなかったのなら、それはもう、その勉強の仕方がまずかったとキッパリいえるでしょう。

超越文法で用いる、全く異なる最新の言語学的アプローチについて解説します。

 

  • ・言語ができる人とできない人の違い
  • ・言語だけではなく記憶力もアップする理由
  • ・星座で知る、物事を点と線でみる方法
  • ・日本語なら「好きです」の一言。でも英語だと・・?日本語と英語の決定的な違いを知ろう
  • ・「英語は犯人を捜す言語」で理解が早くなる!
  • ・英語と日本語の化学反応を起こす仕組み

 


※これらのプレゼントはメール講座の中で順番にお渡しさせて頂きますのでお楽しみに!

 

 

 

 

 

溝江達英(みぞえ・たつひで)

 

言語学博士(Ph.D in linguistics)、元CNN日本支社コラムニスト

 

現在はカナダ住み始めてから12年目を迎え、
カナダ・ラヴァル大学にて、
講義をフランス語で行う国際言語学者。

受け持つ授業は北米最多クラスの年間270コマ超の、
超人気の言語学教官として活躍中。

 

その傍ら、外国語(英、独、仏、露、西、伊)の速習支援、
大学(院)留学、(シニア)移民、幼児早期教育の支援も行う。

 

ちなみにプライベートも母語である日本語ではなく、
英・仏バイリンガル地域モントリオールに居を構え英仏を常用語とし、
家庭内ではロシア人の妻とロシア語で生活する。

 

 

 

中高6年間英語を勉強してできるようになりましたか?

 

 

 

学校教育で6年、大学も含めるなら10年間もやってできなかったのなら、
それはもう、その勉強の仕方がまずかったとキッパリいえるでしょう。

 

そして、そういう先生にしか出会えなかったのが最大の不幸だったのかもしれません。

 

 


 

 

こんにちは、溝江達英です。

今回の無料講座では、言語を通して「超越文法」を身につけて頂くことを目的としています。

 

 

あなたはこれまで、どのような学習方法をしてこられましたか?

人に説明できない学習法は感覚ベースで根拠がなく、再現性がなく科学的ではない。

再現性なき学習法は自己流でしかなく普遍性を得ません。

私は科学として語学を捉え、だからこそ、
真に効果が出る学習法があると私は信じていますし、
その考えを元に、これまで多くの方の前で話をしてきました。

 

 

日本語でも英語でも、人間によって話される自然言語であり
コミュニケーションのツールです。

だから俺流の理屈では通じません。
共通に認識されるルールを尊重する必要があります。

 

そして、その言葉を使うもの同士で共感される絶対的自然法則(共感覚)を
「超越文法」と名付けました。

 

 

この超越文法を身につけることができれば、

 

「各国の国の様々な言語を自由に操れる」

 

ことは言うまでもなく、
言語に関わることの全ての事柄、
いわゆる「ビジネスからプライベートまでのシーン」を
あなたの思い通りに進めることができるようになります。

 

「え?本当にそんなことが可能なの?胡散臭いなぁ・・・」

 

と思う方もいるかもしれませんね。

 

しかし、少し考えてみれば当たり前に簡単なことです。

 

なぜなら、そもそも私たちは「言語(言葉)」を使って、
ビジネスからプライベートまでコミュニケーションをとっているわけであり、
その「言語」を極めるわけですから、
それに関わる事柄でしたら上手く行くのは必然なのです。

 

実際に私は教育の分野だけではなく、
世界の多くの誰もが知っているSNSツールであるT社の開発に関わっていたり、

 

世界トップの大手オンライン通販会社のA社の
輸出の会員制ビジネスの影武者として活躍していたり、

 

サイトを多言語化し日本の商品・サービスを海外に売ることを専門とする
ECマーケティング会社のコンサルティングをする等、

 

学者が陥りがちな抽象論に満足することなく、
ビジネスの分野でも、シビアな実務での実益も追求し、
結果を出し続けております。

 

このように言語を極めれば、
単に各国の言葉が話せるようになるだけでなく、

 

・理解する力(インプット力)が高まる

 

・発言する力(アウトプット力)も高まる

 

・人間心理が理解できるようになる

 

など、

このような恩恵を受けることができるので、
人の話を聞き取ることができる「理解力」が増し、
人を説得して思うように動かすことができる「発言力」も増します。

 

そして、このような能力を手に入れることから
あなたは「魅力的な人間」となり

 

・仕事で上手くコミュニケーションが取れない

 

・大切な人に思うように気持ちが伝えられない

 

・周りの人に自分のことをしっかり理解してもらえない

 

このような悩みとは無縁の生活を送ることが可能です。

 

より具体的に言えば、

 

● 自身のビジネスが順調に進められる

 

● 取引先やクライアントとの関係が円滑になる

 

● 上司や同僚との関係が有効な関係になる

 

● 異性との付き合いが上手くいく

 

● パートナーや家族との関係が良好になる

 

● 自身の悩みや不安をしっかり理解してもらえる

 

など、このような感じですね。

 

また、現代では心の病を抱えている人が増加していますが、
この問題も超越文法を手に入れれば、
心の病の最大の原因である「人間関係」悩みを解決することも容易くできます。

 

さらに今、日本経済はドンドンと右肩下がりになり、
世界のグーロバル化の波に呑まれようとしていますが、
(むしろ、もう呑まれてきていますが、)

 

超越文法を身につけているあなたは様々な言語を操ることができ、
世界のグーロバル化に対応できる人間になっておりますので、
何も不安や心配を抱えることがなくなります。

 

だからこそ、私はこれからの未来を輝かせることができる
「超越文法」をあなたに是非とも触れてもらいたいのです。

 

・・・と、

 

まぁ色々と難しいことを言ってきたかもしれませんが、
最初は

 

「英語がペラペラになりたいな!」

 

「フランス語が話したい!」

 

「色々な国の言葉が話せるようになりたいなぁ~」

 

という理由でも全然OKです!

 

また、

 

「溝江は天才だから様々な言語を身につけて、
色々なことに応用できるけど、一般者では到底無理だよ。」

 

とも言われることがありますが、
私だって最初から様々な言語を理解し、話せたわけではありません。

 

言語を研究して「ある共通点」を見極めることができたからこそ、
私は様々な言語を操れるようになり、色々なことに応用できるようになったのです。

 

私は決して天才ではなく、
皆さんと全く同じなのです。

 

そして、この超越文法では、
私が様々な言語を操れるようになった肝をドンドン話していこうと思っております。

 

このことからも私は壁を感じずに気軽な感じで、
超越文法を多くの方に触れてもらいたいと思っております。

 

言葉一つで本当に世界は変わるものです。

 

あなたも超越文法を身につけて、
素晴らしい人生を歩んでみませんか。

 

 

溝江達英

 

 

 

 

 

 

講座の内容を紹介

 

つまり

 

 

  • 中学・高校・・10年以上も学んだのに、英語が身につかなかったその理由
  • 超越文法ならどうして効率よく言語習得ができてしまうのか
  • 英語だけじゃない。すべての言語に共通する原理原則とは?
  • 「聞き流すだけで語学が習得できるというアレ」は本当に効果があるのか?
  • 膨大な量の単語を覚えずとも、日常会話レベルを可能にしてしまう方法
  • 関係代名詞・仮定法・・そんなルールをイチイチ覚える必要なし!
    「忘れない文法」と「忘れてもいい文法」の違い
  • 英語を通して脳がアップグレードされる超越文法の秘密
  • 勉強嫌いは当たり前。本当に正しい勉強法と正しい知識を得る方法
  • 何度も繰り返して暗記する・・そんな苦行をせずとも効率良く記憶できるやり方とは
  • 超越文法と普通の英会話スクールや塾の違い
  • ・・・などなど! ぜひご自身でお確かめください!

 

 

 

 

プレゼントキャンペーン中。

 

 

 

 

プレゼントを受け取りたいメールアドレスをご入力ください

 

今すぐスタートしてプレゼントを受け取ろう!